勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2011年04月

  コンサのキックオフで開始
 なかなかボールを持たせてくれない。

 岩沼のクロスは三上にあわない。

 相手の攻勢に押されてシュートすら打てない展開が続く。

 どうしてもバックパスが多くなって前に繋がらない。
 相手ゴールキーパーが飛び出したところでアンドレがボールをとってパスを送るも三上に合わない。惜しいシーン

 ぜんぜんボールが前にいかない。

 古田からのクロスをなぜかゴール前で勝手にスルーする宮澤。

 2度目の意味不明なスルー
 
 近藤のシュートは枠の上。

 そのコーナーはショートコーナーにして近藤からのクロスは河合がヘッドをはずす。

 古田のクロスをキーパーが弾き近藤のシュートは枠の左

 近藤が頑張っている。後守りではやはり芳賀。危ない場面では芳賀が必ず出てくる。

 アンドレがボールを持ちすぎてとられてそこから前にいかないシーンが多い。
純平のスルーパスがアンドレに合わない。
 ゴール前で宮澤がボールを奪われシュートを打たれる危ない場面も

 ロスタイムは2分

 近藤のFKはキーパー正面

 前半終了

 完全に押されている。危ないシーンも多かった。

 もっと全体的にフリーランニングをしなければいけないだろう。動きが悪すぎる。
 オフザボールの動きがまったくダメ。


 後半開始は交代選手はなし。

 宮澤がパスを受け、アンドレがフリーになりシュートを打つもキーパーに防がれる。

 右サイドから古田と純平の崩しからクロスを入れるもシュートを打てず。

 FKからゴール前で宮澤がボールを受け、シュートを選択せずに古田へパス。古田のシュートは枠の上

 近藤がボールをカットして三上にパスをするもあわず

 1枚目の交代はアンドレに代わって砂川
 
 早速砂川と純平のコンビで右サイドを崩すもシュートは打てず。

 砂川のコーナーから河合のヘッドはゴールの上

 近藤がかなりの距離をドリブルしてファールをもらう。

 そのFKは山下に合わない。

 2枚目の交代は近藤から純貴

 宮澤のミドルシュートは枠の上

 3枚目の交代は三上に代えてチアゴ。やっぱりチアゴ大作戦発動だ。

 左サイドから崩して、古田が侵入してそのクロスに宮澤がヘッドも枠の上。ドンぴしゃのタイミング。決めなくてはいけないシーン。

砂川が相手からボールを奪ってゴール前でパスをして古田のシュートはキーパーに防がれる。
 ロスタイムは4分

 ゴール前でFKのチャンスはボールを折り返して宮澤のシュートは枠の上

 試合終了スコアレスドローだった。

 後半は決定的な場面も何度かあったが決めきれなかった。

 残念な試合だったが、前半立ち上がりを考えればなんとか盛り返したという試合だったが決定機を考えれば勝てた試合だった。

 ただ、いかんせんゴールが遠い。ただ、すぐ試合がある。しっかりと準備して今度は勝ち点3をとってほしい。

  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

明日のFC東京戦。コンサドーレの予想布陣


予想メンバー


         三上  
             
  近藤  アンドレジーニョ 古田
                                           
     宮澤  芳賀      

岩沼  河合  山下  純平


       ホスン              控え 曵地、チアゴ、砂川、ブルーノ、横野
                                      櫛引、上原
 

 布陣は4-2-3-1の布陣。

  前節と先発は変わらない見込み。
 
 攻撃は前の4人がどれだけ連携を深めシュートまでもっていけるか。

 そしてサイドは純平の右サイドから組織的な攻撃を多く仕掛けたい。

 そのためには素早い攻撃、サイドチェンジが必要。

 左は近藤の突破に合わせて人数をかけた攻撃が必要となる。

 攻撃時には前線に人数をかけて攻撃したいところだ。

 ボランチは宮澤にシュートの意識を多くもってもらいたい。

  ゴール前までのコースが見えたらどんどんシューとを打ってもらいたい。

  攻撃はアンドレジーニョがどれだけ正確にプレスを受けた状態でパスそしてシュートを打てるかにかかっている。

 パスは正確なパスを心がけ、シュートはキーパーのいないコースを狙ってほしい。

 三上には得点の期待をしている。ポストプレーだけではなくDFの裏に抜けるプレーをして相手のDFラインを下げる動きをまずしなくてはいけないだろう。

 そしてどんどんスペースに抜けてゴールを決めてほしい。

 湘南戦でも惜しいチャンスがあったが、シュートはキーパー正面に行ってしまった。

 シュートチャンスは少ないことが予想されるのでしっかりとそのチャンスを逃さないでもらいたい。

   この試合ははっきり言って苦戦が予想される。しかし、勝てない相手ではない。思い切って戦って勝利をてにしてほしい。
 
      サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

 櫛引が帰ってきた。

 昨日午前の練習の終わりに多くの記者達の囲み取材を受けていた櫛引

 U-18の日本第代表として、ダラスカップに参加してきた。チームの結果としては残念な結果になったが、得るものはあっただろう。

 日刊スポーツにはその櫛引のインタビューが載っていた。

 櫛引自身はバルセロナFC戦や練習試合を含め2試合に先発した。しかし、レギュラーとまではいかなかったのだろうか。

 櫛引曰く「バルセロナとやって1対1では負けなかったが、裏への飛び出しに対するカバーの意識の大切さを再認識した。」とのことで、相変わらず負けん気が強いコメント。かねてから高校生には負けないという自負があっただけに、1対1で負けないというコメントは頼もしい。

 ただ、課題も見つけてきたようで、その課題にはしっかり取り組んでもらいたいものだ。

 米国に入国してから体重が3kgも減ったと言うことでやはり海外遠征は負担になったのだろう。ただ、日本代表に選ばれると現地の食事もしなくてはいけないことから、今から慣れておかなくてはいけない。今回勉強になったいろいろなことをしっかり身につけてほしいものだ。

 昨日の練習では元気に全体練習に参加していた。チームはセンターバックの層が薄い。ノブリンも河合をボランチに持っていきたいという意向があると思う。そのためには櫛引か誰かがレギュラーを取らなくてはいけないことになる。

 そのレギュラー争いに割って入ってほしいものである。

 チームに戻ってからは厳しいレギュラー争いが待っている。

  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  今日のスポーツ新聞は日高が完全合流したとの記事が多かった。

 今日の練習でもチームと同じメニューで参加していた。

しかし、今日の日刊スポーツではまだ痛み止めの薬を服用しながらの参加と言うことで無理はできないようだ。

 FC東京戦の出場は難しいかも知れない。

 今日の練習では午後の戦術練習にも参加していたが、まだまだの調子らしく動きはそんなにスムーズではなかったように思う。また、激しい動きの後はあごが上がってさすがにしんどそうだった。

 しかし、戦術練習ではしっかりフルメニューをこなすなど完全に調子を戻すまではもう少しだろう。草津戦やその後の熊本戦あたりは出場できるのではないか。

   岡本も合流していたが、一部別メニューでFC東京戦は厳しそう。こちらはもう少しかかりそう。

  ぎーさんはグラウンドをランニングしてた。復帰はもうすこしのところまできているのではないか。

  高原と内村は姿が見えなかった。室内でフィジカルメニューをこなしているのかもしれない。

  後は内村と高原の状態がどうか。内村は腰に故障を持っているだけにしっかりなおして復帰してほしいものだ。


006


    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

 

   開幕戦そしてホーム開幕戦も突然のぎーざんの離脱でスタメンゴールキーパーだったイホスン

 湘南戦は1失点したとはいえ、よくやっていた。

 何度かDFラインを突破して選手が飛び出してくる場面もあったが、いち早くボールに追いつきクリアしていたシーンが2度あった。その反射神経はなかなかなものだ。
  失点したシーンもサイドを崩され、DFがシュートした相手のマークをぼかして、ドフリーの状態だったので、キーパーの責任ではないだろう。
キーパーは地味なポジションで試合中は目立たない方がいいが、ミドルに対しても体全体で対応し目立っていた。

 なによりセービングは安定していた。土曜日の試合中は安心して見ることができていた。ただ、ゴールキックは2本ばかりタッチを切っていたのが気になる。ラインぎりぎりを狙って蹴ったのだろうが、もう少し正確性は必要だろう。

 ぎーさんの回復具合ではFC東京戦も先発に収まる可能性が高い。 

 新人でゴールマウスを守りのは正直厳しいだろうが、1試合1試合経験を積んでほしいものだ。

 ホスンにとってはチャンス。このチャンスを生かすかどうかは彼次第。

 はたしてぎーさんが戻ってきてもスタメンを張れるかどうか注目だ。

 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

↑このページのトップヘ