勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2009年07月

  C大阪戦。長居では先着10,000名に「おしゃれ扇子」がプレゼントされるようである。

 コンサでもこれまで入場者限定でいろいろなものがプレゼントされてきた。古くは、ポンチョ、うちわ、缶ビール、ブランケット等々。印象深いのはタオルマフラー。今年はニトリが各種のペン。これらはゲームスポンサーからプレゼントされるのだが、それぞれ歴史が感じられて感慨深い。

 特に思い出深いのは小さなメガホン。セルラー(記憶が曖昧。)のプレゼントだったと思うが、応援風景の変化からそのプレゼントは今では考えられないもの。

 もらってスポンサーのシール部分をはがして(失礼。)選手の応援に使った事が懐かしい。

 これからもいろいろとプレゼントがあるだろうが、これもスポンサーあってもの。

 最近は観客数の減少が目立ちHFCはスポンサー集めにも苦労しているのではないか。

 前節も岡山戦でも5,000人台。ちょっと寂しいものだ。


 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  C大阪戦。長居では先着10,000名に「おしゃれ扇子」がプレゼントされるようである。

 コンサでもこれまで入場者限定でいろいろなものがプレゼントされてきた。古くは、ポンチョ、うちわ、缶ビール、ブランケット等々。印象深いのはタオルマフラー。今年はニトリが各種のペン。これらはゲームスポンサーからプレゼントされるのだが、それぞれ歴史が感じられて感慨深い。

 特に思い出深いのは小さなメガホン。セルラー(記憶が曖昧。)のプレゼントだったと思うが、応援風景の変化からそのプレゼントは今では考えられないもの。

 もらってスポンサーのシール部分をはがして(失礼。)選手の応援に使った事が懐かしい。

 これからもいろいろとプレゼントがあるだろうが、これもスポンサーあってもの。

 最近は観客数の減少が目立ちHFCはスポンサー集めにも苦労しているのではないか。

 前節も岡山戦でも5,000人台。ちょっと寂しいものだ。


 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

やっぱり次節はハファエルが気になる。

スポーツ新聞では今のコンディションは50パーセントと言っていたようだが、あの運動量ではさすがに厳しいだろうし、今の状態では90分はもたないだろう。もっと運動量を上げてくれればかなり活躍するような気はする。

 心配された持ちすぎ感も感じさせないし、横野が言う「クライトンとはまったく逆のタイプ」ということもわかる。簡単にはたくプレーは好感がもてる。

 次節、いきなりの先発はないだろう。おそらくは途中出場となるような気がする。

すぐにはフィットしないかもしれないが、きっとコンサにとってよい補強となるだろう。

昨年いたアンデルソンをもう少し細くさせてテクニカルを加えた感じと言えばよいのだろうか。

得点力も持っているような気がする。早く実戦で見てみたい選手である。

  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  

やっぱり次節はハファエルが気になる。

スポーツ新聞では今のコンディションは50パーセントと言っていたようだが、あの運動量ではさすがに厳しいだろうし、今の状態では90分はもたないだろう。もっと運動量を上げてくれればかなり活躍するような気はする。

 心配された持ちすぎ感も感じさせないし、横野が言う「クライトンとはまったく逆のタイプ」ということもわかる。簡単にはたくプレーは好感がもてる。

 次節、いきなりの先発はないだろう。おそらくは途中出場となるような気がする。

すぐにはフィットしないかもしれないが、きっとコンサにとってよい補強となるだろう。

昨年いたアンデルソンをもう少し細くさせてテクニカルを加えた感じと言えばよいのだろうか。

得点力も持っているような気がする。早く実戦で見てみたい選手である。

  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  

  クライトンがブラジルの古巣アトレチコと契約した。

 ブラジルに帰ったのだから、ブラジルのチームと契約するのが自然の流れ。今季絶望という怪我でもなく1~2ヶ月程度の怪我だったので、8月には復帰するのではないか。

 このことで批判する人もいるだろうが、それはお門違いだろう。

 裏になにか合ったと勘ぐる向きもあるのだが、それはそれ。そんな話はどこの社会にでもある。

 やる気がなくなった選手を引き留めておく方が無理な話。クライトンには古巣で頑張ってくれとしか言いようがない。

 新しくきたハファエルに期待したいところだが、フィットする時間も必要。そのため、今いる選手達の一層の奮起が必要だ。

 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  
 

↑このページのトップヘ