とにかく残念だったパラグアイ戦。

 しかし、いくら残念とはいえ、内容的にはパラグアイには負けていたので、内容からすれば妥当な結果に見えるのかもしれない。

  惜しいチャンスもあったが、単発での攻撃に終始し、押せ押せの展開になかなかならなかった。堅守速攻を貫いたが、もう少し攻撃に時間と人数をかけなければいけなかったのではないか。

 前半はプレスの位置が低く、折角奪っても高い位置ではないので、ボールを単調に蹴って相手ボールになるということをくり返していた。もう少し丁寧にボールを前に運ばなくてはいけなかっただろう。

 それと思い切った攻撃参加。サイドバックの攻撃参加が少なかったのは気になる点だった。

 守りでの健闘が光ったが、やはり守ってばかりでは体力が持たない。徐々に相手に押しこまれ、スタミナをロスするようなシ-ンが目立ってきた。

 ただ、岡田監督はシステム変更を急に行ったにもかかわらず、よくここまで日本代表を導いた。選手達も直前の練習試合のわずかな時間のなかでよく適応したものである。

 結果としてPKで8強の壁を敗れなかったが、しかし、そこには大きくて厚い壁があるということいを認識しなくてはいけないだろう。

 次のワールドカップでは決勝リーグに行くのはもちろんとして8強の壁を破るという課題ができた。まずはJリーグで個々のレベルを上げていく必要がある。

 次のワールドカップまで課題は多い。

 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)