勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2014年05月

 相手のボールでキックオフ

 コイントスで勝って場所を選択

 風下からのプレー

 右サイドで内村がドリブルするも相手に当たってゴールキック

 ゴール前の混戦から上里のシュートは相手に防がれる。

 ゴール前の上里のパスから謙伍のシュートは枠の上

 宮澤のシュートは相手に当たってコーナー

 コーナーは弾かれてキーパーに

 押される展開

 マイボールにできない時間帯が続く。

 これじゃだめだろう。

 ロスタイムは1分

 前半終了

 前半風下と言ってもホームなのにまったくダメダメな試合展開

 後半は風上なので押せ押せでいきたいところ。


 後半はコンサのボールでキックオフ

 上里に代えて砂川

 宮澤がボランチ

 右に砂川が入る。

 上里は調子が悪かった。代えられても仕方ないだろう。

 相手にシュートを打たれ金山がなんとか防ぐシーンも

 謙伍が倒されてFKのチャンス

 砂川の直接FKはキーパーに

 左サイドから上原のクロスは大きい。

 右サイドの小山内のクロスはクリアされる。

 砂川のFKは相手に防がれる。

 ゴール前にボールがこぼれて砂川がシュートするもなんと味方の謙伍にあたってしまう。2枚目の交代は前俊
に代えて中原

 左サイドからのクロスはキーパーに

 謙伍のシュートは枠の左。

 左サイドからボールを出され右サイドのわたってしまい。ゴールを割られる。0-1

 3枚目の交代は河合に代えてソンフン

 パワープレーになってきた。

 FKからのこぼれ球を宮澤がシュートを打つも枠の上。これは少なくとっも枠に入れないと。

 ロスタイムは4分

 内村のシュートは相手に当たってコーナー

 コーナーは相手に防がれる。

 砂川からボールを入れて上原慎がヘッドで返してパウロンのミドルが相手に当たってゴールに入る。1-1の同点

 謙伍がドリブルしてクロスソンフンのシュートは枠を外す。

 試合終了

前半まったくだめだった。後半は少し持ち直したがまったくダメダメな試合をしてしまった。最後に追いついたからかまだよかったものの。敗色濃厚な試合だった。

 ホームで厚別でこんな試合をしたらだめだろう。

045
047
049
051


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

明日の福岡戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー


        内村


    前俊 


 謙伍        荒野


   河合  上里        

上原慎  奈良  パウロン  小山内


      金山  


控え 杉山、櫛引、宮澤、菊岡、古田、砂川、ソンフン 


 システムは4-2-3ー1
 また、荒野が久々に先発起用


  金山は前節も安定したセービングを見せた。明日も頑張ってゼロに抑えてほしい。
  厚別の風を味方につけて

  パウロンはフィードに気を付けてプレーをしてほしい。
 厚別の芝はところどころどはげている。それに気をつけてプレーしてほしい。
  高さをいかしたプレーを

  奈良はミスをできるだけしないで、相手のボールをはね返してほしい。
 ロングボールも結構くるだろう。ロングボールに負けずに

 小山内はカットインして中に入るプレーもしてほしい。
  サイドからのクロスは正確に 精度の高いプレーを

  上原慎が上がった後を気を付けて
 相手のカウンター対策をしっかり
 高さを生かしシュートまでもっていってほしい。

 上里はボールを散らし、時にはロングフィードもトライしてほしい。
 パスは正確にミドルも果敢に狙って

 河合はプレスに遅れずに。ねばり強く相手のパスコースを読んでパスカットしてほしい。
 セカンドボールを拾って正確なパスを

 荒野は運動量を増して、どんどん前にトライしてほしい。
 ボールを奪ったらシュート。前戦で起点になるプレーを

 謙伍は連続ゴールを期待。ボールをもったらまずシュートを狙ってプレーして欲しい。

  前俊はボールを失わずに簡単にボールをはたいてほしい。難しいプレーはいらない。相手の陣地でボールをもったらシュートまでもっていってほしい。

 内村はスペースに走り込んで得点をとってほしい。前線からのプレスも厳しく相手の簡単にパス回しをさせないようなプレーを。得点を決めて欲しい。

 厚別はピッチ状態はドームよりも悪い。ところどころに芝がはげている部分がある。パスをするときには注意して。また風も味方につけてもらいたい。

 相手はプレスに厳しくくるだろう。こちらはしっかりパス回しをして相手をはがして前線にボールを持っていきたい。


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 
  福岡戦の展望(メイン)はこちら

  道新で毎月1回掲載される吉原宏太のマンスリーコンサで興味深いことが書いてあった。

  抜粋だが


 「特に気になるのは守備、ボールを持っている相手に対し、札幌の選手は「ただそこにいるだけ」になっている。相手をマークしているのに、アグレッシブにボールを奪いにいってない。

  守備で最も大事なのは、ボールを持った相手に最初にプレッシャーをかけるファーストディフェンダーだが、そこでボールとの間に距離がある。抜かれはしないが、簡単にいいパスを出されたり、考える時間を与えてしまう。札幌の選手は「抜かれたら自分の責任」という気持ちがあるのかと思ってしまう。

 今の札幌の選手の力なら「あと30センチボールに寄せられる」と思っている。サッカーはアバウトに見えて、センチ単位の動きの積み重ね。あと30センチ寄せれば、主導権を引き寄せられる。今ではJ2のどのチームもセンチ単位の際どい勝負をしている。それがW敗になると5センチ、10センチの差が勝敗を分けたりする」

ファーストディフェンダーがボールを奪いにいけば、空いた自陣のスペースを他の選手が埋め、次の選手がまた空いたスペースを埋め…と、全体で連動した守備ができる。このような守備は全員が体力を使うが、今のように楽なディフェンスをしていると、必ず崩される。

 90分間の試合のうち、1人がボールを持つのは3分間といわれている。ボールを持たない残りの87分間にボールに寄せるなど、どれだけ質の高い動きができるかが勝負だ。


 攻撃も同じ。0-1で負けた12日の愛媛戦が象徴的だったが、前半にFW菊岡拓朗選手がすピードをいったん緩めてパスを受け取り、その後にシュートを外した。菊岡選手へのラストパスを前のスペースに出していれば、結果も違ったはずだ。

 今月、本能的に選手の前にパスを出せるMF上里一将選手、前への動きが速いFW内村圭宏選手が帰ってきた。シーズンはまだ3分の1を過ぎたばかり。これからの戦いで「恐れずに前へ」という動きができればJ2の上に行ける。」



  プレスの甘さはやはり気になるところ。そこでなかなか前にいけないということがあった。そして連動したプレスがあまり機能していない。だから簡単に相手にボールを回される。水戸戦でも相手のパスワークに後手を踏んでいた。
 やはりもっと厳しくプレスに行かなくてはいけないだろう。特にFWとトップ下のプレスの遅さが気になる。水戸戦は都倉と前俊だったが、チェックの甘さが目立っていた。

  攻撃ももっと積極的にスペースにボールを出していかないといけない。足元足元へのパスが多すぎる。
  スペースをうまく使わないとなかなか点に結びつかない。ともかく前線の守備では内村、攻撃では上里が復帰した。彼らがスペースをうまく使ってくれるように願いたい。
 やはりスペースをどう使うかがサッカーでは大事
宏太は以前からスペースの使い方について話していたが、なるほどと思わさせてくれた。
  福岡戦はどのくらい寄せられるか注目して見ていきたいと思う。


  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

    今日の道新平川氏の燃えろ! コンサドーレ


 「何はともあれ暴動が起きなくて良かった。水戸戦を落としていたら札幌ドームは大変だったに違いない。7戦連続勝ち星なしで監督更迭の大騒ぎ…。いくら札幌サポーターが優しいといっても、あり得た話である。

 水戸は前節で5得点を挙げ、力のある京都を粉砕した。一方の札幌はこのところ、チームとしての守備が緩くて相手の先制を許す試合が続き、今回も「惨敗では」と気をもんでいた。

 ところがふたを開けて見れば4-0の圧勝。順位も17位から13位まで浮上した。だが、暴動を避けられたからといって安心してもらっては困る。次で負ければまた元に戻ってしまうのだから。
前回のコラムで得点を奪えない閉塞状態を打破するのに守備の建て直しが必要と書いた。積極的な守備で相手ボールをいい形で奪えば、カウンターが可能となり、手数をかけることなく攻撃できるからである。

 1点目、2点目は都倉賢の個の能力によるものが大きかったが、3点目、4点目は自陣から1本のパスのカウンターでゴールを奪ったもので、その他にも効果的なカウンターがいくつもあった。

 具体的に守備のどういう点が良くなったのだろうか。簡単に言うと、相手ボールへの寄せ、アプローチが速くなり激しいプレッシャーをかけられるようになったということだ。「そんなに簡単ならもっと前からやればよかったのでは?」と思うだろう。そう、やればよかったのだ。
 だが、1人だけが頑張ってもボールを奪えないのがサッカー。ほとんどの場面で相手選手が多い数的に不利な状態でボールを追いかけるからだ。11人全員が連動し、ボールによせられる状況をつくらないと。1人だけ突っ走っても空回りする。個々がそう考えると全体の足も止まってしまう。

 とりあえず今は積極的な守備でボールを奪ってペースをつかむことが重要。その中でいいパス回し、崩しができればベストだ。今はそのくらいの気持ちでいい。」


平川氏の評価は


上里、ヘナン、都倉、謙伍がB判定残りはC判定だった。



 やはりよい守備から攻撃が生まれる。相手ボールの寄せがよかったと平川氏も言っているが前半はあまりそれがよくなかった。後半になってよくなってきた。連動したプレスがなかなかかからないというのが課題だろう。

 次の福岡戦に課題が残ったが、次は前半から厳しいプレスをかけてほしいと思う。

 なにより勝利は選手やサポーターの心に余裕を与える。6戦勝ちなしで臨んだ試合で4点もとれば十分すぎるが、これで慢心しないことだ。3点目、4点目は相手が前掛かりになってきたせいでとれたもの。依然として1点をとるのには苦しい状態がはかわりない。
 その攻撃の課題をしっかり修正しなければいけないだろう。いまだ攻撃の形ははっきり見えてこない。もっと練習でしっかり課題を解決しなくては。

 ともかく選手のミーティングの効果があって、やりきることができた。しかし、次の試合に勝たないと元に戻ってしまう。福岡戦ではしっかりした守備から攻撃を仕掛けて結果を出して欲しいと思う。



  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

 荒野が実戦復帰した。

 昨日の練習試合札幌大学戦で久しぶりに怪我から復帰した。

 4月6日に北海道教大岩見沢との練習試合で負傷して以来50日ぶりだそう。

 今日の日刊スポーツにはその記事が

 昨日は右サイドハーフで後半45分出場し1ゴール、1アシストと結果を出した。

 「まだ45分だけ。オフ明けから調子を上げて(31日の)福岡戦までには90分出来るよう仕上げだい。」と言っている。

 財前監督は「かなりいいと感じた。復帰直後だが、動けている印象があったね。」と話している。

 荒野には期待がかかる。チームは右サイドハーフに苦労している印象。このところ宮澤が入っているが、宮澤ではやはり厳しい。右からの攻撃がいまいちうまく行っていない。

 荒野の復帰が待たれるところだ。

 この日は古田も出場した。古田はハットトリックと結果を残した。古田も右サイドハーフを争う選手。古田が完全に復帰したならかなりの戦力になる。

 チームは水戸戦に勝ったとはいえ成績が低迷している。彼らの力が必要となる。

 福岡戦に向けしっかり調整して欲しいと思う。

 また、工藤も怪我から復帰して練習試合に参加した。

 工藤はサイドバックとトップ下をやったそう。サイドバックというのはよくわからないが左クロスでステファノの4点目をアシストしたらしい。

 「2週間休んでしまったので、目いっぱいやった。次の福岡戦では試合に絡めるように、オフ明けの練習から積極的にやっていきたい」と話している。
 出場できるように頑張ってほしい。


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

↑このページのトップヘ