勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2010年01月

昨日の試合。

 日刊スポーツは近藤と内村の新戦力にスポットを当てていた。

近藤はコンサ第1号となるPKをゲット。自らPKを決めた。そのシーンは「2本目19分に左サイドからペナルティエリアに切り込みDF深谷をひきずりながら突進。ファウルを誘発」近藤の重戦車ぶりを物語る話だ。一方内村は「自慢のスピードを生かしてドリブルを連発全体合流わずか2日とは思えない動きで石崎監督にアピールした。」

 その石崎監督は「昨年の最初の試合と比べると攻撃の面でバリエーションは増えてる」とのこと。

 また、近藤と内村に関して石川のコメントを載せているが、「近藤さんは前でつぶされないでキープしてくれる。そこ(近藤)に入ったときに追い越す動きができれば良くなると思う。内村さんも速くてうまい。」

 ただ良いことばかりではない。 J's GOALでは得点をとった前のプレーが惜しかったとのこと。近藤が後半8分過ぎ敵陣深くでボールを奪い、角度の少ないところからそのまま強引にシュートを放ったプレーは得点にならなかった。

 そして1本目は「高い位置からプレスを仕掛けることができず、相手センターバックのマトに自由なフィードを許し全体のゾーンを下げられてしまった。」課題もあったらしい。内村が合流してわずか2日目だったこともあったが、日刊スポーツでも守備面では運動量では足りない面があるそう。今後はいかにしてプレスをかける動きを会得するかということだろうか。

 もっとも心配していた近藤のポストプレーはよかったらしい。日刊スポーツによると大宮のマトとも対等に競いまた、宮澤のコメントでは「近藤さんはしっかりボールをおさめてくれる。」そう。

苦手だったはずのポストプレーをやってくれれば問題はない。そうなるとキリノとのコンビが生きるし、得点力も増すだろう。

 これから徐々に実戦練習が多くなってくるだろうが内村とともに怪我をせずにコンディションをあげてほしい。


サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

昨日の試合。

 日刊スポーツは近藤と内村の新戦力にスポットを当てていた。

近藤はコンサ第1号となるPKをゲット。自らPKを決めた。そのシーンは「2本目19分に左サイドからペナルティエリアに切り込みDF深谷をひきずりながら突進。ファウルを誘発」近藤の重戦車ぶりを物語る話だ。一方内村は「自慢のスピードを生かしてドリブルを連発全体合流わずか2日とは思えない動きで石崎監督にアピールした。」

 その石崎監督は「昨年の最初の試合と比べると攻撃の面でバリエーションは増えてる」とのこと。

 また、近藤と内村に関して石川のコメントを載せているが、「近藤さんは前でつぶされないでキープしてくれる。そこ(近藤)に入ったときに追い越す動きができれば良くなると思う。内村さんも速くてうまい。」

 ただ良いことばかりではない。 J's GOALでは得点をとった前のプレーが惜しかったとのこと。近藤が後半8分過ぎ敵陣深くでボールを奪い、角度の少ないところからそのまま強引にシュートを放ったプレーは得点にならなかった。

 そして1本目は「高い位置からプレスを仕掛けることができず、相手センターバックのマトに自由なフィードを許し全体のゾーンを下げられてしまった。」課題もあったらしい。内村が合流してわずか2日目だったこともあったが、日刊スポーツでも守備面では運動量では足りない面があるそう。今後はいかにしてプレスをかける動きを会得するかということだろうか。

 もっとも心配していた近藤のポストプレーはよかったらしい。日刊スポーツによると大宮のマトとも対等に競いまた、宮澤のコメントでは「近藤さんはしっかりボールをおさめてくれる。」そう。

苦手だったはずのポストプレーをやってくれれば問題はない。そうなるとキリノとのコンビが生きるし、得点力も増すだろう。

 これから徐々に実戦練習が多くなってくるだろうが内村とともに怪我をせずにコンディションをあげてほしい。


サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

大宮との練習試合。1点差で負けたが、今の時点では勝敗は関係ない。下手に勝って勘違いするよりかえって良いかもしれない。

 注目のDFとMFの布陣だが、レギュラーと思われる1本目は左から西嶋、石川、吉弘、藤山。MFはサイドハーフが左征也、右古田。ボランチは芳賀と宮澤だった。サイドバックは藤山を起用した。

 このまま開幕まで行くとは思えないが、藤山は2本目でセンターバックを任されていることからも、ノブリンはかなり期待して試しているものと思われる。

 岩沼は2本目、3本目のサイドバック、堀田はサイドバックとセンターバックで出場した。

 ボランチはやはり芳賀を中心に考えているらしい。

 2本目は上里と芳賀だったことからもそう推測される。宮澤の調子がよいということから、1本目は芳賀の相棒となったのだろうが、内容はどうだったのだろうか。

 ボランチは芳賀を固定にして宮澤と上里との競争だろうか。3本目は宮澤と上里とのボランチ。このコンビは守備の部分ではどうだったろうか。

 岡本は3本目で出てきたが、試運転という意味合いが強かったと思う。

 しばらく試合に出ていなかっただけに、まだまだこれからだろう。

 試合の内容は明日のスポーツ新聞を参考にしたいと思う。


サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

大宮との練習試合。1点差で負けたが、今の時点では勝敗は関係ない。下手に勝って勘違いするよりかえって良いかもしれない。

 注目のDFとMFの布陣だが、レギュラーと思われる1本目は左から西嶋、石川、吉弘、藤山。MFはサイドハーフが左征也、右古田。ボランチは芳賀と宮澤だった。サイドバックは藤山を起用した。

 このまま開幕まで行くとは思えないが、藤山は2本目でセンターバックを任されていることからも、ノブリンはかなり期待して試しているものと思われる。

 岩沼は2本目、3本目のサイドバック、堀田はサイドバックとセンターバックで出場した。

 ボランチはやはり芳賀を中心に考えているらしい。

 2本目は上里と芳賀だったことからもそう推測される。宮澤の調子がよいということから、1本目は芳賀の相棒となったのだろうが、内容はどうだったのだろうか。

 ボランチは芳賀を固定にして宮澤と上里との競争だろうか。3本目は宮澤と上里とのボランチ。このコンビは守備の部分ではどうだったろうか。

 岡本は3本目で出てきたが、試運転という意味合いが強かったと思う。

 しばらく試合に出ていなかっただけに、まだまだこれからだろう。

 試合の内容は明日のスポーツ新聞を参考にしたいと思う。


サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  今日のスポーツ新聞各紙は古田の話題が主。古田がゴンと初めて?話したという話題は日刊スポーツとスポニチ。

チームメートだから話すのは当たり前だが、親子ほどもある年齢差。話す話題を見つけるのも苦労するだろう。

幸い共通の知り合いに磐田ユースの子がいたので、話すことには苦労しなかったようだが、親密度を上げる意味ではよかったようだ。

 もちろんこれから同じピッチに立つこともあるだろうし、コミュニケーションは大事。古田のパスから中山が飛び出しゴールを決めるシーンも見たいものだ。

 そして曽田がアドバイザリースタッフになったとのお知らせがあった。アドバイザリースタッフとはなにをやるのかわからないが、とにかくコンサと関わりのある職についたということはよかった。今後もHFCのために頑張ってもらいたい。

 さて、明日には今シーズン初めての練習試合がある。まだフィジカル中心のメニューなので、連携など思うようにいかないだろうが、J1との試合。学ぶことも多いだろう。

 まず初めのフォーメーションはどうなるのか注目される。特にDFラインとMF。別メニューも多くいるのだが、そのなかでどのようなセットを組んでくるのか。

個人的には左サイドバックとボランチの布陣をどうするのか興味のあるところだ。

 もちろんこれから実践練習を行っていってトップチームを作り上げていくのだが、まずは初戦そのような戦い方をするのか楽しみだ。


サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

↑このページのトップヘ