北朝鮮のミサイルが北海道上空を超えて襟裳岬東方の太平洋上に落下した。

 ミサイルが発射されたころはすでに起きていたが、タブレットに政府からの緊急速報が出たときにはびっくりした。日本の領土に落下することはないと思っていたが、いざ警報がなるといたたまれないものだ。

 北海道の上空を越えたということがわかって2度びっくり。

 何も被害がなくてよかったが、まったく北朝鮮の行為は頭にくる。

  米韓軍事演習への報復だと思われるが、まったくやり方は恫喝そのもの。

  日本列島のどこかに落とす予定はなかったんだろうが、間違っていれば可能性はあったかもしれない。

  ほんとうにとんでもない国だ。

 日本やアメリカは強い抗議の意志を示したが、今後またさらなるミサイル発射、核実験を行ってくる可能性がある。

 日本はミサイルの迎撃に自衛隊は海上配備型迎撃ミサイル「SM3」と陸上配備型の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の二段構えで迎え撃つ。このうち、PAC3は首都圏などの大都市圏を中心に配備され、本土上空の高度十数キロで迎撃するが、今回は北朝鮮が事前に言っていた西日本に配備されていた。

 心配なのはもしもミサイルが何十発も日本に飛んできたらはたして、迎撃できるのか?ということ。

 迎撃ミサイルも全国をカバーするには足りない。今日のようにまったく予期していた箇所と別な地域に飛んでくる可能性もある。


  また、核・生物・化学(NBC)兵器が搭載されたミサイルが発射される恐れがある、しかし、このミサイルの迎撃に成功しても、破片や飛び散った化学物質の影響で日本に甚大な被害が発生する恐れがある。


  それでは北朝鮮が日本にミサイルを発射する前に北朝鮮のミサイル基地を攻撃できるかについてだが、
  政府は過去に、昭和31年の鳩山一郎首相の答弁があり「我が国領土に対し弾道ミサイル等による攻撃が行われた場合、他の手段がないと認められる限り、敵のミサイル基地等をたたくことは、法理的には自衛の範囲に含まれ、可能」理論的には海外の敵基地を叩くことは可能とされてきた。敵基地先制攻撃は可能という解釈を行ってきた。

 また石破茂防衛庁長官(当時)による「東京を火の海にしてやるなどの表明があり、まさしくミサイルの燃料を注入しはじめ、ミサイルを屹立させたという場合には武力攻撃の着手があったと見ることができる」という国会答弁もあった。

 北朝鮮が日本に向けて発射する前に北朝鮮のミサイル基地を攻撃できる。

 ただ物理的には自衛隊はそのようなミサイルを持っていないし、計画もないそう。

 もっぱら攻撃はアメリカに依存している。いわゆるアメリカが攻撃する矛なら日本は守備する盾の関係。

 はたしてそれでいいのか?

 そもそも防衛を他人任せでいいのかということ。

  確かに今は日米安保でアメリカは日本を守ることになっているが、アメリカ自身安全保障の考え方も揺らいでいる。今後はどうなるかわからない。このままアメリカ任せでいいのかということ。

 また中国が虎視眈々と日本を狙ってきている。そもそも一番危険なのは中国なのだが、これらの魔の手から逃れるためには、確固とした日本独自の防衛施設整備が必要だ。

 早急に独自に日本を守るための憲法9条の改正、これに係る法整備。日本の国家戦略にかかる防衛計画の変更、防衛力の増強を行っていかなければいけないと思う。




     
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   勝手に叱咤コンサ