勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2015年06月

昨日の試合は先制され追いついてドロー。勝ちきれなかった。
スポーツ新聞は伸二の話題が多かった。


 日刊スポーツから

 都倉のヘッドの落としから今季初シュートに

 伸二「イメージはできていたが、少し遊び心がなかった。もっと冷静になっていれば」
「ここまでベンチに入るだけで出番がなく悔しかった。」
「もっと監督の信頼を得ないと」

 バルバリッチ監督「しっかりボールを動かし決定機もつくってくれた。小野の動きには満足している。」

 伸二「やっと今季の1歩を踏み出せた。歓声がすごくうれしかった。次のステップはゴール。一つチャンスがあった。そういうところを次から決めていかないと」

 内村「ニアサイドに走れば入ると思っていた。もっと精度を上げてゴールを増やしていきたい。」
「引き分けばかりですっきりしない。次のアウェイで勝ってホームの勝利につなげたい。」

 前弟「クロスのスピードは思い通り。中は見えなかったけど、あそこに入れれば、内村さんが狙ってくれていると思っていた。」

 宮澤「(26歳初戦はドロー)追いつけたのは良しとして、逆転できなかったのは残念。セットプレーでも失点は反省が必要。

 櫛引「右DFでフル出場し」もっと自分のところから攻撃に絡んでいかないと。代表では限られた時間で精一杯アピールしたい。


 次は道スポ

 伸二「拍手は嬉しかったけどそれ以上に自分がゴールを決めて喜ばせたかった。」
「都倉からいいボールが来て決めたかったけど、あれを決められないところが自分の足りないところ」
「出られなくて悔しい気持ちはあったけど、とにかく結果を出したかった。」

 バルバリッチ監督「前線にタメが出来てサイド攻撃の時間ができたし、きょうの出来は非常に満足」

 伸二「練習でアピールして先発には入れるように1週間やりたい。次は得点できるようにやりたい。」

 内村「練習でイメージしたとおり」

 大分時代コーチだった柳田監督代行
「彼のよさを出して決定的な仕事をした。」

 内村「18歳の時にお世話になったお兄さん的存在。評価してくれてうれしい。」
「引き分けばかりでスッキリしないし、悔しい。次のホームでは勝ちたい。」


 最後にバルバリッチ監督
(試合を振り返って)
「前半は何もできなかった。判断が遅くコンパクトにできなかった。セカンドボールを拾われ、主導権を握られた。前半で勝負を決められてもおかしくなかった。後半に入ってそこを立て直し、1点を取って流れを作れたが、こういう前半になったのは私の責任。後半は自分たちの試合ができたが、この結果には満足していない。
(サイド攻撃が効果的に機能したことについて)
「後半に関してはトレーニングでやっていた形から2点とれたのがはポジィティブに捉えるべき部分。しかし、結果に結びついていない。それを受け止めて改善していかなければ。繰り返すミスに関しては修正していかなければならない。」
(小野選手が今季初出場だったが)
「チームをもっと活性化させるため、ボールが収まる小野を入れた。前線でタメができたことで、サイド攻撃をする時間をつくれた。連携から荒野へのクロスや、自分も決定機に絡んでくれた。きょうの出来には非常に満足している。」


 昨日は前半を終わって会場からブーイングの嵐。前半はまったく試合になっていなかった。よくここまでホームなのにあんなに酷い試合ができるものだ。ボールが中盤で収められずにセカンドボールはことごとく拾われた。パスミスも多く、ロストボールを繰り返した。やはり全体的に疲労感があったではないかと思う。監督は自分の責任だと言っていたが、まさにそう。昨日のスタメンを選んだ監督のせいだろう。
 そして選手の側にも責任がある。前半まったく前線が有機的に連動できなかった。
 やはりももっとしっかりやらないと。
 後半は前半とは違うチームになったが、1点取ったのはよかったが、続けて点をとることができなかった。
 伸二はそのなかでよいプレーを見せていた。ヒールパスやトリッキーなパス。味方が感じなくてうまくいかなかった部分もあったが、やはりこのチームには伸二が必要。もっと伸二を長く見たかったし、もっと前から見たかった。
 とにかくホームで3戦連続ドロー。1勝2敗と同じ。ホーム通算では負け越しと行っていいのだろう。まったく話にならない体たらく。 
 監督や選手はしっかり反省して欲しいと思う。



   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

 コンサのボールでキックオフ

 いきなり都倉のシュートは枠の左。

 相手のプレスに押されてパスがまったく通らない。

 相手コーナーで集団から離れてきた三平にヘッドでゴールを許す。0-1

 イナのシュートは枠の左。

 ロングボールから内村が飛び出して倒されるがPKにはならず。

 良い位置でFKのチャンス

 福森のFKは都倉のヘッドが相手に弾かれそのこぼれ球を内村がシュートも外れる。惜しい。

 なかなかマイボールにできない。

 相手FKから危ない場面も

 FKのチャンス

 福森のFKから都倉のヘッドは枠の左。

 ロスタイムは1分

 前半終了

 今シーズン1,2を争う酷い内容。

 まったく走れない。パスできない。

 相手の出足にまったくなすすべなし。

 横パス、バックパスばかり。

 たまに後ろでようやくボールを持つも最後は河合に預けて縦ポンであっさり相手のボールになる。まったく話に
 ならない前半。


 相手のボールでキックオフ、イナに代えて深井。

 FKのチャンス

 FKから内村のヘッドは枠の上

 コーナーのチャンス

 コーナーは相手に弾かれこぼれ球を中に入れるもオフサイド

 コーナーのチャンス

 コーナーは相手に弾かれ、ゴメスのクロスはキーパーに

 コーナーのチャンス

 コーナーは相手に弾かれる。

 深井のミドルは枠の上

 宮澤のサイドチェンジから前弟へ。前弟から鋭いクロスは内村が足に当ててゴール。
1-1


 流れがよくなってきた。深井が入ってリズムが出てきた。

 コーナーのチャンス

 コーナーはファウルをとれらる。

 都倉のシュートはキーパーに

 2枚目の交代は内村に代えて荒野

 FKのチャンス。FKは相手に弾かれる。

 3枚目の交代は古田に代えて伸二。

 ようやく伸二の出ばん

 伸二のクロスから荒野のヘッドは枠の右。惜しい。

 宮澤のミドルはキーパーが弾くもオフサイド

 荒野のシュートは枠の上

 都倉のヘッドの落としから伸二のシュートはキーパーに

 ロスタイムは4分

 伸二のコーナーは相手に弾かれる。

 試合終了。

 後半追いついたがそこから勝ち切れなかった。

 まったくホームでやる試合ではなかった。

 特に前半は酷かった。

 前半真っ先にブーイングをした。

 後半は交代策でリズムを整えたが、同点に追いついたプレーは見事だったが、そこから追加点が取れないのは力がない証拠

 まったくこの試合逆転できなければJ1昇格など夢のまた夢だろう。

 後半伸二が出てドームは盛り上がった。

 それがせめてもの救いか。

 まったくホームで勝てないのはどうしてか。

 選手や監督は深く反省しなければいけないだろう。

009
015
017
020


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

明日の大分戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー


          都倉   


   内村         古田


ゴメス                   前弟


    宮澤   イナ     

 福森  河合  櫛引


      ソンユン  


控え 金山、永坂、深井、謙伍、伸二、神田、ナザリト


 システムは3-4-2-1

  パウロンが股関節痛で出場ができない。
  前節のスタメン通り。
 イナや河合は大丈夫だろうか。
  都倉の疲労も心配

  イナは変わりなく大丈夫だろうか。


 GKはソンユン。
 前節は1失点。惜しい失点だった。もう少しで手が届きそうだった。
  唯一の決定機に入れられてしまった、
  しかし、次の試合はやってくれるだろう。
 大分は個の力が強いチーム
  DF陣が奮闘してソンユンのセーブするシーンを少なくしたい。
 まずはゼロ封で


 CBは櫛引、河合、福森


 櫛引は前節、まずいプレーで失点の原因をつくった。この試合はリベンジのチャンス。
  相手FWをしっかり抑えて、ペナ内に侵入させないようにしよう。
 上背の高いエヴァンドロ
  最後に高松が出てくるはず。
 高松を抑えなければ勝てないだろう。
 いかに抑えるか、スピードのある選手もいる。負けないでしっかりついていこう。
  ペナ付近でのファウルは厳禁
 安全なプレーを心掛けよう。


 河合は前節に引き続き先発
  ラインのコントロールをしっかりやって相手をオフサイドの網にかけよう。 
 ラインをできるだけ高く保ってできるだけ下げないように
 ボランチとの距離感を保ってプレーしよう。
 相手の上背のあるプレーヤーに負けないではね返そう。


  福森はインターセプトを積極的に狙っていこう。
  攻撃も守備もしっかり。
 守備では相手のFWの動きをしっかり読んで対応しよう。
  がつがつ行って相手をペナ内に侵入させないで
 攻撃ではクロスの精度を高く。
 アシストを狙っていこう。
 FKも積極的に狙って行こう。


 ボランチは宮澤とイナを予想。


  宮澤は前節素晴らしいゴールが決まった。
 この試合もシュートを狙っていこう。
  セカンドボールを積極的にひろっていこう。
 相手のボランチに負けずにしっかりとボールを捌いてほしい。
 攻撃では起点になる働きをしてほしい。
  イナとのコンビで素早くボールを前線に運んで行こう。
  守りではしつこくマークして相手を釘付けに
 攻撃では手数をかけずに前線にボールを運んでいこう。


 イナは前節もいまいちの調子だった。
 疲れが残るがやってもらおう。
 後半の深井との交代までは相手をしっかりマークして相手のボランチに仕事をさせないようにしよう。
  いつものイナのプレーを見せてほしい。
 効果的なパスを入れよう。
  シュートも狙っていこう。
  正確なクロスを入れて行こう。
 

  

  ウイングバックは前弟とゴメス

 前弟はこのところ好調。前節はアシストもあった。この試合は是非ともゴールを狙っていこう。
 体が強くて、当たりに強い。前でタメを作れる選手。とにかくホームなので思い切っていこう。プレーを積極的に行えばいいことがあるはず。
 クロスの精度やパスの精度を高めて決定的な仕事をしよう。
 シュートは枠内に狙っていこう。


  ゴメスの調子は前節怪我明けであまり良くなかった。
  しかし、内村への決定的なクロスもあった。
  明日は同じように決定的なクロスを入れて欲しい。的な
 いつものように運動量を増してどんどん動き回ってほしい。
 攻撃ではボールを運んでサイドを積極的に上がろう。
 相手のサイドハーフに仕事をさせないようなプレーを
  サイドの奥深く入っていけばチャンス
 そこからクロスを入れてほしい。
 また、サイドから中へと入っていく動きをしてシュートまでもっていこう。
 相手サイドの上がったスペースをついて攻撃していこう。

 
 シャドーは古田と内村

 古田は前節粘り強く戦って先取点の起点になった。
  このところ調子がいい。思い切ったプレー、割り切った攻撃を仕掛けている。
 この試合もサイドの奥深くでボールを持って 相手の嫌なところを動き回り、シュートまでもって行こう。
 FWとのワンツーもどんどんやってほしい。
 シュートは正確に。特に枠にいれてゴールを狙おう。w
  DFの裏はねらい目。特にサイドバックの上がったスペースがチャンス。是非とも狙っていこう。
 裏をとってシュートまでもっていこう。


  内村は前節は惜しいヘッドがあった。
 もう少しでゴールに近づいている。
  都倉とのコンビでボールを前に運んでシュートまで持っていこう。
 相手のパスワークを寸断するために厳しく前線からプレスをかけよう。そして相手から ボールをかっさらってゴールしよう。
 相手の横パスバックパスがねらい目
 それを奪ってショートカウンターを決めよう。
 都倉と古田とのコンビネーションを密にしてシュートまで持って行こう。
 とにかくゴールをとってほしい。
 
 都倉は前節はノーゴールだった。疲れも見える。しかし、やはり都倉にかかる期待は大きい。都倉が決めれば勝利が近づく。明日もゴールを決めよう。
  イナや福森、ゴメスからのクロスもあるはず。そこをしっかり受けてシュートまでもって行こう。いつものように積極的なプレーをすれば勝利が近づくはず。
 とにかく都倉のゴールでがほしい。


  大分は個々の能力の高い選手が揃う。それがうまく絡んだら脅威のチームとなる。今はまだ有機的にうまくいっていない。ここがチャンス。
 前から前から行って相手にロングボールを蹴らさないようにしたい。
 相手は縦に早い攻撃をしてくる。それをできるだけさせないようにしなければいけない。
 守備では相手のサイドの選手にクロスを上げさせないことが肝心。
 簡単にクロスを上げさせてはいけない。
 中に高い選手がいるので、注意したい。
 攻撃では相手DFの裏に走っていきたい。
 パスワークで崩すのもいいだろう。
 とにかく素早く攻撃しよう。
 明日は特に内村のゴールが見たい。
 内村はここのところゴールがない。5月の磐田戦以来となるゴールを見たい。
 ナイターのホームはあまりよい結果を出せていない。
 そのジンクスを破って快勝したい。
 相手は最下位と言ってもまったく侮れない。力のあるチームだ。
 勝つのも簡単ではないだろう。
 しかし、上位に行くには勝たないと話にならない。
 とにかく勝って久々のホームで喜ぼう。



  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 
  大分戦の展望(メイン)はこちら

 今日の日刊スポーツには櫛引のことが書いてあった。
 右CBでの出場が濃厚とのこと。

 パウロンが股関節痛で出られないようなので櫛引に頑張ってもらわなくてはいけない。

 櫛引は忙しい。

 29日の大分戦後は30日に仙台に移動して、1日にU-22コスタリカ戦。2日に札幌に戻り3日に横浜に移動して4日に横浜FC戦。まったく息もつかせぬばかりの日程だ。

 6日で3戦、空路移動が3回というハードスケジュール

 櫛引は「3戦すべて結果を出して自信を深めたい」といっているが頑張ってこなしてほしい。

 櫛引といえば前節の北九州戦
 まずい対応で失点をしてしまったが、期するものはあるだろう。

 相手のDFに負けない力強さとポジショニングでまずは大分戦ゼロ封してほしい。

 そういえば北九州戦の前にはU-22代表の連絡はきていたらしい。ノノさんはあえて櫛引に知らせずにいたらしい。知らせていればあの失点はなかった?うがった味方だが知らせていれば違った結果になったかもしれない。

 DFは89分しっかり守っていても1分対応がよくなくて失点の原因を作ってしまえばボロクソに言われる。北九州戦も櫛引が非難されたが。これを糧に頑張ってほしい。まずは大分戦。90分集中して絶対に相手FWを前を向かせない。シュートを打たせない。を実践して欲しい。櫛引は奈良がいなくなって、成長した。今年は1本立ちをしなければいけない。

 コンサのDは櫛引と言われなければいけない。もはや櫛引にDFは任せたとサポーターや選手の間に認知してもらわなくては

 次の大分戦は先発出場は間違いないだろう。とにかく相手をゼロ封して久しぶりにホームで勝利を見させて欲しい。



   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

 伸二が復帰した。左膝を痛めていたが全体練習に復帰した。

 どうやら大分戦は大丈夫のようだ。サポーターからも伸二の出場を願う声が日増しに高くなっているが、はたして監督は大分戦には使うだろうか。

 サブメンバーには入るとは思うが果たして次の試合は出場するだろうか。もっとも当然、試合の流れでかわってくるのだが、これまでの試合は伸二が出場しなかった。

 伸二を使うのは難しいと監督が考えているのだろう。やはり前からのプレスと守備が心配なのだろう。しかし、多少は守備に目をつぶっても使ってみるのも手ではないかと思う。使うとすれば、左シャドーか。シャドーも本来ならしっかりと守備をしなければいけない。

  サポーターとしては伸二を見たい。途中出場でいいから。という思いが強いだろう。

  さて監督はどう考えているか。出すとしたら複数点リードして最後の5分、10分というところだろうか。まず大分戦がそのような展開になればいいのだが。ここまでなかなか複数得点できていない。やはりそのためには攻撃陣の奮起が必要。伸二がのびのびとやるためにはやはり初めは厳しくない場面で投入するのがいいのだろう。

 大分戦伸二を投入するために何とか複数得点をとってリードした状態で後半いきたい。そうなると伸二を見ることができるかもしれない。


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

↑このページのトップヘ