タイトル「前節数多くチャンスつくりながらドロー」「ジェイが決めていれば大量得点も」


 「ホームの松本戦は数多くのチャンスをつくりながらも1-1のドロー。松本に苦手意識があるのだろうか。松本は守備を固めてカウンターを狙う典型的なチームなのでやりにくさはあるだろうが、この日の札幌の崩しは一段階レベルアップしたことを感じさせた。
 MFチャナチップを欠く前線だがジェイ、鈴木、ロペスの3人は十分連動し、威力もあった。
 多分、ジェイには4回の決定機があった。最初のヘディングが白井の先制点につながったのだが、ジェイが決めきれていれば大量得点で札幌が勝っていた可能性が高い。
 意外とすんなりスルーされた相手DF飯田のハンド。確かに身をていした飯田の手にボールは当たっていた。もしVARがあったらPKだったろう。でも私はVAR否定派なので・・・。 あれは気持ちで押し込むしかない。」


 何度もあったチャンスを物にしていれば勝っただろう。それだけ惜しいチャンスがたくさんあった。平川さんが言っているとおりジェイのゴールが決まっていれば大量得点もあっただろう。
 平川さんは3人の崩しがレベルアップしたと言っているが、この3人でなく2人にしてシャドーに誰かを入れていればもっとスムーズに得点できたのではないかと思う。
 飯田のハンドは確かにPKだろう。主審の見る位置が違っていたなら、PKを得られたと思うし、VARがあったらと思う。
 残念だが仕方ない。このシーンがなくても点をとって勝たなければいけない試合だった。  とにかく次の大分戦に頑張るしかない。点をとることこれに腐心しなければいけない。




   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ