勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2014年12月

 2014年ももうすぐ終わる。コンサにとってはあまりよい年ではなかった。監督解任もあり、プレーオフにも届かなかった。なにより得点力不足は痛かった。都倉が終盤でゴールを量産したが他の選手はなかなか点をとることができなかった。

 バルバリッチ監督になって縦への速い攻撃を仕掛けられるようになって、攻撃は活性化した。しかし、また、2列目、3列目の得点力は不足。来年はこれを課題にやっていかなければいけないだろう。

 守備では奈良が移籍しての来年はどうなるだろうか。チームの中心になってきた奈良を失ったのは大きいが奈良の穴をみんなで埋めるようにしなければ。

 来年は勝負の年。強化費も5億円になってJ2でも7番目か8番目になっていると言う。それを結果として1番か2番に上げなければいけない。そうとうな厳しい戦いになるが、監督はもとより選手達も覚悟しているだろう。とにかくやらないといけない。

 幸い、低い年俸でも来てくれた選手がいる。その選手達の力をかりてやらなければいけない。

  来年のJ2は本当に厳しい。強化費が潤沢にあるチームが多く。相当な補強を行っている。そのなかでいかに戦うか。サポーターからチームの力が試される年になるだろう。
 とにかくやるしかない。来年は結果を出さなければいけない年になる。



  ※今年、このブログに来ていただいた皆様。ありがとうございました。こんな好き勝手なブログを見ていただいてありがとうございました。みなさま良いお年をお迎えください。来年も書いていきます。よろしくお願いします。




   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

 今日の道新では奈良のレンタル移籍が決まったことを書いていて、奈良の穴だが三上GMが「新たな補強は考えていない」とし櫛引や福森や現有戦力で乗り切ると言っていたようだが大丈夫か。

  奈良の穴は大きい。穴を埋める選手はなかなかいないし、簡単に引っ張ってこれるとも思わないが、アジア枠も埋まっていないことだし、そこで韓国人CBの獲得を考えないのだろうか。

 道新で言っているからそのとおりなんだろうが、ちょっと疑問な点だ。もっとも櫛引や薗田、福森に頑張ってもらうということはいいがやはり、奈良の存在は大きかった。彼らでは失礼ながら埋まらない。今後は彼らの調子のよい選手を使っていくということになりそう。稲本はどうだろうか。CBもやったことはあると思うがいまいちしっくりこない。川崎サポーターもCBでは稲本の良さはいかされないと言っているらしい。

 やはり3バックなら、パウロン、河合、櫛引、薗田、福森、永坂、内山、進藤から3人選ぶことになるのだろう。

 ここで期待したいのが永坂、内山、進藤の3人、いずれもユースからの生え抜き。奈良の後ろを追っていたが、奈良がいなくなった今、一本立ちをしなければいけない。奈良は高校生の時からレギュラーをとったて逃さなかった。彼らにそれを期待するのは酷だがなんとかやってもらわなくては。

 とにかくCBがウイークポイントと言われないようにしっかりカバーして欲しい。



  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

 今日のスポーツ報知には前兄の記事が。来季の契約に合意したそう。

 他のJチームからオファーがあったがコンサに戻ることを優先したらしい。よかった。ノノ社長からも前々からコンサに戻ると言われていたが、ほっとした。

 やはり前には他からオファーがきていたか。富山での活躍ぶりに他のチームがほっておかなかったということだろう。

 前は右ウイングバックで富山のレギュラーに定着して3ゴールを挙げた。コンサでも右ウイングバックの有力候補。荒野や小山内、謙伍あたりと争ってほしい。

 前が富山に行って成長した。前に仕掛ける動きや運動量が増した感じ。なにより、安定感ある守りは安心できる。

 来年は勝負の年。富山のように簡単にレギュラーをとれるわけではない。厳しいレギュラー争いが待っている。

 今年はコンサにいるときには主にボランチで使われた。しかし、ボランチは有力候補がたくさんいるのでやはり、サイドバックかウイングバックでの起用になるのではないか。

 とにかく来年は前に期待している。前の活躍でJ1に上げて欲しい。


  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

 奈良の移籍が日刊スポーツ、スポーツ報知に出ていたが、CBの穴をどうするのか。

 稲本もできるとは言え、やはりあまり経験がない。稲本はボランチで生きる選手ではないだろうか。福森にも期待がかかるが、福森はサイドバックで考えているような気がする。

 勝手な憶測だが、来年も3バックでやるのなら、河合とパウロンは直ぐ出てくるが、櫛引、薗田では正直どうだろうか。彼らの奮闘を期待したいが、やはり新たなCBの補強はあるのではないだろうか。スポーツ報知では福森や現有戦力で穴を埋めると書いてあったが、ここで残るのがアジア枠。アジア枠で韓国人CBをとるような気がする。奈良の動向に合わせてアジア枠を残していたような気もする。

 CBはユースからどんどん昇格してくるが彼らの成長も必要。永坂や内山がもっと頑張らないと。

 現有戦力でやるとしたら、櫛引や薗田がもっと頑張らないと。去年のようなプレーでは合格点は与えられない。

 奈良のようにやれとは言わないがもっと成長しなければチームの守備はなかなか任せられないだろう。
 とにかくまずは残った選手が今一度成長して戦わないといけない。頑張ってほしい。


  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

 今日の日刊スポーツには、福森のことが載っていた。183cm75kgのDFで本職はセンターバック。サイドバックやボランチもできる万能性が武器だそうだ。

 「DFの層が厚い川崎では4シーズンでリーグ通算16試合と出場機会に恵まれなかったが、22歳と若く、クラブでは新天地での伸びしろも期待する。」

 三上GMは高校時代から見ていたそう。「高校時代から見ていて、ボテンシャルがあるし、可能性を感じる選手だと思っていた。」

 川崎のサポーターからも左足の精度は抜群との声がある。三上GMは「複数ポジションで競争を激しくできる。監督の選択肢を増やすこともできる。」と言っている。

 11月2日の清水戦ではCKからヘッドでプロ初ゴールを挙げたとのこと。セットプレーも強いらしい。

 福森はなかなか可能性がある選手らしい。川崎サポーターの評価も高い。

 コンサでは主に左サイドで使われるだろう。またもしものときのセンターバックということも考えられるだろう。
 とにかく来年期待の新戦力である。


   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

↑このページのトップヘ