勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2015年05月

明日のC大阪戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー

          都倉   

   内村         宮澤

前弟                   古田

    上里   イナ     

  福森  河合  櫛引


      ソンユン  


控え 金山、永坂、深井、神田、菊岡、榊、ナザリト


 システムは3-4-2-1

 荒野とニウドの怪我、そしてゴメスと前兄の別メニューでウイングバックが厳しい状態に。
   バルバリッチ監督は左のウイングバックに榊や神田ではなく前弟を抜擢
 守備を考えた布陣なのだろうか。
  その起用があたることを切に願う。

 もしかしたら控えに伸二が入るかも知れない。

 GKはソンユン。
 前節は1失点。しかし、スーパーセーブを連発した。
 ソンユンがMVPと言っていいほど。
  警戒は相手のFK
  フォルランが蹴ると思うがしっかり追っていって
 弾き返そう。
  あとはいつものようにやれば失点はないはず。
 思い切ってやろう。


 CBは櫛引、河合 福森

 C大阪はワントップに玉田を置いてくる予想。
  動き回るだけにうるさいが、しっかり抑えよう。
 櫛引は相手の高さにもしっかりケアしたい。
 しっかりマークしてペナ内に入れないようにしなければいけない。
  そして1対1で負けずにボールを奪っていきたい。


 河合は守りではラインを高くしてコンパクトにしよう。
 ボールを奪ったらしっかりビルドアップして攻撃のスタートとしてほしい。相手をペナ内に侵入させないで守ってほしい。ファウルは厳禁。ファウルをしないで止めて欲しい。

 相手は中からサイドからボールが入ってくる。
 それをいかにして防ぐか。

 福森は相手のFWに体をつけてしっかり守ってほしい。
 当たりを強くしてボール奪取に負けないで。
 しかし、ファウルは厳禁。FKを許さないで。クリーンにファイトしてほしい。
 相手のシュートには体で防いで。1点もやらないことが大切だ。
  攻撃ではどんどん前に出て欲しい。得意のクロスもたくさん上げていきたい。決定的なシーンを作ってアシストをしてほしい。

 ボランチは上里とイナを予想。


  上里は久々の先発。
 足の調子はどうだろうか。
 出るからには思い切ってプレーして欲しい。
 守備では相手のボールを奪う動きを
 攻撃では起点になる動きを
  得意のサイドチェンジも積極的に狙ってほしい。
  セットプレーではキッカーになる。
 久々のFKを直接いれてほしい。
 セットプレーからの得点が極端に低い。
 そのセットプレーでチャンスを演出してほしい。


 イナはここ数試合得点の起点になっている。
 この試合も狙ってほしい。
 よいボールを上げて得点の起点になってほしい。
  いつものようにセカンドボールを拾って行こう。
 そして相手からクリーンにボールを奪う。そして攻撃のスイッチを入れよう。
 

  ウイングバックは古田と前弟

  古田は得意のドリブルで右サイドを切り崩してほしい。
 サイドの奥深くに侵入すれば得点のチャンス。
 そこからクロスを入れてほしい。
 また。サイドから中へと入っていく動きをしてシュートまでもっていこう。
 相手は丸橋とあたるはず。相手も積極的に上がってくるので上がってスペースを利用して素早く攻めよう。


 前弟は2試合目の出場。臆せず、気負わず。ホームなのでホームのサポーターの後押しを受けて頑張ってプレーしてほしい。
キープ力はあるはず。サイドで起点になって攻撃を活性化させよう。
 とにかく前半から飛ばしていこう。後はどうにかなる。思い切っていこう。
 
  シャドーは宮澤と内村
 宮澤は積極的にプレーしてシュートまでもって行こう。
  前線でボールをキープして時間を稼ごう。
 そして前を向いてプレーしよう。
 必ずシュートまでもっていってほしい。
 相手の嫌なスペースに入り込んで体の強さを発揮してほしい。
 
 内村はだんだんと動きがよくなってきている。
  もちまえの運動量で前線からプレスをかけて相手ボールをかっさらってゴールしよう。
 相手の横パスバックパスがねらい目
 それを奪ってショートカウンターを決めよう。
  サイドに流れてのプレーも面白い。
 宮澤とのコンビネーションを密にしてシュートまで持って行こう。
 とにかくゴールをとってほしい。
 
 都倉は前節ヘッドによる1得点。ボールを受けたら必ずフィニッシュまでいっている。好調なのだろう。体も切れている。
  上里や福森からのパスもあるはず。そこをしっかり受けてシュートまでもって行こう。 いつものように積極的なプレーをすれば勝利が近づくはず。都倉の4試合連続ゴールを期待している。


 C大阪は個人個人の能力が高い選手がたくさんいる。
  ボールをキープして回してくるだろう。
 しかし、前からのプレスで相手のパスを分断することだ。
 そしてボールを奪って、ショートカウンター
 これが一番効く。
  前から前から追っていって相手に自由にさせないことだ。
 磐田戦のような試合を期待したい。
  選手では内村に特に期待。
 内村の前からいくプレーで相手の攻撃を遅らせ、パスミスをカットしてシュートまでもっていきたい。
  守りはできるだけスペースをあけずに守っていきたい。
 5バックにして相手の侵入を防ごう。
  相手に回されてもじれないことだ。
 相手にボールをお持たせているという意識でいよう。
  ホームなんだから積極的なプレーを期待したい。
 試合の入りには注意しよう。集中して入って行こう。 
 試合中は集中をとぎらせないで、特に相手セットプレーは要注意だ。
 最後は守りで深井が入るパターンにしたい。先制点をとって追加点をとって逃げ切ろう。
 とにかく勝って3連勝をしよう。


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 
  C大阪戦の展望(メイン)はこちら

観戦にはちょうど良い気温の宮の沢


今日は別メで出てきた選手は4選手


まずは上原とパウロンがセウソとともにトレーニング

087



ボールを使って練習していた。


088
089
090
091
092
093

もうすぐ全体練習に復帰するだろう。


そして前兄と中原がトレーナーが時間を計りながらランニング

前兄は来週復帰するだろう。
103
104
106
107
108
110
082

今日の宮の沢N0.1はこちらから

  孔明ツイッター
  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

 怪我人が止まらない。昨日はゴメスが途中から別メニュー

 一昨日は小山内が左太ももの張り、前兄が練習試合で脳しんとう、今週でずいぶん怪我人が出てきた。

 徳島戦では荒野が右足底の怪我、ニウドが膝の怪我、ノノ社長によるとニウドは手術の可能性もあるそうだ。

 せっかく薗田、謙伍が戻っていたのに残念なことだ。

  これらの怪我人でC大阪戦にウイングバックが軒並みいなくなってしまった。

 残るのは古田と神田、榊、謙伍くらいだろうか。

 このうち謙伍は全体練習に復帰したばかりだから即試合に復帰するのは難しいだろう。

 監督はシステム変更を含めて考えているのかもしれないが、本当に悩ましい。

 バルバリッチ監督は日刊スポーツによると「いる戦力でやれることをやる。悲観することではない」と前向きだが実際は頭を悩ませているだろう。

  左右のウイングバックの怪我人が続く。本当にC大阪戦はどんなメンバーで臨むのだろうか。

 怪我のことなので不可抗力の面が強いが、毎年のことだが怪我人が多いのはなんとかならないだろうか。

 他のチームも清水などもかなりの怪我人で苦労していると聞く。やはりうちだけではないと思うが返す返す大変だ。
  また、パウロンはいったいどうしたのだろうか。別メニューと聞くがいつになったら戻ってこれるのだろうか。
 もうすぐ上原が戻ってこれるはず。しかし、上原も長期離脱をしていたので練習試合を何試合かこなして復帰という過程になるだろう。

 とにかくこれ以上怪我人はごめんだ。

 そして怪我人の早期復帰を願う。



  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

吉原宏太のマンスリーコンサ


タイトル「センター安定し好調」


 「札幌がようやく本調子になってきた。好調の要因は、軸となるセンターが安定してきたことだ。具体的には3トップの真ん中に置いた都倉賢選手、ボランチの稲本潤一選手、試合後とに変わるが河合竜二ら3バックの中央、そしてGK具聖潤の存在が大きい。
 軸がしっかりしてくると、相手チームは中央突破しづらくなり、必然と攻撃はサイドへと回る。最後はクロスに頼らざるを得なくなり、J2の多くのチームは得点の精度が低くなる。
  札幌のここ10試合の平均失点は0.6点と、安定している理由はここにある。
 札幌の攻撃も多彩となりつつある。8得点のエース都倉だけでない。長い距離を走りチャンスを作れるFW内村圭宏選手や、ドリブル突破ができるMFの古田寛幸選手や荒野拓馬選手、その後ろにはミドルシュートを打てる稲本潤一選手や宮澤裕樹選手がいる。どこからでも得点できるので、相手選手は都倉選手だけに集中できない。
  24日の徳島戦で、都倉選手が決めたヘディングシュートは、相手DFよりも高さが頭一つ分抜けていた。今の都倉選手はどれだけ厳しいマークにあっても止められない力と勢いがある。J2でも上位にいるチームには、やはりストライカーがいる。札幌に都倉選手がいるのは大きい。
 チームが機能し始めた要因の一つは、都倉とナザリト選手の共存を断念し、ナザリト選手を控えに回していることでもあるのだが・・・。
 ただ、ナザリト選手の強さやイルファン選手(けがをしてしまったが)の速さを試合で生かせるようになると、今以上に嫌なチームになる。バルバリッチ監督はうまい活用法を
探ってほしい。
 第15節を終えて7位が、今のチームからすれば妥当だろう。順位を上げるにはチーム一丸となった厳しい戦いが必要だし、少しの油断で一気に順位は下がる。気の抜けない戦いが続く。
 6月1日のC大阪戦では、両チーム合わせて7人のW杯経験選手がいる。2010年W杯得点王のフォルラン選手、元ドイツ代表のカカウ選手らを札幌で見られるチャンスだ。
月曜夜の開催で、仕事帰りに札幌ドームに足を運べば、2連勝中のチームを勢いづける応援にもなるはずだ。」


 宏太の言うようにセンターラインがしっかり固まっていずれもよい働きをしているのが好調の理由だろう。攻撃では都倉のプレーに対するひたむきさ。そしてイナの攻守にわたる活躍がいまのチームには欠かせない。
 徳島戦ではソンユンのナイスセーブもあった。河合も好調を維持している。センターラインがしっかりしていることが心強い。
 ここまで守りがいいのは計算できる。ここ10試合での平均失点が0.6点というのはずいぶんよい数字ではないだろうか。CBは薗田が復帰した。薗田もメンバーに入ってくるだろう。
 しかし、良いことばかりではない。また、怪我人が増えてきたことが気になる。荒野、ニウド、そして昨日は小山内、前兄が別メニューとなるなど怪我人が止まらない状況だ。
  どうやってやりくりするのか監督の腕のみせどころだろう。
C大阪戦は相手のメンバーが豪華。特に外国人がレベルが高い。しかし、なんとしても勝たなければいけない。とにかく勝って上位に食いついて自動昇格圏に入らないといけない。
 とにかく次は必勝。そのためにさくさんのサポーターに来場して欲しい。



  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

今日の道新平川さんの燃えろ!コンサドーレ


 「ピンチ止めた守護神、具」


 「これまで札幌が苦手?にしてきた四国でのアウェイ戦。その理由は北海道との温度差、暑さもあるだろうが、一番は移動に時間がかかることだろう。
 しかし、徳島戦ではしっかり勝ち点3をものにし結果を出した。讃岐と愛媛のアウェイ戦にも引き分けているので、今年は四国で負けなしということになった。アウェイではしっかり守って速攻という意識が、うう流れにつながっているのではないか。
 前節の前橋での群馬戦も気温が28度と暑かったが、この日の鳴門も27度と札幌の選手にはこたえるコンディションだった。連戦の疲れもあったのか、前半で荒野とニウドが負傷し、2枚の交代カードを切らねばならなかったのは珍しい。
 その影響で終盤は徳島のパワープレーでさらされたが、G具がビッグセーブを連発して救ってくれた。これまで具のプレーは悪くはなかったが、特段良くもなく私の中では印象が薄かった。
 しかし、この日は長い手足を存分に使って決定機を何度も防いだ。特に良かったのは至近距離からのシュートに対し、動かず倒れずにしっかり正対する体勢がとれていたこと。いいポジションでヤマを張らずに我慢して、シュートに反応することができれば、195センチの高身長から出る四肢に自然とボールが当たるのだ。
 DFがやられたと思った大ピンチをGKが止めてくれる。この日の具のプレーは、守護神と呼ぶにふさわしいものであった。
 荒野の先制点も大きかった。都倉が動いてできたスペースに入り込んでのシュートは、前節の群馬戦と一緒。稲本が絡んだパスというところも同じ。都倉、荒野、稲本のトライアングルができてきただけに荒野のけがが心配だ。」

 

  選手の評価はソンユン、荒野、都倉がB、後はCだった。



 平川さんが言っているとおりソンユンの守護神ぶりが際だった試合だった。相手に崩されそうでも姿勢を崩さずに長い手でボールを弾くのは見事。あの身長であの手足の長さで俊敏なので怖いものなしだ。たまたま当たったというわけでもないだろう。しっかりとコースに入る動きはなかなかのもの。後半相手のシュートを弾いてそのこぼれ球を相手がまたシュートしたのを左手1本で止めたのは圧巻だった。
  このくらいGKがやってくれれば競り合いには勝てる。やはりGKの力が勝敗を左右する。
 得点だが、1点目のシーンはイナと都倉と荒野のコンビネーションのおかげ。この3人のコンビがかなりよい。イナの正確なロングボールと都倉の落とし、荒野の仕上げ。素晴らしい連携だった。平川さんも言っているとおり。荒野の怪我が心配だが、なんとか短い期間で戻ってきてくれるだろう。
 このところ良い形で得点が出ている。このパターンを忘れないで次も複数得点できるように頑張ってほしい。とにかく次も勝とう。



  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

↑このページのトップヘ