今日のスポーツ新聞大人買い。


 タイトル

 日刊「ロペス2発

 道スポ「Aロペス完全復活 後半4分弾、後半40分弾 札幌先勝」

 報知「コンサ先勝 Aロペス2発」

 スポニチ「コンサロペ、ロペ磐田粉砕」


 選手たちの言葉


 日刊

 ロペス「チーム全体でも最後まで戦えたのが勝因だね。」
(2得点目)「自分は信じて走って合わせるだけだった。」
「試合勘を取り戻す意味でもよかった。」
「この勝ちの流れでリーグ戦も勝ち点3をとりたいね。」

 中村「悪くはなかったけど守備でピンチを作ってしまったのが反省」

 菅野「ポジティブな試合になった。」

 岩崎「時差があって結構キツかった。だけどやるしかなかった。」


 道スポ

 ロペス(ヤマハスタジアム)「悪い印象はなかった。PKは狙い通り。(2点目は)ルーカスが抜けた時点で自分も走った。スピードで相手を置き去りにできると思った。」

 菅野「リーグ戦と違ったメンバー・みんながチャンスと思って戦った結果です。」

 中原「前半はうまくボールを動かせた。じっかりルヴァン杯で結果をb出してリーグ戦にもつなげたい。」

 高嶺「疲れはなかった。自分らしさを出せました。」


 ミシャトーク

抜粋
(試合の総括を)
「前半は比較的、良いプレーを見せていたが、後半は徐々に運動量が落ち、残りの30分は相手に押し込まれてしまった。若い選手が多く、GK菅野は相手のチャンスを防ぎ、DF早坂も落ち着いてプレーしていた。今日のようなハードな展開は若い選手にとって成長につながっていく。」
(POの突破に大きなアドバンテージとなった。)
「今回の結果で(準々決勝へ)勝ちあがるわけじゃない。まだ前半を終えたばかりと言っても言い。良い面も課題も出た試合。」


 報知
 ロペス「自分たちのすべき事をしっかりやる。そうすれば勝てると示した。今後につながる勝利」


 スポニチ

 ロペス(1点目のPKにいたるプレー)「うまく背後をつけた。かわしきれなかったけど狙い通り」


 ふじれん「反骨心じゃないけど絶対勝ってやるという気持ちはあった。」



 昨日は若い選手が多い中、良く競り勝った。後半はほとんど押されていたが、菅野を中心に守り、1失点だけに終えた。危ないシーンは何度もあった。そのたび菅野がファインセーブを連発した。

 攻撃陣は決定的なシーンを何度も作り出したが、得点になったのはロペスのPKとロペスのゴールだった。

 1点目につながったふじれんのスルーパスは見事だった。ふじれんのスルーパスで決まったような得点だった。

 また、2点目は早坂のコントロールされたロングパス。ルーカスの走っていく前に転がる素晴らしいパスだった。昨日の磐田は後半は攻勢をかけてきたためラインが非常に高かった。その高さを利用したカウンターだった。

  そのなかで檀崎や岩崎辺りが結構トラップミスをしていた、ピッチがかなり濡れていたせいなのか、ミスをして相手にとられるというシーンが多かった。

 それでも結果を出したのは素晴らしかった。来週第2戦があるがこうなったら勝って進出するしかない。

 厚別でも必ず勝利を




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ