勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2012年08月


明日の清水戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー


    内村

    ハモン
純平       古田

   宮澤 真希

岩沼 ジェイド ジェファン 日高

     杉山

 
控え 高原、奈良、砂川、上原、岡本、大島、前俊 

   

 ハモンが間に合った。

 内村とのコンビでどのくらい決定的なシーンを演出できるか。


  パスはもちろん前線でのキープやタメをつくる仕事をしっかりやってほしい。

 内村は相手のDFの裏を向ける動きを

 純平は古巣が相手。とにかく頑張るだろう。そしてサイドから中に絞ってハモンとのコンビで得点をとってほしい。
 古田は前節は好調も最近はゴールという結果を出していない。

  しっかりサイドでボールを持ってドリブルで仕掛けて相手を置き去りにするような働きをしてほしい。

 真希はサイドへの飛び出し、前線への飛び出しを頻繁にしてほしい。

  宮澤もチャンスがあれば前線に飛び出していかなければいけないだろう。

 今回も途中出場の選手が決定的な仕事をしてほしいところだ。

 上原は3試合連続ゴールを狙ってほしい。また、砂川は得意のドームなので得意の切り返しで相手を振ってチャンスを作ってほしい。

 DFは相手のサイドからの攻撃にしっかりと対処してほしい。

  日高や岩沼は1対1で負けないように、プレスをしっかり行ってボランチとともに相手のボールを奪ってほしい。

  センターバックは相手の攻撃を見定めしっかり相手を防いでほしい。

 とにかく清水には勝たなければいけない。今シーズン2敗と負け続けなだけにいままでのリベンジをしっかりしてほしい。


     
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


  
勝手に叱咤コンサ

今日の宮の沢


芳賀がグラウンドに顔を見せ
ボールを蹴ったり遊んだりして?いた。

023

別メニュー組では
前がストレッチまで参加
河合がパス回しまで参加

前と河合そしてゴンが古邊コーチのもとフィジカル
トレーニング。
020
021

030


時間を計ってコーンの周りをまわったり、
ダッシュしたり結構ハードなもので

もうすぐ河合もうすぐ完全合流するだろうし。
ゴンももう少しで部分合流できそうな感じを見せていた。

029

榊も時間を自分で計りながら走っていた。

031

白手ぬぐいのお兄さん(高柳)はトレーナーに時間を計ってもらいながらランニング
少しステップアップしたのではないだろうか。
033
035

サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


  
勝手に叱咤コンサ

    今日の道新平川氏の「燃えろ!コンサドーレ」

 G大阪戦の信じられない失点について書いていた。

 「奈良の課題である周りを見られない最終ラインでのつなぎをレアンドロが突いた格好となった。」「後ろの選手はボールを奪われたら後はGKだけになる。それだけに、DFラインでのつなぎには細心の注意が必要でプレッシャーも感じるもの」

 奈良のヘッドでのクリアは心情的にはわかる。きっちりと戻したかったのだろう。しかし、クリアすることもできたかもしれない。まあ、奈良にはこれも経験としてきっちり自分の糧としてほしい。

 岩沼が杉山にバックパスをしてオウンゴールにしてしまったことは、「杉山がゴール前でプレッシャーのかかっていた岩沼につないだことがまず間違いだが、岩沼ももう少し優しいボールを杉山に返すべきだった。技術のある岩沼なら、それくらいの気を使わないと」まずはあの密集で岩沼に返した杉山の判断がよくなかった。

 キーパーとしては十分に気を遣わなければいけなかったところ。杉山には判断を正確にしてほしいものだ。

 岩沼も焦ったのだろう。とんでもないくらいの速いパスを出してしまった。でもあの状態なら仕方ないかもしれない。この失点は気にしない方がよいだろう。

 G大阪戦は呆れたというかとんでもない失点があったが、しっかり反省して、次にいかしてほしいと思う。

 そして清水戦についても言及している。

 「G大阪より、攻守の切り替えは一段早くプレッシャーも大きい。G大阪戦で機能しなかったハモン、そして最終ラインの選手にも鋭いプレッシャーをかけてくる。判断よく玉離れしないと、また自分たちのミスで試合を壊すことになる。」

 清水のプレスは厳しくて速い。かなり覚悟して臨まないと簡単にやられてしまうだろう。ミスの少ないしっかりとしたパス回しをしてほしいものである。


  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

 奈良がU-19日本代表トレーニングキャンプに選出された。

 当然と言えば当然の選出だと思うのだが、リーグ戦で苦しい戦いを続けている彼にとって気持ちの切り替えになってくれればよいと思う。

 チームはなかなか失点が減らない。

 CBとして責任を感じているのではないだろうか。
 
 これまで直接彼のミスの失点もあった。

 連係ミスでの失点もあった。

 しかし、数試合前には彼の「殻を破った」という言葉があった。

 彼のよい時のイメージを持つところまでいったはず。

 前節、G大阪戦では7失点もしてしまったが、気持ちを切り替えることができるキャンプにいけることはよかったと思う。

 次節おそらくジェイドが復帰するだろう。そうなるとまだ奈良はベンチということも考えられる。

  もしベンチになるならば奈良はベンチでしっかりチームの戦いを見てほしい。

  今の経験は絶対に彼の成長に生きる。

 あの曽田氏も初めはミスをいろいろしてサポーターからブーイングを浴びたが、いろいろと経験して最後は「ミスターコンサドーレ」とも呼ばれるよい選手になった。

 奈良もいろんな経験をしてより大きくなってほしいと思う。

 そのためにはいろいろな経験をつんでほしいと思う。


   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

 昨日の練習試合でジェイドが後半途中まで出場した。

 相手が大学生だったので、あまり守備機会がなかったが、対人に強いプレーをして、しっかり守備を引き締めていた。

  ジェイドはオーストラリア代表で右サイドバックをやっているので、右サイドバック
をやった方がよいという意見もあるが、対人の強さカバーリングの巧さから考えるとやはり、センターバックが良いだろう。

 このところかなり多くの失点をしている。ザル守備とも言われているが、CBだけの責任でもないが、守備でしっかりチームを引き締めてほしい。

  おそらく、昨日の練習試合でノブリンはジェイドに及第点を与えただろう。

 次節の清水戦では先発に使ってジェファンとともにCBをやらせるのではないだろうか。もう大丈夫だろう。

 もう一人は純平。昨日の練習試合では90分間ピッチに立った。ボランチで出場したが中盤でしっかりボールの受け手と出し手となっていた。また決勝点も純平だった。その他にも惜しいシュートもあって、攻撃でも目立っていた。

 単純ミスもあった。ミスパスもあってはっとさせれれるシーンもあった。しかし、順調に調整はうまくいっているだろう。

 純平の場合にはどこのポジションでもでもやれることがメリット。チームの層の薄いポジションで配置されることになるだろう。

 おそらくは、砂川の調子があまりよくないので砂川のポジションだろうか。ただ、90分間ボランチをやったと言うことはボランチと言うことも考えられる。

 いずれにしても次節は先発に返り咲くことになるのではないだろうか。


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

↑このページのトップヘ