勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2016年12月

 日刊スポーツに担当記者の振り返る2016年ということでコンサの話題が載っていたので紹介したい。(永野記者)


 「5年ぶりJ1昇格を果たした札幌の合い言葉「一体感」を物語る出来事があった、開幕後、各クラブが途中補強に動く第2登録期間の7月、DF櫛引に他クラブからオファーが届いた。リオ五輪代表候補でもある若いセンターバック。出場機会も減っており、興味を示すクラブは多かった。
 シーズンは、まだ半分、必要でないピースは1人もいない。そこで、野々村芳和社長(44)がクラブの意志を明確にした。「この夏に、1人も他クラブに出さない。チーム一丸でJ1に上がるんだ。」鶴の一声で移籍話はなくなった。
 その後櫛引は9月に右膝ない内側副靱帯損傷で長期離脱した。出場機会が減る中での負傷。それでも腐ることなく復帰を目指し、予定を前倒しして10月に練習復帰した。「早く治してくれたスタッフに恩返しするために試合で頑張らないと。」
昇格を確実にした11月12日千葉戦。2-2の後半45分、FW都倉が疲労したため3人目の交代選手として櫛引が起用された。ドローでも最終戦に望みを残す状況。FWを下げDFを投入する交代は、相手の千葉に、札幌が積極的に攻めてこないと油断させた。これが、DFの一瞬のスキをつくり内村のV弾につながる。
 櫛引は終盤の1分の出場も、当時が8月11日横浜FC戦以来3ヶ月13戦ぶりの復帰戦だった。直接得点に絡んだわけではないが、MF菊地、DF増川ら3バックの軸が相次いで負傷離脱したシーズン終盤の戦いを支える貴重な存在になった。
 20日の最終金沢戦でも先発フル出場し無失点で昇格に貢献。社長の一声でチームに残り、献身的プレーに徹した1選手の姿勢に、今季の強さが凝縮されていると感じた。」


 夏の出ていく移籍がないと思ったらこういうことだったのか。やはりチームでストップをかけていたんだ。櫛引は今年はよく腐らずやっていたと思う。進藤にポジションを奪われ、菊地が入って先発の芽がほとんどなくなった。怪我をしたということもある。しかし、競争でなかなか勝てなかったのも確か。
 誰も夏の移籍で出さなかったのはなにかあると思っていたが、ノノ社長がとめていたとは。やはりそれは仕方がなかったのだろう。チーム一丸となってJ1を目指すには妥当な判断だったと思う。
 櫛引は名古屋に移籍した。レンタルなので帰ってくる可能性も高いが、名古屋をJ1に上げるために頑張ってほしい。


 2016年コンサにとってはよい年でした。このブログも初めてから8年たちました。なんとか毎日更新しています。コンサの話題だけではなく他の話題も載せたいと思っているのですがなかなか思うとおりにいきません。来年も肩肘はらずに好きなように更新していきたいと思います。

 
今年1年見ていただいた皆様ありがとうございました。来年も皆様にとって良い年でありますように。
 来年もよろしくお願いします。




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

     孔明ツイッター

     勝手に叱咤コンサ

 ここまでの補強はユースの2人のトップ昇格、仙台からの金園とキムミンテの獲得

 これまで、報道があったのが千葉の近藤、神戸の田中、横浜FMの兵藤

徐々に名前が出てきて、近日中に正式に発表される補強もあるらしい。

 しかしここにきて近藤は千葉残留が濃厚で獲得を断念したとの報道が

 はたしてどうなるのか。他の選手は見つけられるのか。
 

 他の選手をとれたとしてもCBはもう1人必要。増川が夏まで出られないことと、櫛引、内山の退団でチームはCBが少なくなっている。

 昨日のTVHの四方田監督のインタビューでは保有メンバー中心ながら全てのポジションに補強が必要と言っていたが、やはり残留するには大幅な補強が必要だと思う。ここで金を出し惜しみしてはいけない。夏の市場で少しは残しておきたいが、できるだけこのシーズンオフで有効なお金の使い方をしてほしい。

とにかくここ2週間が勝負。三上さん筆頭に強化部は頑張ってほしい。



    
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

     孔明ツイッター

     勝手に叱咤コンサ

 本館の方に神戸の田中にオファーというブログを書いた。

 ゴメスの代わりになる選手だろう。

 交渉がうまくいってくれることを願いたい。

 千葉の近藤も以前記事があったがまだ音沙汰ナシ。

 31日までに決まるだろうか。

 そういえば契約合意選手の発表がない。

 昨年は仕事納めにやっていたように記憶しているが、今年はなかった。

 はたして年末までにあるだろうか。

 まさか難航している選手がいるなんて信じたくないが、

 多くの選手の報告をしたいので、手間取っているのだろうか。

 それとも31日ぎりぎりまで、交渉していて31日を目処にだすのだろうか。

 それとも年明けに出すのだろうか。

 サポーターもやきもちしている。

 契約合意選手はやはり年大晦日までに出して欲しい。





    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

     孔明ツイッター

     勝手に叱咤コンサ

 道新平川さんの「燃えろ!コンサドーレ」



タイトル 「オフはリフレッシュ 体をケア」



 「激動のシーズンを戦った選手たちは、どのようなオフを過ごしているのだろうか。J2は長丁場ということもあるが、フィジカル的な能力がないとやってはいけない。サッカーのリズムが速いために運動量が要求され、球際での競り合いもJ1よりある意味激しい。

 当然、疲労が蓄積しそれが肉離れや靱帯(じんたい)損傷などの故障へとつながるのだ。シーズン終盤にけがもなくピンピンだなんて選手は、間違いなくいないだろう。

 今季札幌でも稲本、深井、増川らがひざの靱帯損傷、杉山がアキレス腱(けん)断裂のけがを負った。肉離れは、ほとんどの選手がやっているのではないだろうか。それほどサッカーという競技の体力的な消耗度は高い。まずは体の手入れ、けがの治療に選手は神経を注いでいることだろう。

 どの世界でもそうだろうが、商売道具を雑に扱う者は大成しない。今は専属のドクターやトレーナーを雇い、体のメンテナンスをする時代なので自己流が当たり前だった私などは化石と呼ばれてしまう(笑)。

 毎年この時期にグアムに、「チームカズ」を引き連れてトレーニングをするカズくらい稼ぎがあるなら専属トレーナーやシェフを雇ってもいいが、札幌の選手にそんな稼ぎはないだろう。

 それは冗談だが、治療だけではなく筋肉や関節をバランスよく強化することがけがの予防につながる。ある程度の完全休養は必要だが、筋力トレーニングだけは持続した方がいいと思う。

 激しいシーズンを戦ったのだから、休むのは当然のこと。オフで一番重要なことは、またサッカーがやりたいとフレッシュな気持ちになれるかどうかである。メンタル的にリフレッシュしなければ体もついてはこない。

 家族、彼女との旅行で英気を養い、海外リーグを観戦し刺激を受ける。この時期はウインターブレークで各国リーグは休みなので、中断のないイングランド・プレミアリーグ観戦が多いのでは。札幌の選手も何人か行っているはずだ。選手の一般的バケーションは、大体こんなところだろうか。

 札幌は来年1月12日からトレーニングが始まる。そこから逆算して、いつからスイッチを入れるかが大事。それは個人差があるので一概ではない。私はべったり休む勇気がない小心者だったので、ちょこちょこ動くタイプだった。

 オフを丸々休んで全く走れない体でキャンプに来る外国人助っ人が結構いるが、信じられない。そこからコンディションを戻す自信があるからか、文化の違いからなのか。ヘイスはけがもあり、ブヨブヨの体だった。来年はキッチリ仕上げて来ることを願う。」


このオフどのように体の手入れをするかで来年の体調が決まるといっても過言ではないのだろう。まずは温泉など行ってしっかり体を休めてほしいと思う。
J1は確かに球際の競り合いはそんなに厳しくないが、パスのスピードが速く、守備をしているとどんどん左右前後に振られる。その疲労が重なって怪我の要因になってくるのではないかと個人的には思っている。
そしてJ1で戦える体を作ってほしい。
オフは休むときには休んで、やるときにはしっかりやって、調子を整えてほしい。
心配なのはヘイスと福森
キャンプにパンパンな顔で合流してほしくない。(笑)
オフ期間はしっかり自己管理をしてほしい。



   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

     孔明ツイッター

     勝手に叱咤コンサ

 全日本ユース(U-15)サッカーで

 コンサユースU-15が準決勝で湘南ベルマーレを撃破。決勝に進んだ。

 昨日本館の方にも書いたが、見事な勝利。6-0で完勝した。

 前半2点、後半は一気に4点をとって勝負を決めた。

 素晴らしい試合だった。

 決勝戦は明日の13:00から行われる。BS朝日が生中継するので道内のサポーターも見ることができるだろう。

 私は仕事なので生で見られないが録画して見たいと思う。

 対戦する清水は決勝をPK勝ちで苦しんできた。

 清水とはこれまでよい戦いをしてきたので、接戦になるだろう。

 なかなかの強敵で、厳しい戦いが予想されるが、普段通りの戦いをすれば必ず勝てると思う。

 ここまでは無失点と抜群の攻守の安定感が光る。コンサユースチーム。

 清水相手にもそれができるかが注目だ。

 とにかく頑張って勝ってほしい。

 期待している。



   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

     孔明ツイッター

↑このページのトップヘ