勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2018年04月

 昨日千葉に屈辱のBリーグ開幕から14連敗を喫したレバンガ北海道

 しかし、ほかのチームが負けたため、残留は決定した。

 目標だったプレーオフに進出できず、強豪そろう東地区のなかでなんとか残留という最低目標は果たしたが悔いが残るシーズンになった。ここまで初の6連敗。なかなか攻守がかみ合わず。苦しい戦いを演じている。

 水野HCは「チームが1つにならないといけないときになりきれなかった」と言っている。一時は東地区3位になったこともあったが、じりじりと順位を現在6位。最下位となっている。

 しかし、まだ試合は3試合残っている。アウェイ1戦、ホーム2戦。順位を1つあげて5位でフィニッシュしたい。ここにきてけが人が増えたり復帰したりしてなかなか全員がそろわないが、まずは連敗を止めてほしい。

 最後ホームでやれるというのも追い風になるはず。

 最後の3試合は有終の美を飾ってほしい。

 レバンガはトラソリーニというエースがいるがトラソリーニに続く得点をとる日本人選手がなかなかいない。トラソリーニがマークされればとたんに苦しくなる。また細かいことを言えば全体的に身長が高くないせいか、リバウンドがなかなかとれない。ここを改善しないといけないだろう。またここぞというときにパスミスなどミスが多いチーム。ミスをできるだけ減らしていくのも必要だと思う。

 とにかく残り3試合。悔いのないようにやってほしい。

 頑張れレバンガ




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

 今日はなぜか引き分けなのにスポーツ新聞全紙買ってしまった。


 タイトル

 日刊「8戦不敗札幌」

 道スポ「10人でも負けない。札幌」

 報知「コンサ10人で価値あるドロー」

 スポニチ「8戦連続勝ち点コンサ」


 選手たちの言葉


 日刊

 ミシャ「(勝ち点を)1ポイント取れた。満足できた試合。」

 チャナ「点がとれてよかった。(勝てず)悔しかった。」
「連戦で疲労感が残っているけど、切り替えて次の試合に向けていかなないといけない。」 福森(ボランチは試合開始数時間前に言われた)「(DFでも)どっちでもやれる準備はしていた。(チームとして)1人少なくなっても点を取れるのを証明できたけど。(相手の)最後の粘りをもっと気を付けないといけなかった。勝ち点2を落としたゲーム」


 道スポ

(チャナの都倉へのパスに)駒井「今のは打つところだ。(叱咤)」

 チャナ「都倉の方にスペースがあると思ったけど、いま振り返ればシュートだった。」

(チャナの得点)駒井「シュートを打とうと思ったけど、相手DFがチャナから離れたのが見えたので、パスに切り替えた。」

 チャナ「勝利につながればよかった。」

 駒井「あいつがもっと点を取ってくれないと、俺たちも上に行けない。言うときは言わないと」

 福森「うまく回転をゼロにできた。」「クロスが上がった時点で中に入ろうと思った。菅の体が中に向いていたので来ると思った。」


 ミシャトーク

抜粋
(試合を振り返って)
「試合の入りは悪くなかったが、1-0でリードしてから動きが少なくなり、奪ってもボールロストすることが多くなった。」
後味の悪い印象はあるが、敵地で暑い中、1人少ない状況を考えれば、1点(勝ち点)取れたのは前向きにとらえていいし、満足できるもの」
(DF福森をボランチで先発させた。)
「相手は前からプレスをかけてくると思い、技術の高い福森を左ではなく真ん中に置いて、前にパスを供給した」


 報知

 福森「最後の場面でラインを1メートルでも2メートルでも前に出られるようにしないと。」

 チャナ「あの失敗があったからこそ、ゴールにつながった。入ってよかった。」


 スポニチ

 チャナ「(ミンテが)退場したけど、チームワークでみんなが助けなきゃいけないから。」


 チャナのシュートしなかったことで駒井が怒っていたとは知らなかった。確かにあれはチャナはシュートを打たなければいけなかった。ダゾーンのスローでは全身を使って怒っていた駒井の姿があった。しかし、そのあと点をとったから良しとしなけばならないだろう。
しかし、惜しかった。勝てた試合だった。最後の30秒を守れたら勝っていた。
ミンテが退場しなかったらミンテと都倉が残り、高さ勝負で負けなかっただろう。
しかし、いつまでも悔いても仕方ない。すぐ次の試合が始まる。またアウェイだが今度こそ勝ち3をとらるうように準備しよう。



    
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

 コンサのボールでキックオフ

 都倉のクロスはキーパーに

 菅のクロスに都倉の折り返しはキーパーに

 三好のクロスはキーパーに

 三好のスルーパスに都倉のトラップは大きい

 進藤のクロスのこぼれ球を菅がとって福森へ福森がシュート。ゴール。1-0

 宮澤がボールをとられ危ないシーンもソンユンがにナイスセーブ

 FKのチャンス 福森のFKはGKの真正面

 ソンユンのパスミスから危ないシーンが

 ミンテにイエロー

 都倉にイエロー

 相手にボールを持たれて回される。

 しかし、ブロックを作って決定的なシーンを与えない。

 チャナのクロスはキーパーに

 ロスタイムは2分

 前半終了

 なんとかしのいでいるが危ない場面もある。後半追加点をとらないと勝てないだろう。
 



 後半は相手のボールでキックオフ

 三好に代えて兵藤

 相手に中をドリブルして突破されミンテが交わされてゴールを許す。1-1

 駒井のクロスは都倉に合わずGKに

 2枚目の交代は菅に代えて宮吉

 左WBに直樹、CBに福森、ボランチに兵藤

 右サイドからのクロスは合わない。

 ソンユンが遅延でイエロー

 右サイドから駒井の突破で宮吉が折り返してチャナがキーパーと1対1そして打たずに

 都倉へパスも相手にはじかれる。なぜ打たない?

 宮吉が右サイドから突破してクロス。直樹がかすって、宮澤もシュートが打てない。惜しい。

 FKのチャンス

 福森がちょんとあてて都倉のヘッドはタッチを割る。

 コーナーのチャンス

 福森のコーナーはミンテに合わない。

 ミンテがコーナーの判定で主審に異議を示しイエロー2枚目のレッド。退場

 1人少なくなる。

 3枚目の交代は都倉に代えて早坂。早坂が右。チャナがワントップ

 駒井は左

 左から駒井が突破して折り返してチャナへ。チャナがシュート。ゴール。2-1

 ロスタイムは4分

 クリアするも相手にもたれる。

 兵藤がペナの前でファウルする。FKをとられ、そのFKは壁に当たってコーナーに

 1本目のコーナーは防ぐが。2本目のコーナーでニアにすらされて失点2-2

 試合終了

  なんとも残念な試合だった。

 最後逃げ切れると思ったが、兵藤の不用意なファウルからコーナーの失点が痛かった。

 そしてミンテのどうでもいいところでもイエロー。1枚もらっていになぜそこで熱くなる?相手は鹿島戦でミスをした中村主審。未熟な審判だ。なにかやらかすとベンチはしっかり選手に伝えていなかったのか?

 本当にどうしようもない。

 勝ち点2を失ってしまった。まったく残念




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

明日のアウェイ仙台戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー


         都倉        


     ヘイス     宮吉          


菅                駒井


     宮澤      深井


 福森    ミンテ     進藤                  


       ソンユン  


 控え 菅野、直樹、兵藤、早坂、荒野、チャナ、ジュリーニョ

 システムは3-2-2-2-1
 
 前節はホームで逆転勝ち
ボールをもたれることが多かったが、後半勝負に出て少ないチャンスで逆転勝ちした。
昨年アウェイで仙台では開幕戦で負けただけに必ず勝って帰りたい。
 
  GKはソンユン。
  前節は1失点。防ぐのが難しい失点だったことは確か。
  しかし、スーパーセーブが何本かあった。
 ソンユンのセーブで勝ったともいえる。
  この試合もしっかり守って得点をとって逃げ切ろう。
  GKからの組み立てで、すばやくパスをまわそう。
  相手は厳しく前からプレスをかけてくる。
  安易なパス回しは危険
 相手のFWが厳しくきたらミシャも言っているとおり、ロングボールで逃げるということも必要だ。
 CKは出るか出ないか判断を速くしたい。


    CBは福森、ミンテ、進藤

   福森は前半は守備的になってもやむを得ないだろう。
   もちろん攻撃で上がっていった時に周りのフォローが必要だ。
   パスをとられると一気にカウンターのピンチが生じる。
 ここ何試合かパスミスがみられるので注意したい。
   チャンスとあらば積極的にあがっていきたい。
   コーナーやFKはチャンス
 特にFKは狙いを定めて直接ゴールに蹴り込もう。


  ミンテはスイーパーで前節に引き続き先発
  前節は危ないパスミスがあった。失点にはいたらなかったが、注意したい。
 相手のFWはボールをキープするのがうまいので、負けずに競ってボールを奪いたい。 ミンテは安全策をとりつつ、思い切り行くときには思い切りボールを刈り取って前に出していきたい。
 相手のカウンターは要注意。
  相手はサイドからの侵入を図ってくるので注意したい。
  相手のシャドーが飛び出してくるのでマークをしっかりしたい。
 攻撃時のセットプレーでは、よいところに入ってシュートを狙っていこう。
 
 進藤は前節も先発だった。
  そして決勝点をあげた。
 前節はコーナーから失点した。
 今度はしっかりマークして失点しないようにしたい。
 また攻撃時のケアを忘れずに。
  前掛りになっているときのケアをしっかりやりたい。
 攻撃ではサイドを駆け抜けえぐっていこう。
 チャンスとあらばシュートまでいきたい。
 まあセットプレーではまた得点をとりたい。


  ボランチは宮澤と深井

  宮澤はバランサーとしてよくボールのあるところに顔を出している。この試合もスペースをうめてうまく味方を生かしたい。
 宮澤はパスミスは少ないが気をつけてパスをしていこう。
 守るところはしっかり中盤で相手に厳しくプレスをかけて守ろう。
 序盤で失点しないようにしっかり守ろう。
攻撃では前線に飛び出し、スペースに飛び出していこう。
  チャンスがあればミドルも狙っていきたい。


  深井はこのところ連戦で先発をしているが途中交代をしているので大丈夫だろう。
  もっぱら後ろを気にしながらバランスをとって守りに専念するポジション
パスミスは命取り、危険なシーンを作らないようにしたい。
相手のカウンターは要注意、水際で止めたい。
 厳しくいくところは行って危険な場面を作らないようにしたい。
  またGKからのビルドアップは注意しないといけない。相手のプレスに戸惑わないで素早くパスをつなげ前線に出したい。


 ウイングバックは菅と駒井

  菅は前節アシストをした。後半でよく動いていた。疲労が心配だが、がんばってプレーしてほしい。
 サイドを積極的に上がっていきたい。
  思い切って縦に飛び出し、左サイドを制圧しよう。
  クロスはゆっくり丁寧に。
  ドリブルを積極的に仕掛けて行こう。
 中に入る動きを見せてサイドに流れるなど考えた動きをして相手を翻弄しよう。
 チャンスがあればシュートを積極的に狙っていきたい。
  守備では福森との連係をしっかり。裏をとられないようにポジショニングをしっかりしたい。
 
  右ウイングバックは駒井
 前節はあまり目立たなかった。
  この試合はサイドをどんどん攻めていこう。
  サイドをどんどん上がっていき。ラストパスは丁寧に入れて行きたい。
  相手のサイドは強力なのでサイドの主導権争いには負けてはいけない。
 クロスは気をつけて丁寧に入れたい。
 決定的な仕事をしたい。
 駒井の決定的なパスから得点をしたい。
  得点にからんでほしい。


 シャドーはヘイスと宮吉

  ヘイスは久々の先発
  前線で起点を作ってタメをつくって攻撃にアクセントを加えたい。
 パスは丁寧に出して、決定的なシーンを演出しよう。
  スペースに入って行ってシュートを狙っていきたい。
 チャンスはあるはず。決定的なシーンを演出し、シュートをしていきたい。
  FKのチャンスがあるかもしれない。必ず枠に入れて、ゴールを決めよう。 


  宮吉はこのところ好調
 前線で決定的な仕事をしよう。
 DFの裏を抜けていくプレーをしてシュートまでもっていきたい。
 駒井とヘイスと都倉とのコンビで前線を動き回りパスを引き出そう。
 決定力をもっている選手。その決定力を生かそう。
  サイドからのクロスに反応してシュートまでもっていきたい。
 相手が3バックなのでサイドに流れて数的優位を作って攻撃する形もいい。


  都倉は前節も点をとった。これで今シーズン4ゴール。
 ジェイが怪我で離脱し都倉が連戦で出場でかなりきついと思うががんばってプレーしてほしい。
 前線で体を張ってボールを収めることがうまくなった。そこで落ち着かせて2列目、3列目の上がりをまとう。
 スペースがあけば入っていきシュートを打っていきたい。
  ヘイスと宮吉とのコンビでパスをまわして決定的な形をつくりたい。
シュートは必ず枠に。
回りも決定的なシーンを演出して都倉にパスをまわそう。

 
 控えの直樹は前節は左ウイングバックで途中交代で入った。CBで入るかWBかはわからないが出場したらしっかり守って失点しないようにしたい。
サイドからの攻撃に気をつけたい。クロスには体をつけて対応したい。競り合いに負けないで跳ね返したい。
攻撃ではチャンスとあらば積極的にあがって、クロスまでいきたい。 


 控えの兵藤は前節は途中交代で入った。流れを変えていきたい。攻撃では前に積極的に出て行って前線と絡んで決定的な仕事をしたい。
この試合も攻守の要として躍動して欲しい。
 兵藤はここぞというところで入るはず。シャドーとしてボランチとしてコンビで相手の攻撃を防ぎ、こちらの攻撃の起点になりたい。運動量でどんどん前線に顔を出して動き回ってアグレッシブにボールを動かしていきたい。
 ミドルも積極的に狙っていきたい、


  控えの荒野は前節途中交代で入った。
  まずまずの動きをみせていた。
 この試合も出場するはず。中盤で動き回りピンチの芽を摘み取りたい。
ここ最近パスミスが目立つ。しっかり味方の動きを見てパスを出したい。
 相手とのセカンドボールの拾い合いには負けないようにしたい。
 決定的なパスを出せるように回りをしっかり見て出していこう。
  チャンスがあれば前に出てシュートを狙っていきたい。
 コースが空く場面があるはず。果敢に狙っていきたい。
 

  控えの早坂はCBもうまくなくこなしているが、やはり本職は攻撃的なMF。 
 出場したらとにかく裏を狙われないようにしてほしい。
 高さ勝負では負けないはず。ロングボールの対応をしっかりしてほしい。
  サイドで出場したらどんどんサイドを駆け上がってほしい。
 守備では裏を取られないようにポジションをしっかりしよう。
  運動量で圧倒しよう。


  控えのチャナは前節は空回りした面もあった。控えからの出場になるかもしれないが、出場したら得意の運動量で前線をかき回してほしい。
 スペースに抜け出す動きを頻繁にして相手を混乱させよう。
 前線でボールをキープして、タメをつくりFWへパスを送ろう。
 前後左右に動き回り、決定的なシーンをつくってゴールに迫ろう。 ゴール前でドリブルで仕掛けて、相手のミスを誘おう。


  控えのジュリーニョは出場したら、前線でスペースに抜け出し、シュートのチャンスを狙おう。ドリブルで突破する動きもしたい。
 相手のペナ付近で仕掛ければチャンスが広がる。どんどん仕掛けよう。
 またワンタッチでパスをまわして相手の嫌なスペースに入り込んでいきたい。
  シュートをたくさん打とう。


  仙台は攻守の切り替えが早く、プレスは厳しい。
 ボールを持って躊躇していたらすぐ囲まれる。
  すばやくパスをつなげて前線に持ち込むことが必要だ。

 仙台は守備は堅い。5バックになって守ってくる。
 こちらとしてはすばやく攻撃することが肝心だ。
 仙台はパスワークが長けていてワンタッチでパスをまわしてくる。
 プレスにいくタイミングと強さをしっかり測らなければ簡単にパスをまわされてしまうだろう。

 こちらも前から厳しくいきたい。
  連戦なので、体力は厳しいだろうが、前半と後半の戦い方にメリハリをもってしっかりと戦ってほしい。
 仙台にはアウェイでは成績が悪い。今度こそ勝ってリベンジしよう。




   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

 今日のスポーツ新聞大人買い。

 道スポが1面

 日刊とスポニチが裏1面

 報知も割合記事が大きかった。


 タイトル

 日刊「進藤V弾横浜初撃破」

 道スポ「札幌7戦不敗進藤V弾」

 報知「7戦負けなし都倉13戦不敗弾、逆転進藤弾」

 スポニチ「進藤V弾」


 選手たちの言葉

 日刊

 ミシャ「(前半劣勢に見えたのは)後半のやり方で90分通して戦うのは難しい。アグレッシブに前からプレッシャーをかけて」

 進藤「信じて入っていけてよかった。」

 都倉「試合を積み重ねるごとにチームに一体感が増している。逆転勝ちになっている。」

 ミシャ「どんな試合でも、練習でも、100パーセントでやってくれているのが強さの秘密。」

 都倉「(後半の)早い段階の得点につながってよかった。」
「僕の役割はゴールをとること。」

 (天野のFKをファインセーブ)ソンユン「ミーティングで質の高いキッカーがいることを確認していた。最後まで集中していたので体が反応できた。」


 道スポ

 進藤「迷ったけど、しっかりゴール前まで戻ることでできてよかった。今までの中でベストゴール」

 (試合後)ミシャ「今度は都倉を休ませてFWで使う」(冗談)

 進藤「しっかり準備したい。」(笑)

 都倉「早いタイミングで右足にコントロールできてよかった。」
「相手のミスを誘発させて、いいカウンターにつながった。」
「試合ごとに一体感は増しているし、積み上げているから後半の勝ち越しにつながっている。きょうも勝てたので、強みをもってアウェイに乗り込んでいきたい。」

 菅「いいボールを上げられてよかった。空いたスぺースに上げられれば誰かが決めてくれると思ったが、進藤が決めてくれた。同じプレーを練習していた成果が出たが、10試合1アシストは少ない。満足せず高いところを目指していく。」

 ソンユン「最後の最後まで集中力を維持できた。体が反応した感じだった。去年は自分のミスでチームが負けた。1点分くらいは借りをかえせた。」


ミシャトーク
抜粋
(試合を振り返って)
「前半リードされて折り返したので、後半はより前からプレッシャーをかけて、アグレッシブに戦おうと話した。」
(どこに手ごたえを感じたか。)
「疲れている中でも、選手たちはどんな状況でも100%の力で取り組んできた。今日も劣勢の中でも強い精神力で戦えた。自分たちを信じて毎試合戦っていく。」


 報知

 宮澤(前半は)「相手の外しがうまくて後手後手になった。」
(後半は)「人にしっかりついて。前線から奪いに行こうとなった。1対1の局面で運動量勝負になれば、ボールを取れるベースがある。」

 進藤(一人両手を広ろげピッチに立ち尽くした。)
「みんな僕の扱いがわかってきているので」
(いじられ役を務めることが多い。)


 スポニチ

 都倉「ベンチで進藤が決めたら(祝福に)行くなという指示が出ていた。けど、ヘイスはわからずに喜んでいた。」


 進藤が決めたらベンチは喜ぶなという指示がでていたそうだ。どうりで進藤が決めた後ベンチの輪に進藤が入っていなかった。てっきり都倉だとばかり思っていた。(笑)
しかし、最後勝つことができてよかった。このような状態だとダメかと思った。後半かなり前から行くようになり、ようやくチャンスがつくれた。計算だとはわからなかった。しかし、前半はそれにしても悪かった。あまりにも引きすぎ。もっと前からいってもよかった。前半何本もコーナーをとられたのも問題。あまりに受け身になりすぎた。
後半は少ないチャンスで2点とった。福森や菅のクロスは正確だった。やはりキチンとクロスが入れば違う。精度のたかいプレーを引きつづきしてほしい。
そして昨日は右サイドがあまり良くなかった。三好の低パフォーマンスが原因だが、三好はこんなに連続して試合に出たことはなかったはずだから考え直さなければいけないのではないか。


   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

↑このページのトップヘ