勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2013年05月

明日の横浜FC戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー


        純貴 


    内村       

 前俊       岡本


   上里   河合     

上原  ソンジン  奈良   日高


      曵地  


控え 杉山、櫛引、深井、宮澤、砂川、榊
 

 システムは4-2-3ー1

 河合と内村が先発復帰か

  曵地は久々の先発を予想

 しっかり試合に入って自分のプレーをしてほしい。 

 センターバックのソンジンは細かなミスをしないように

   相手は上背のある選手と対峙するだけに高さで負けないようにしっかりやってほしい。

 奈良も空中戦で負けないように体の強さをいかしてほしい。

 日高は体もだいぶ慣れたころだろう。
 右からのクロスをどんどんいれてほしい。

 上原は再びサイドバックでの先発

 高さをいかしたプレーと守備でもそつなくやってほしい。

 上里と河合はコンビネーションもよいだろう。

 河合はルーズボールをとにかく拾いまくってほしい。

 サイドチェンジはほどほどに。それは上里に任せてとにかく、相手を潰す役を一手に引き受けてもらいたい。

 上里はしっかりボールをためてサイドからの上がりを待ちたい。

 岡本はサイドから中に入るプレー。そしてシュートをタイミングよく放ってほしい。

  前俊は独特のキープ力を生かして得点に絡んでほしい。

  内村は久々の先発

 純貴とコンビネーションをよくしてDFの裏に抜けるプレーを狙ってほしい。

 純貴にはゴールを期待したい。

 泥臭いプレーや必死のプレーで得点をあげてほしい。


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


   勝手に叱咤コンサ

 宮澤と三上、内村が復帰した。

 宮澤は3週間ぶりの復帰

 中盤とトップの人材が不足していたので、この3人の復帰はうれしい。

 トップ下は今、層が薄いだけに宮澤の復帰は心強い限り。

 ただ、復帰即先発とはいかないだろう。

 途中出場で様子を見るのではないだろうか。

 内村、宮澤が控えに入るような気がする。

 内村もいるといないでは大きく違う。

 内村がいると得点の臭いがする。

 やはりコンサのエースストライカー。

 彼がフル出場できればかなり得点がとれるような気がする。

 ただ、持病の腰がよくない。

 だましだましなだけにいつ腰痛で出場できないかわからないところが痛い。

 「俺らの10番宮澤ひろき~」の復活はよいのだだが。宮澤が復帰しても決して上里をサイドハーフで使わないでほしい。

 上里はボランチで宮澤はトップあるいはトップ下で使ってほしい。

 三上はまだサブに上げられないのだろうか。

 三上は現在ワントップの人材が乏しいだけにワントップの候補でもある。

 本来ならば三上がワントップで純貴とレギューラーを争わなければいけない選手だ。

 三上はこのところ後輩にも追い抜かれ成長は足踏み状態。

 しかし、練習でも足元の技術など高いものがある。

 体の強いところは練習でも発揮しているのでどんどん自分の長所をアピールしてほしい。

 彼がワントップで結果を出せばかなり違ってくる。

 何年か前の鮮烈なデビューを思い出して必死にやってほしい。


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

 今日の道新平川氏の燃えろ!コンサドーレ

 日曜日の水戸戦について

 厚別のピッチのことについて書いてあった。

 「財前恵一監督は報道陣からのつっこみにうんざりしながらも、ピッチコンディションの悪さを言い訳にすることは避けた(えらい)。それに対し、敵将の柱谷哲二監督は「Jリーグのピッチレベルではなく、日本リーグ時代のグラウンドよりひどい。ダイレクトでパスをつなぐの不可能」と強烈なダメ出し。

 「水戸は中盤でボールをつなぐことを放棄し、ロングボールを多用することを選択。内容より結果にこだわり、   
 「中途半端な札幌」を上回った。だけという最高につまらない試合だった。」

 水戸とてなんでもかんでもロングボールと言うことはなかった。繋ぐときにはしっかり繋いできた。コンサは中途半端と言っているが、ロングボールを多用したことは事実だ。

  「これからも、あのひどいゲームが厚別で続くと思うとちょっとやばい。真面目に厚別仕様のサッカーを考えないと、サポーターは確実に減るだろう。」
 
 「厚別仕様のサッカーとは、細かくボールをつなくのではなく、ボールをロングで蹴って、一気にゴール前に運ぶというもの。その際、前線では空中戦の競り合いに強い大型FWが必要になる。身長186cmの上原慎也が水戸戦でワントップに入ったのは厚別仕様のフォーメーションだった。」

  しかし、いかに厚別の芝が酷いと行ってもロングボール一辺倒ではダメだ。

 繋ぐところはしっかり繋いでいくメリハリが必要。

 ロングボールだけでは相手に読まれる。
 
 「実際の試合では、上原にロングボールを送っても、そのこぼれ玉を拾うことができず、攻撃は単調だった。」

 「厚別の強風下でDFラインからのロングボールを足元にきっちり収めろというのは酷な話。そうは言うものの、もう少し上原が前線でボールをキープしていたら、トップ下の荒野拓馬が絡め、攻撃にスイッチが入ったはずだ。」

  日曜日は上原の調子が悪かった。もともと足元がおぼつかないが、輪をかけてダメだった。胸トラップも不合格。

 ただ、平川氏が言うようにDFラインからロングボールを蹴りさえすればよいということもないだろう。
サイドからクロスを上げるとか、ドリブルを仕掛けるとか、ワンツーを絡めるとか攻撃手段も多様的にやるべきだった。

 「厚別でロングボールを蹴るのは簡単だが、それだけでは若いチームの成長はなく、才能は死んでしまう。でも勝ち点をとらないと…。」

 芝対策はしっかりやらないといけない。しかし、基本技術をしっかりやることも大事。その上でロングボールを絡めて攻撃しなければいけないと思う。

  厚別の芝対策は本当にしっかりやならいと。厚別のグラウンドを再び借りてやるとか別な悪条件のピッチのところでやるとか考えないといけないだろう。


  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


   勝手に叱咤コンサ

   厚別の芝について野々村社長が芝改修を申し立てることが今日の日刊スポーツに載っていた。
  Jリーグ判定は最低レベルの「不良」だったそう。

 「所有する札幌市は来年度にトラック改修を予定も、大幅な芝改修は予算計上しておらずクラブでは、リーグを通じて訴え、善処を求めていく」

 野々村社長は「これでは選手もいいプレーができないし、観客にもいいものを見せられない。クラブでやれることをやりたい。」「同競技場では残り10試合を予定しているが、Jリーグ関係者からは「Jリーグを行えるレベルにない。」と厳しく指摘されている。」札幌市は水戸戦の状況を確認し、指定管理者の市公園緑化協会に情報収集している。」そう

  記事には芝ははげたピッチの写真も載っているがほんとうに酷い状態だ。

 これでは満足なサッカーはできないだろう。また、全力で走ったらこけてしまい。なおかつ怪我の心配もある。

  今年は長らく低温状態にあったため芝の満足な育成ができなかったとのことだが、

 残り10試合もあり、こんな状態では敵も味方も思うとおりのサッカーはできない。
ただ、張り替えるには相当の費用がかかるだろう。札幌市も予算計上を議会にはかってというような面倒な手続きも必要。試合を行うまでは相当な時間がかかるには確か。

 サポーターの間ではその間室蘭、函館で代替開催をという意見もあるが、そういう意見がでるのもわかる。
 札幌市は芝改修の予算を計上し、すぐさま芝も改修に踏み込んでほしいと思う。
 
 ただ、選手もグラウンド悪かったからだめだったというような言い訳はしてほしくない。相手のチームも同じ条件。厚別で負けたのは芝のせいではないのは明らか。

  来月には厚別で試合もある。それまで芝がどんな状態になっているか。

 チームにはしっかりとした悪芝対策の練習をしてほしいと思う。


  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

 昨日は前半に失点。それ以降1点を返せずに完敗した。

 今日の日刊スポーツには上原ワントップになったいきさつが載っていた。
「24日の紅白戦までの先発候補だったFW前田が、左足首と左内転筋痛が悪化し先発回避を余儀なくされた。」

 上原のワントップにサポーターからも批判が多かった。

 財前監督は「どうしても上原に頼ってしまい、周りの反応が遅くなってしまった。」

 日刊には上原のワントップの本格テストは前日の25日だけと書いていたが、金曜日の紅白戦でも途中からやっていた。

 ただ、上原は通常チーム事情から最近はサイドバックでの配置が多い。なかなか慣れなかったということも言えるだろう。

 その上原は「ボールが流れてくる風上の前半にしっかり点をとれなかった」

 風上の前半は上原へのロングボールばかりでまったく試合にならず。いくら風上でピッチが荒れていたといっても一方の水戸はつなげるところはしっかり繋いできた。荒れたピッチはロングボール主体と言ってもホームチームであるコンサが出来ないと言うのもおかしな話だろう。

  一方PKを与えてしまったソンジンは
「ボールにいったつもりだったが。足に入ってしまった。残念です。」
 確かに録画を見てもボールではなく足に行ってしまった。これは相手の鈴木隆がうまかった。鈴木隆にやられてしまったとも言えるだろう。

 4試合連続得点を逃した岡本は「チャンスもつくれていないしシュートもうっていない。マイボールの時間が短いときに消えてしまう。課題を修正したい。」
岡本は目立たなかった。サイドでタメをつくることもできずに90分自分の思うとおりの仕事が出来なかった。

  前半で途中交代した荒野は「上原さんの近くでプレーするイメージだったがアクションも何もできなかった。また一から練習でアピールし直したい。」 

 前半で交代させられた荒野はくやしかっただろう。前でボールを収められずに、上原との連携もうなくいかなかった。もう一度頑張ってしっかり練習からアピールしてほしいと思う。そうしないとなかなか次は使ってもらえないだろう。

 久しぶりの戦列復帰の河合は
「声を出すのが自分の役目。負けてしまったので何とも言えないが、次に頑張って結果を出す。それだけ」
 河合が入ってから少し持ち直した。ただ、河合任せになってもいけないだろう。
深井の調子が悪かったので次節は河合が先発に復帰する可能性もあるだろうが、河合のスタミナも心配。ボランチは上里を中心に河合と深井の調子が良い方を選択するという方がよいのではないか。

 途中出場の純貴は
「同点、決勝点を決めるつもりでピッチに入った。上原さんのこぼれ玉を狙ったが、うまく得点につなげられず悔しい。」

 純貴が入った時間帯は遅く、一人でできるような状態ではなかっただろう。もう少し時間を与えてあげたかった。

 ただ、足の怪我明けだったので無理をさせられなかったのもわかる。次は先発できるように必死で練習をしてもらいたい。


  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


   勝手に叱咤コンサ

↑このページのトップヘ