今日の道スポにはふじれんのことが書いてあった。

 ふじれんは前節ルヴァンカップで今季初先発。フル出場した。

 そしてふしれんのスルーパスからロペスが飛び出してGKに倒されPKをゲットした。

「メンバーが大きく入れ替わった試合。絶対勝ちたいと思っていたし、結果は出せた。」
これまでリーグ戦出場なし、カップ戦も途中出場が続いた男の反骨心が好プレーの原動力になった。
3年目の今季は、キャンプから調子がよかったそう。
「出られれば結果を出せる。」
課題は90分フル出場してもパフォーマンスを落とさないゲーム体力
「次はペース配分にも気を付けたい。」
次は準々決勝進出をかけた厚別での一戦
「サポーターも多いし、攻撃面で自分の良さが出せれば。」



 ふじれんはキャンプで成長した選手の1人だろう。

 ルヴァンカップのロペスに送ったスルーパスは本当に見事だった。

 本来は自分のポジションではないボランチに昨年から挑戦していて、そつなくこなしている。シャドーとかFWとかをやりたいと思うが、チームの事情でもあり、このポジションが多い。

 与えられたタスクを黙々とこなしている印象があるが、攻撃参加もするし、思い切ったプレーもできる。

 ただ、道スポも書いていたが、90分真剣勝負をするにはまだ体力の改善が必要だろう。

  また、今や世界的に見ても20歳という年はレギュラーをとってもおかしくない。

 ルヴァンカップ出場に満足することなくリーグ戦出場も狙ってほしい。

 攻撃的な選手に必要な思い切りの良さは十分持っている選手。

 サポーターも大いに期待しているふじれん。活躍を期待したい。




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ