今日のスポーツ新聞


 タイトル


 日刊「今日は札幌の日ではなかった。」


 道スポ「札幌悔幕」


 スポニチ「コンサ痛恨後半戦ドロー発進」


 選手達の言葉


 日刊

 ロペス「数多くの得点機があったけど、今日は自分たちの日ではなかった。」
 ジェイ「いいパフォーマンスを出せていた。アンラッキー」
 ミシャ「こういう試合があるのがサッカー。悲観し、下を向く必要はない。次の試合に向かって準備していく」

 白井「チャンスで結果を出せたのは良かった。スタメンを確保できるようにしていきたい。」

 駒井「いよいよリーグ戦に来たって感じがした。少しの緊張感があった。やっぱり札幌でプレーするのはいいなと思った。」

 ロペス「試合をやるごとにコンディションはかなり上がってきている。しっかり疲れを取って、大分戦に備えたい。」

 宮澤「バランスを保つことを意識した。自分の仕事は果たせたと思う。途中出場だったので流れを切らさないようにした。」


 道スポ
反町監督「スピードと決定力で、前3枚はわれわれと格段の差があった。」
ミシャ「何がなんでも3ポイント取りたかった。」
ジェイ「ついていない試合はどのチームもある、次は決めたい。」
白井「こぼれ球を狙っていた。フリーだったのでCKを見て、空いていたところに余裕で打てた。」
駒井「天皇杯で90分出たので自信があった。久々の札幌ドームでちょっと緊張した。試合は勝てなかったけど、個人的にはリーグ戦復帰をポジティブに捉えたい。」
武蔵「形は作れていたので点が入らなかったのは悔しい。これを勝ちにもっていかないといけない。ジェイとの連係はできているし、もっと良くなると思う。」
宮澤「勝たないといけない試合だった。自分が入ってから得点できず残念。いくら押し込んでも、点をとれないようでは、この先も上にいけない。」


 ミシャトーク

抜粋
(試合を振り返って)
「試合の入りは非常に良かった。2点目を取れる決定機を決めきれず、相手のCKから失点して1-1.前半の20分以降は中盤の選手にスペースを与えすぎて、自分たちが思うような展開が作れなかったと思う。ハーフタイムに修正を加え、後半は相手を明らかに上回った。」
(チャンスは多かった。)
「ゴールに嫌われることもある。内容は悲観するものではなかった。連戦が続いていたがようやく日程が戻る。怪我人も戻ってきた。チームで練習できるのはポジティブだ。」


 スポニチ
ジェイ「もちろんゴールを決めるのが仕事。でもどんなストライカーでも今日みたいな日はある。」
「チームとしては良いパフォーマンスだった。バルセロナやレアルでもアンラッキーな日はある。」


砂川誠の視点
抜粋

「全体的な内容は悪くない。松本の厳しいプレッシャーの中でもテンポよく意図的に崩していた。中を食いつかせて外を狙う。またその逆。外と中の使い分けがうまくできていたし、今までなかったような見ていてワクワクするような連携もあった。引き分けに終わったが、駒井、宮澤といった本来の主力選手が故障から戻ってきたのは大きなプラス材料だ。2人の復帰で今後はいろんなメンバーの組み合わせが可能になる。」



  チャンスは多かったが、決められないとこうなるという試合だったように思う。
 しかし、ジェイの2本のシュートが決まっていればとか、ハンドをとってくれればとかという残念な気持ちもあるが、もっと攻撃に泥臭さをもってやってほしかった。
パスをきれいに回すことばかり考えていたように思う。
 もっとドリブルを使うとかミドルシュートを打ってもよかった。

 サッカーは点をとる競技。芸術点などないのだから、貪欲にゴールを狙ってほしかった。昨日の試合はどうもきれいにやりすぎた。

 簡単に点をとってやろうという気持ちがどこかにあったのではないか。

 ミシャは運がなかったと言っているが、運を見方につけるのも努力次第だとも思う。

 もっと懸命にやらないといけないだろう。

 また、先制して間単に勝てると思ってしまったのではないかと思う。追加点もすぐとれると思ったのではないか。

  前線に上背のある3人を並べながらサイドから高いクロスを徹底していれるとかもっと徹底してほしかった。
この勝ち点2を失ったことはかなりきつい。次に挽回しなければいけない。
 




   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ