全紙曽田一色の記事。

 日刊以外はオールカラー。

 スポニチや報知も道内面の半分を使う力の入れよう。

 スポニチは花束を贈られ曽田が子供を抱いた写真。
 道スポはサンクウォークする曽田。
 日刊と報知は胴上げされる曽田。
 
 いずれの新聞も横浜FCのカズからPKを蹴る前に激励されたことが話題として載っていた。
 
 そのなかで日刊の「健作が切り込む」

 「今季のディフェンスは曽田、箕輪の2枚看板でやろうとしたが、できなかった。メンバーがよく替わった。その中で石川の力は大きかった。プレーはもちろん、悪い流れの時などに鼓舞する声を出せる。ラインは安定した。」

 当初は曽田と箕輪がシーズン途中で間に合うと計算していたのだろう。それだけにDFは大きな誤算だっただろう。

 チョウと吉弘が頑張ってはいたが、やはり石川の力は大きかった。

 
彼がDFラインに入るとやはり安定感が違った。

 心配なのは石川の去就。柏が降格して帰る確率が高くなっただろうか。

 石川の残留の条件としてノブリンの契約更新があったが、ノブリンは契約を更新した。はたして石川はどうするのか。

 来年もいてもらわなくてはいけない選手だ。

  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)