今日は道スポ クールアイから

 「残念ながらプレーオフ進出がならず、今シーズンは8位という結果に終わった。リーグ戦の低空飛行から考えるとよく盛り返したという印象の方が強い。選手たちよくやった。財前監督も巧みなやりくりで選手間の競争心をあおり、チーム力を高めたと思う。しかし、最後の一歩が足りなかった。」

  リーグ序盤はJ3に落ちるのではないかとさえ思えた。それからすればPO争いに参加したことは評価すべきだが人間は欲がでる。POに進出できなかったのは本当に残念だ。 

 「24日の北九州戦は札幌ドームに詰めかけた大勢のサポーターのおかげで最高の雰囲気となり、あとは選手が結果を出すだけだった。しかし、札幌の選手の動きは硬く、北九州の引いて守る術中にはまって時間だけが過ぎていった。ボールを回せたこともあり、中盤をコンパクトにして前からボールを奪いにいくという意識がなかった。」


 本当に動きが重かった。前からがつがついくという感じではなかったのが悔やまれる。
会場の雰囲気も緩かったのが後悔される。


 「そのため選手間の距離も今イチで、連動という意味ではここ数試合で一番良くなかった。前半は失点のリスクを避けるため仕方ないが。後半はもう少しラインを上げて前から仕掛けることをしてほしかった。後ろはしっかりリスクマネジメントできていた。しかし、終盤になってもトップの大島を2人で見る数的優位のセオリーをばか正直に守るなど、リスクを背負っての攻撃の意識が足りなかった。最後はGK杉山がセットプレーなので相手ゴール前まで行ったが、後ろは数的同数でもよかった。」


 後ろを気にしすぎて攻撃がいまいち迫力がなかった。1点取れないとPO圏に入れないのだからリスクをおかして攻めにでるべきだった。もっと攻撃で迫力を出したかった。


 「札幌がプレーオフに届かなかった要因は上里の離脱、GKの層の薄さ、フェホがポゼッションにフィットしないなど、いろいろある。ポストを直撃したレ・コン・ビンも運がなく、最後の最後で勝負弱さが顔を出してしまった。」


 やはり序盤ホームで勝てなかったのが大きかった。そして終盤アウェイで引き分けすらできなかったこと。勝負弱さが出てしまった。


 「2点ビハインドをロスタイムで追いつき生き残った千葉は勝負強い。当然最後は札幌同様にパワープレーを仕掛けた。その必死さ、泥くささ、執念は札幌を上回っていた。ボールはきれいにに回るようになったが、最後のゴールを奪うという部分が技術以上に気持ちが大事。精神論では片づけたくないが、それもサッカーの重要な一面である。」


 来年は勝負強くならないと昇格できない。来年はPOを目指すのではなく、自動昇格を目指すことになるだろう。そのためにはしっかり負け試合は引き分け、引き分けは勝ち試合にしないと勝負にならない。



  
 サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


   勝手に叱咤コンサ