勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2010年04月

  ある選手は「びびってしまった」高原は「パスを出してもうごかない」「パスをだしても動かない。ボールをもらいたくないという感じさえあった。」
 今日の道新である。

  日刊スポーツにもパスミスで自滅という記事が書かれていた。

 何にびびったのかわからないが、びびってしまっては始まらないだろう。

  その上パスを出しても動かないとは、パス&ゴーの基本を忘れたのだろうか。確かに昨日の前半は酷かった。パスを出しても動かないものだから次に進まない。また、ボールホルダーと他の選手の距離感が離れすぎていて、パスという選択肢がなかなかできていなかった。

 また、ボールをもらいたくないという意味では、1失点目がわかりやすい。岡本が無理にドリブルで仕掛けて失敗して速攻を受けたもの。近くにパスの受け手がいればあの失点はなかったのではないか。後半は逆に選手間の距離が近すぎでちまちまとしたパスを選択して相手に取られ速攻を許していた。3人が小さなエリアでパス交換をする姿は滑稽ですらあった。

 今の状態ではお先真っ暗。もう2日後には試合がある。どう修正するのか。熊本には悪い相性もあり、昨年は勝てていない。今シーズンは好調で侮りがたい相手。

 まずは守備の意識を持たせることが先ではないか。いくら2-1で勝つと言っても守備をおろそかにしたままでは、大量失点をまた食らうはめになる。 

 守備の意識が大きくて攻撃に支障が出てはこまるが、そこはバランスの問題。守備の意識を持って、徐々に修正していく。そしてハードワークをしなければなにをやってもダメ。

 とにかく基本に返ってほしい。パス&ゴーも基本中の基本。とにかく人もボールも動く試合を見たいものである。

 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  相手のキックオフからスタート。

征也がボールを運ぶがゴールを割ってしまう。

 宮澤がボールをもってもパスがつながらない。

 堀田がかわされ危ない場面をまねく。

 FKのチャンスは相手にクリアされる。
 岡本がボールを奪われて速攻を受け、ゴールを許してしまう。
0-1

 ぜんぜん攻撃の形がとれない。

 パスミスが目立つ。受け手と出し手の呼吸が合わないシーンが続く。

 上里からくさびのボールが入るが近藤のシュートは力がない。

  相手のことを考えない自分勝手なパスが多くて見ていていらいらする。
近藤がドリブルして倒されてFKを得る。征也がキックをするがそのFKは枠の上
 上里がボールを流して宮澤がシュートを打つもキーパーの正面
 ようやくパスが通り始めた感じの時間帯もあった。
 しかし、コーナーからまたしても失点。もはや開いた口がふさがらない。    お約束。
 コーナーのこぼれ球から岡本が飛び出すがうまく合わない。
 細かいパスをつなげ何をやりたいのかさっぱりわからないうちにボールをとられ逆襲を受ける。そして前半終了。

 全く何をやっているのか。攻撃の形も見えず、お約束の失点とは。このままでは後半も期待できないのではないか。

後半は頭から岡本に代えて砂川

相変わらず球際に弱くトラップが長くて危ない場面をまねく

 砂川から上里にボールが渡り上里のロングシュートが見事にゴールに決まった。1-2。3試合連続ゴールだ。

上里から砂川にパス。砂川からボールをつないでゴール前にクロスを入れるもシュートを打てず。

 近藤と征也のパス交換。征也のクロスから砂川のヘッドは合わず。
 またセットプレーから失点。1-3。ゴール前に飛ぶ込んだ相手選手を捕まえきらず。

2枚目は堀田に代えてキリノ。征也をサイドバックに入れた。
 砂川のクロスはラインを割ってしまい相手ボールに

 上里のロングパスからキリノが走り込むがコーナーをとる。
 砂川から征也があがりクロスを入れるがキーパーに取られる。

 3枚目の交代は芳賀に代えて古田。上里のワンボランチか砂川とのダブルボランチか。

 征也のパスからキリノがゴール前に入りこみ、キーパーが飛び出し、こぼれ球がゴールに向かうも相手選手に防がれる。惜しいシーン。

 ゴール前にボールを入れるがその後がつながらない。ロスタイムは4分そして速攻から簡単に得点を許す。1-4
 試合終了。

 物の見事にデータどおりの敗戦。失点の半分がセットプレー。得点は上里の個人技のみ。

 毎度毎度懲りないとしか言いようがない。

 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌) 

明日のアウェイ甲府戦。コンサドーレの予想布陣


予想メンバー

      近藤  
             
            宮澤
岡本            征也

     芳賀  上里                                        
                                                                                           岩沼  石川  藤山  堀田 

       高原


 布陣は4-2-3-1の予想

 
  前節とシステムは同じ。メンバーも同じと予想

 問題は甲府の3トップをいかにして押さえるかだろう。攻撃力があるだけにDF陣は一層の注意が必要だ。

 相手は高さがあるだけにやはりセットプレーは警戒だ。上背で下回っているだけに競り負けてもこぼれ玉を確実に拾うようにしたい。

 攻撃では左サイドからの攻撃に活路を見いだしたい。
 そのためには前線と中盤の連動性をもっと上げないといけないだろう。

  サイドバックの上がりも重要。クロスもできるだけ丁寧に正確に。
 ドリブルでの仕掛けも果敢にチャレンジしてもらいたい。特に岡本はボールをもったらまず、前に仕掛ける動きをやってもらいたい。

 上里はシュートの意識をもってロングシュートを是非狙ってほしい。彼の左足で3戦連続のゴールがほしいところだ。

 相手の力量を考えると押される展開になるだろう。しかし、ここで勝てなければずるずると行ってしまう。アウェイと言ってもシュートを浴びせるつもりで積極的なプレーを望みたい。前にどんどん仕掛けるサッカーを見たいる。
 水戸戦の反省からシュート練習とセットプレーの練習を集中してやったが、その成果を見せて欲しい。

  とにかくここで踏ん張らないといけない。勝って勢いをつけたい。

 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌) 

  水戸の木山監督が言っていた「あとはサイドからアバウトなクロスしか入ってきませんから、そこは十分に跳ね返せるだろう、と。その通りになったと思います。」という言葉がかなり反響を呼んでいる。

 コンササポーターのなかではもっともだという声が多いのだが、敵将にこんななめられた言葉を言われてはいけないだろう。

 クロスがだいたいがサイドの選手が上げる。水戸戦では左では岡本や岩沼。右では征也や堀田が上げていたが、確かに木山監督に言われるまでもなく、精度が悪くほとんどは相手選手にあたるかはるか彼方に行ってしまうかのどちらか。味方の頭に当たったシーンはほとんどなかったのではないか。

 岡本はもともとが右利きで左足からのクロスを苦手にしているので仕方ないが、岩沼はその精度を特徴にしていたはず、ゲームに出ればでるほどクロスの質が悪くなって行っているように見えるのは気のせいだろうか。

 征也も調子が悪いらしくクロス自体があまりなかった。堀田もクロスは苦手なのかやはり精度にかけていたクロスが多かった。もう一つ気になることはマイナスのセンタリングについてだ。マイナスのセンタリングは相手DFが守りにくい。ボールと相手選手を同一視野に入れにくいからだ。

 そのマイナスのセンタリングは水戸戦ではなかったように思えた。征也が相手陣営に奥深く侵入できなかったことが主な原因だと思うが左サイドでも岡本がもう少しえぐることに気を配ってほしかったところだ。

 とにかくクロスの質を上げるには練習しかない。

 敵将にあんなことを言われて発憤しない手はないだろう。選手達の発憤に期待したい。

 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  昨日の試合で出場した堀田と岡本。岡本は久しぶりだが、堀田はJリーグ初出場

まず驚いたのは堀田の体型。しばらく堀田を見ていなかったのだが、しばらく見ていないうちにガチムチの体型になっていた。

 プレーに関しては無難にやっていたという印象。体の強さを生かして相手のサイドからの攻撃を体を張って食い止めていたし、なにしろ新鮮な動きを十分に感じさせるものだった。しかし、課題もあった。やむを得ない部分はあったが1失点目の相手選手のマークを外したのは堀田だった。

 また、クロスの精度もあまりよいものではなかった。もともとセンターバックなのでそこまで望むのは酷かもしれないが、今のサイドバックではクロスの精度も求められる。今後サイドでレギュラーをとるなら、クロスの精度もしっかり上げなくてはいけないだろう。

 一方の岡本。去年の岡本に戻ったという感じで、颯爽とした動きはさすがだった。ボールキープ力もあり、突破する力も十分なものだった。しかし、後半相手に守られるとなかなか突破ができなかったことはちょっと残念だった。ミドルも積極的に狙ってほしかったところだ。

 ただ、この2人が昨日の負け試合では光明だったのも確か。岡本は左サイドで先発を任せるだけの状態に戻っていたし、堀田は西嶋の不調時には十分に使える戦力だということがわかった。

 この2人は今後も注目していきたいと思う。

 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

↑このページのトップヘ