勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

2019年06月

先発メンバー


     ジェイ


 武蔵              ロペス


菅                           ルーカス


       深井   荒野


  福森  ミンテ  進藤


        ソンユン


控え 菅野、直樹、白井、早坂、檀崎、ふじれん、岩崎


相手のボールでキックオフ

福森のロングシュートは枠の右
 コーナーのチャンス

 福森からのコーナーにあジェイのヘッドは枠の左惜しい。

 だいぶ押し込んでいる。

 福森のコーナーはキーパーに

 相手のコーナーからシマオにヘッドを許し失点。0-1

 コーナーのチャンス

 ルーカスのコーナーからジェイのヘッドは枠の上

 菅のクロスはタッチをわる。

 進藤がドリブルして武蔵へパス

 キーパーをはずすがタッチが大きくタッチを割る。

 ルーカスからのクロスに武蔵がヘッドで落として、ロペスがゴール。1-1

 コーナーのチャンス

 福森のコーナーから進藤のヘッドは相手にわたりロングシュートもソンユンが戻る。

 菅のクロスはキーパーに

 ロスタイムは2分

 コーナーのチャンス


 福森のコーナーはミンテにあたってタッチを割る。

 前半は1-1

 後半点をとりたい。チャンスは十分にある。逆転勝ちしよう。


 コンサのボールでキックオフ。交代はなし。

 ボールを奪って攻勢をかける。

 左サイドからワンタッチで攻めるもシュートでできず。

 FKのチャンス

 福森のFKからジェイにあたってタッチを割る。

 ワンタッチのパスからジェイのシュートは枠の上

 コーナーのチャンス

 福森のコーナーははねかえされる。

 コーナーのチャンス 福森のコーナーは跳ね返される。

 ずっと攻勢をかけている。

 左サイドから菅が1人をまた抜きして、マイナスのクロス。ロペスのシュートはキーパーに

 後ろでソンユンがボールをもって左へパス。それをとられてしまいこぼれ球をソンユンが戻る前にフリーの関口
 にいられる。1-2

 ロペスのクロスはジェイにあわない。

 惜しい。

 1枚目の交代は菅に代えて白井。

 もう少し早く菅を交代させるべきだった。今日の菅はバックパスばかり。1度だけはよかった。

 進藤のふわっとしたシュートはキーパーに

 ルーカスにイエロー

 武蔵のクロスはジェイにあわない。

 コーナーのチャンス

 福森のコーナーは相手にはじかれる。深井にイエロー

 2枚目の交代は深井に代えてふじれん。ふじれんは初出場。

 ジェイのシュートはキーパーに

 コーナーのチャンス

 福森のコーナーははじかれる。

 コーナーのチャンス

 福森のコーナーはシュートを打てず

 コーナーのチャンス

 福森のコーナーがこぼれてジェイのシュートはキーパーにはじかれる。惜しい。

 ロスタイムは4分

 福森のコーナーは相手にはじかれる。惜しい。

 試合終了

 後半のミスが勝敗を分けた。

 やはり大事なところであのミスが出る。

 もっとしっかりやらないと。

 後半点をとるチャンスはたくさんあったが精度がいまいち悪くゴールにならなかった。惜しいシュートもあったが相手のGKに防がれた。
  またもっとピッチの状況を考えた試合をしないと。

 相手がブロックをしてきたならミドルシュートを打って詰めるような泥臭いサッカーをしないとダメだ。


 これで久々の敗戦。仕方ないがいま一度ビルドアップの仕方を練習した方がいい。

 こういうやり方は当然ほかのチームもしてくる。



   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

 明日のアウェイ仙台戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー


            ジェイ        


                  
         武蔵        ロペス


菅                            ルーカス

        深井       荒野            


  福森       ミンテ     進藤                 


            ソンユン  


 控え 菅野、直樹、早坂、中原、駒井、白井、岩崎
 システムは3-2-3-2
 
  駒井が復帰か。


   前節はホームで雨の中、前半コーナーから直樹とジェイのゴールで2得点。後半かなり押されて失点したが、見事なカウンターから武蔵のゴールで追加点。これで勝負を決めた。3-1で勝利した。
  今度の相手は仙台。仙台はホームで強い。しかし、こちらも調子がいいので、勝ちたい試合。勝ってより上位にいきたい。 
 
  GKはソンユン。
  前節は1失点。後半ソンユンでしか防げないようなスーパーセーブがあった。この試合もピンチも多くあるだろう。そこをいかに防ぐかソンユンのセーブ力にもかかってくる。
  ポジショニングに気をつけてしっかり守ろう。まずは前半で失点はしたくない。
  何が何でもゼロに抑えよう。
 
    CBは福森、ミンテ、進藤
      
   
  福森は怪我から復帰。ルヴァンカップ磐田戦では、良い動きを見せてほとんど問題なくプレーした。
  守備ではカウンターに気をつけたい。相手のカウンターは驚異だ。スピードある攻撃にしっかりついていってほしい。
 そしてサイド攻撃には要注意。しっかりブロックを敷いて守っていきたい。
  攻撃は低い位置からビルドアップする際にはボールを失わないようにしよう。
 福森の上がったスペースを突かれたり、福森が交わされたりで、穴にならないように他の選手はしっかりカバーしたい。
  いつものようにチャンスならば上がってサイドから良いパス、クロスを入れて行きたい。ロングボールやサイドチェンジのボールも積極的に蹴っていきたい。
相手には特にサイドチェンジのボールが有効だ。何度もチャレンジしよう。
 CKは正確なボールを蹴ってチャンスを演出しよう。
 FKのチャンスがきたら必ず決めよう。
 ミドルシュートも打っていきたい。


 ミンテは前節もよい働きをしていた。
 くれぐれもカウンターに気をつけて、しっかり守ろう。
 相手のFWは抜け目ない動きをして高さがあるので1対1に負けないようにしたい。
 また相手のスペースに入って行く鋭い動きにはくれぐれも気をつけてファウルにならないように気をつけたい。
 相手の縦パスには注意。しっかり予測してFWにポストプレーをさせないようにしよう。  また、サイドにスライドする場面もあるだろう。しっかりファウルなしで相手を止めたい。
 攻撃ではミンテの所から縦パス、ロングパスを入れていきたい。
  効果的なパスを入れて攻撃のスイッチを入れよう。


 進藤は、守備はしっかりブロックを作って、守って相手のサイドからの侵入を防ごう。
  相手はサイドを狙ってくると思うのでサイド攻撃に気をつけよう
 最後は1対1では負けないようにしたい。
 前からプレスがかなり来るはず。負けないでしっかりパス回しをして素早く攻撃に移りたい。
 チャンスならば思い切って縦に勝負しよう。
 また攻撃時のケアを忘れずに。
 相手のカウンターには要注意だ。
 前掛りになっているときのケアをしっかりやりたい。
 相手のセットプレーに気をつけて。


 ボランチは深井と荒野

 深井は前節も良かった。集中して怪我のないようにやりたい。
  中盤でどれだけセカンドボールをとれるか。プレスをしっかりかけてボールを奪い取ろう。相手のプレスは厳しいのでしっかりいなしてパスを出したい。
自陣でのパスミスは命取り、危険なシーンを作らないようにしたい。
 相手のカウンターにはくれぐれも注意したい。
 ボールの奪いどころをしっかり作って厳しく行って危険な場面を作らないようにしたい。
 1対1で負けないようにしたい。
  危ないところでのファウルは気をつけなければいけない。
 ボールを奪われたなら素早く戻って態勢を整えよう。
  攻撃はチャンスならば積極的に前に出て欲しい。シュートも積極的に狙っていこう。
 ミドルも狙っていきたい。


 荒野はセカンドボールをしっかり拾って攻撃を仕掛けて行こう。相手にプレスを厳しくかけてボールを刈り取りたい。
 守備はあまりスペースを空けないで守っていきたい。
 動き回るのもいいが、食いつきすぎてスペースを空けることのないようにしたい。
奪ったらできるだけ、素早く正確にパスをしよう。
 チャレンジをしてほしいが、ミスした場合には、素早くカバーしよう。
 攻撃はワンタッチのパスやワンツーを使って相手のペナ内に侵入していきたい。
 シュートコースが空いたら必ず自分でシュートをしよう。
  シュートは枠に入れよう。

ウイングバックは菅とルーカス


    菅はコパ・アメリカから帰ってきた。出場はなかったが、勉強になっただろうか。
 いない間は白井や直樹が頑張っていたので、菅も負けないで頑張ってほしい。
    とにかくサイドを思い切って上がって行こう。スペースに走って相手を抜いてクロスを上げたい。
 アーリークロスやサイドを深くえぐってマイナスのセンタリングを上げていこう。
 CBからのロングボールに素早く走り込みフリーになろう。
 スルーパスに反応してスペースに入り込みシュートまでもっていきたい。
 良い位置で前を向いたら積極的に仕掛けていきたい。サイドから中に入って行ってシュートまで行こう。
 守備ではポジショニングに気をつけてマークする相手に振り切られないようにしたい。
 福森と武蔵といっしょにしっかり守って、隙を見せないようにしたい。
 福森の上がったスペースをうまくカバーしよう。
  相手のカウンターに気をつけたい。
 危なくなったら体を張って止めよう。 


  ルーカスは前節は出色の出来を見せた。
 この試合も右サイドを駆け上がって攻撃を仕掛けよう。
 相手の左サイドに自由にボールを持たせないようにしたい。
 守備ではしっかり戻ってブロックを作り、相手の侵入を許さないようにしたい。
  攻撃ではいつものようにサイドを支配し、深い位置からクロスを入れて行きたい。
 サイドから突破して決定的な仕事をしてほしい。
 また、中に入って行ってシュートで終わろう。

  
 シャドーは武蔵とロペス


  相手は前からくると思うので武蔵のスピードが活きるはず。
   武蔵の得意なスペースに抜けていくプレーができるように周りはボールを入れて行こう。
 相手DFの裏を狙ってほしい。カウンターがチャンスだ。カウンターから決定的なシーンを演出したい。
 サイドからのクロスに反応して飛び込んでほしい。点で合わせれば必ず得点はとれるはずだ。
 ジェイとロペスとのコンビで相手を崩しシュートまでもっていきたい。
    ゴールを決めよう。


 ロペスはルヴァンカップで2得点した。体のキレはだいぶよくなったはず。
 出場したらロペスのところにボールを集めていき、ロペスの突破からチャンスを作りたい。
  素早いパスワークで相手を崩してシュートまでもっていこう。
  ロペスは1人でいけるので、ボールを持ったらスペースがあればドリブルを仕掛けて突破していきたい。またワントップやシャドーとワンツーをして突破してシュートまでいきたい。
 シュートは枠に。必ず得点をとろう。

      
   ワントップはジェイ
 ジェイは前線でボールをキープして時間を作ってほしい。
他の選手はテンポ良くパスをしてジェイにパスを送ろう。
 サイドからクロスを入れてジェイにシュートを打たせたい。
 あまり下がらないように前線で張っていたい。
 シャドーとのコンビでシュートまでもっていきたい。
チャンスは何度もあるはず。必ずゴールを決めよう。
  
   控えの菅野はまた、ルヴァンカップではビックセーブをした。この試合も出場の機会はないかもしれないが、いつものようにベンチでの盛り上げ、声出しをしてほしい。また、ゴールが決めて菅野の祝福を受けよう。なかなか出場の機会がないと思うがチームの盛り上げをお願いしたい。 


  控えの直樹は前節は先発だったが、明日はサブを予想。
  左ウイングバックで出場したらまずは左サイドに蓋をしてしっかり守っていきたい。
  ブロックを敷いて隙のない守備をしたい。
  攻撃は積極的に前に出て、できるだけ深い位置からクロスをあげてFWに合わせるようなプレーをしたい。
 前線の選手と連携してサイドを突破していきたい。
 最後はシュートで終わろう。
 またCBならしっかりサイドをケアして守ろう。
 ロングボールに気をつけて守って、競り合いに負けないようにしたい。
 最後はパワープレーに出てくると思うのでしっかり相手に体をつけて守ろう。


  控えの早坂はルヴァンカップはフル出場だった。かなり疲れていると思うが頑張ってほしい。
 そこのポジションで出場するかはわからないが、WBなら守備では相手の左サイドをしっかり抑えよう。
 攻撃では積極的に前に出てサイドからクロスを上げていきたい。
 サイドから中に切れ込んで行く動きもやっていきたい。
 最後はシュートで終わろう。シュートは枠の中に入れよう。

 
  控えの中原はルヴァンカップでフル出場した。まずまずの動きだった。
  出場したら相手に食らいついてボールを奪ってほしい。
 セカンドボールを拾って味方に素早くパスを出して攻撃を仕掛けて行って欲しい。
 守備はしっかりバイタルを埋めて相手のパスを止めて奪って行こう
 攻撃では積極的に前に出て前線と絡んでシュートまで持っていこう。
 大事なところで決定的な仕事をしよう。

    
 控えの白井はルヴァンカップにフル出場した。またその前のリーグ戦にも出場して疲れがたまっていると思う。
 出場したらいつものように思い切ってプレーして欲しい。
  まずはサイドからどんどん上がって行こう。パスカットして相手の陣地に侵入してクロスを上げたり、中に切れ込んでいきたい。
 スペースはあると思うので中に入って起点になる動きをしたい。
 また臆せずに前に出よう。
 カウンターから相手の陣地に入って前線に飛び出していきたい。
  アーリークロスまたはチャンスがあれば深い位置までボールを運んでクロスを上げよう。


  控えの岩崎はルヴァンカップでPKを外した。しかし、頑張っていた。この試合ももっと頑張ってほしい。
 出場したら思い切って前線を走り回ってボールを受けて決定的な仕事をしてほしい。
 岩崎に縦に突破するようなボールを配球して走らせてシュートまでいきたい。
 背後からのボールに反応してスペースに抜け出よう。
  スピードに緩急をつけて前に出たい。同じテンポでは相手に読まれる。考えてプレーしよう。 
 シュートは枠に入れて、ゴールを決めよう。
 
  仙台はカウンターのチーム。前から厳しくプレスをかけてきてボールを奪いに来る。そこをいかにいなしてパスをつなぐか。
 日頃の練習の成果を出さなければいけないだろう。
 また、サイドからの攻撃に注意しなければいけない。特にクロスは上げさせないように守りたい。
 守りは1対1の状態をできるだけ避けたい。複数で対応して、しっかりと守ろう。
 相手の前線の高さは脅威。しっかり体をつけて自由にさせないようにしたい。
 こちらはサイドを中心に攻めていきたい。ピッチを広く使って相手を揺さぶって攻撃していきたい。
 またこちらもカウンターから攻めていきたい。
 武蔵とロペスをスペースに走らせ、素早いパスワークから攻略していきたい。
  セットプレーはチャンス。福森の正確なキックで決定的な場面を作ろう。
  アウェイなので、内容はあまり問わない。結果を残せれば十分だ。
 勝ち点3をとって帰ってきてほしい。




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

 宮澤が全体練習に復帰した。約1ヶ月ぶりの復帰だ。

 早い復帰だったと思う。

 昨日はミニゲームに参加して、ジェイらと対峙したそう。
 
 「まず合流できたことがうれしいし、チームも調子が良いので絡んでいけるようコンディションを上げていきたい」
  宮澤は今日は誕生日。30歳になる。
「早いなという感じ。自分が若いときに思い描いた30歳より、自分は若いと思う。見た目も」
 「体も気持ちも若い選手には負けない」
 20代最後の日に対人練習までこぎつけた
「できるだけサッカーを長く続けたいのでケアは大事になる」
 1週間後に迫る天皇杯へ向け
 「そこに向けてやれれば」



  宮澤の復帰は大きい。ボランチの層が薄くなっているということと、やはり宮澤の戦術眼やプレーの質の高さはチーム力の向上になる。
 約1ヶ月の間、荒野や深井が頑張っていたが、荒野も深井も潰し屋タイプ。気の利いたパスがなかなか出せないので、これまでも宮澤に負うところが大きかった。
 それにしてももう宮澤が30歳か。つい昨日のように入団したような記憶がある。その時にはまだ、もじもじしている宮澤の姿を思い出す。
 その時から技術は折り紙付きだったが、精神的な部分でやはり甘さがあった。ここ最近はチームを率いる立派な選手に成長してくれた。
 天皇杯出場が、まずは目標らしいが、そこに出てリーグ戦に出場という形にもって行ってほしい。とにかく宮澤の復帰は嬉しい限りだ。




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

今日のスポーツ新聞大人買い。


タイトル


日刊「武蔵弾、ロペス弾、POステージ突破」


道スポ「札幌22年ぶり8強」


報知「武蔵先制弾22年ぶりコンサ8強」


スポニチ「コンサ22年ぶり8強もミシャ監督怒」


選手達の言葉

日刊

ミシャ「8強に残った選手達をほめたい」

福森「痛みなくできた。もっとコンディションを上げないといけないけど、自分の中では大丈夫」
「今日もミシャがずっと「クラブの歴史を変えよう」と言っていた。」

ロペス「タイトルをとるため最大限の力を発揮したい。」


道スポ

ロペス「タイトルをとるため、上を目指すチームで能力を発揮するために来日した。」

ミシャ「浮かれることなく、地に足をつけなければいけない。」

岩崎「自分から頼んで蹴らせてもらった。狙い通りのコースだったけどポストにあたってしまった。チームメートには本当に申しわけない。この後のリーグ戦や天皇杯で貢献したい。」


ミシャトーク
抜粋

(試合を振り返って)
「札幌としては良いゲームだった。ただ、サッカーは非常に危険なスポーツと改めて確認した。 やってはいけないのは悠人が外したPKのシーン。悠人だけでなく、鈴木やロペスが蹴っても外すことはあるだろう。だが、今日は鈴木かロペスが蹴るべきだ。選手間で判断するのは良くなかった。結果2-1とされ、最後まで分からない展開になった。私たちは余裕を見せていいチームではない。若い悠人に点を取らせてあげたいという仲間の思いも分かるが、相手へのリスぺクトも欠ける。本来なら3-0にして余裕を持って、ゲームを進めなければならなかった。」


報知
武蔵「クラブの歴史を塗り替えるためにも、これから1つ1つの積み重ねが大事になってくる。」

福森「問題なかったので監督に『出してください』とお願いした。決めるべきシーンを決められたら、チームとしてもっと良くなる。」


 確かにミシャのいうことが一理ある。武蔵やロペスは岩崎にPKを譲っている場合ではなかった。失敗もあるが、武蔵やロペスが失敗したならそれなりに納得できるはず。
岩崎がPKを失敗した後案の定、PKを献上した。
 ただ、周りの岩崎に得点をとらせたいという気持ちもわかる。
 でも勝負に徹しなければいけない試合ではおのずとキッカーは、経験のある結果を出している選手が蹴るべきだろう。

 そして1点差になったからこれでわからなくなったきた。ミシャはこのことを言っている。前半で3点目をとって勝負を決めないといけないということだろう。
 岩崎のPK失敗もちょっと気になった。キーパーに防がれるならわかるがポストに当ててしまうとは。しかし、PK失敗はよくあること。その後で挽回すればよかった。ただ、チャンスはたくさんあった。

 しかし決めきれないのも今の岩崎の力だろう。もっと精進しなければいけない。
 試合はみんなそれぞれ特長を出してよくやっていた。
 守りではやはりミンテの安定感が光った。外国人を相手にしてもひけをとらなかった。攻撃では武蔵やロペスがさすがの動きを見せていた。また、左サイドの白井も動きが良かったし、なにより懸命にやっているという感じが印象を良くした。
 とにかく次のプライムステージに行けたことは非常に良かった。サブメンバーの経験になるし、チームが盛り上がっていくきっかけにもなる。まずはベスト4目指して頑張ってほしい。第2戦は日曜日に行われるので是非2戦目をホームでやりたい。


   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

     先発メンバー


     武蔵


    岩崎          ロペス


白井                         早坂


       ふじれん  中原


福森   ミンテ   進藤


             菅野



 控え  阿波加、直樹、濱、中村、金子、高嶺、檀崎


 コンサのボールでキックオフ。

 磐田がピッチを変えた。

 白井からのクロスはコーナーに。

 福森のコーナーのこぼれ球を早坂がクロス。そのパスをロペスがためて武蔵へパス。武蔵が押し込んだ。ゴール。

 カウンターから白井へパスがロペスへ武蔵へパス。武蔵が折り返すもペナの中でPKをゲット。そのPKをロペスが右隅へゴール。

 相手コーナーのカウンターから武蔵が岩崎にパスがあわない。

 進藤のスルーパスがロペスに。ロペスがペナの中で倒されPKゲット
 そのPKを岩崎がシュートも右ポストにあたる。持っていない男だ。

 今度は磐田が左サイドからクロスをペナの中で早坂の手にボールがあたっとしてPKをとられる。そのPKを決められる。2-1しかし、このPKは上腕にあたったもの手が体についていたし、あれをとられたらどうしようもない。この荒木主審はほんとうに相変わらずどうしようもない。

 進藤のロングボールから岩崎が折り返し、武蔵のシュートは枠の左。惜しい。

 コーナーのチャンス。福森のコーナーは進藤のヘッドのあたりが悪く、カウンターを受ける。
菅野がナイスセーブ

 早坂のクロスに岩崎が胸でシュートもキーパーに防がれる。惜しい。コーナーに

 福森のコーナーはオフサイド

 岩崎のドリブルからのクロスにロペスはオフサイド

 ロペスのシュートはキーパーに

 ロスタイムは2分

 前半終了。序盤に点がかなり入った。

 後半も点をとって行こう。


 後半は相手のボールでキックオフ。交代はなし。

 福森のロングボールに武蔵が合わない。

 早坂のクロスはキーパーに

 ロペスのおしゃれなヒールキックに武蔵にあわない。

 FKのチャンス

 福森のFKから武蔵が折り返すもシュートが打てず。

 岩崎のパスから武蔵がドリブルで1人で行って相手を1人を突破してシュートも枠の上。惜しい。これは決めないと。

 2枚同時に交代。

 1枚目の交代は福森に代えて直樹

 2枚目の交代はロペスに代えて金子

 金子がシャドー

 ふじれんのロングボールに右サイドの早坂がうまく受けて金子に落とす。金子のシュートはGKにあたって枠の左に外す。惜しい。これは決めないと。コーナーに

 中原のコーナーは相手にはじかれる。

 金子のシュートは枠の右

 コーナーのチャンス 中原のコーナーは相手にはじかれる。

 相手のシュートがバーにあたる。

 岩崎がドリブルして金子へパス。金子が倒されるもPKにならず。そのこぼれ球を早坂がシュートも枠の右。

 3枚目の交代は岩崎に代えて檀崎。檀崎が左シャドー

 金子の右サイドからの突破にマイナスのクロスのこぼれ球に檀崎がフリーでシュートもDFにあたる。これは決
 めないと。コーナーに

 中原のコーナーは相手に防がれる。

 FKのチャンス 中原のFKは相手にはじかれる。金子のシュートはキーパーに

 ロスタイムは4分

 試合終了

 2-1でプライムステージ(8強)と進出した。

 なによりいきなり2点取って相手に優位に立った。

 相手が前掛かりにくるのでカウンターが効いた。なによりロペスと武蔵が前線にいるので脅威が違った。
 岩崎のPKは決めたかった。あれは本当に惜しかった。また早坂のクロスに胸でシュートを打ったのも惜しかった。岩崎はまだまだ若い。もつと経験を積んで飛躍してほしい。

 とにかく勝って次に進めたのはよかった。

 磐田はGKのカミンスキー以外の外国人を全員入れてきてかなり

 本気だった。これを仕事させなかった。ミンテや福森の動きも良かった。

 とにかく次に進めた。




   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

↑このページのトップヘ