タイトル「プレスの連動に精彩欠いた大分戦」「金致命的ミスを次節で取り返せ」


 「師弟対決となった大分戦はミラーゲームとなり、非常に興味深いものであった。
 過程で札幌はミスが出て墓穴を掘り、大分はそれをきっちりものにした。つなぎのテクニックの質は札幌より大分の方が1枚上であった。
 札幌もかなり高い位置からボールを奪いに行っていたが、うまくいなされたり、プレスの連動が今イチでボールを取り切れなかった。そのモヤモヤ感、ノッキングが、最後はDFミンテのチョンボにつながってしまった印象であった。
  前線からプレスに行っているならば、最終ラインが押し上げて中盤を前に押し出し、余っている選手があってはならない。いい守備から攻撃へ、とよく言うが、そのあたりが大分戦の誤算だったと思う。
  自陣での致命的なミスを犯した金。仙台戦でGK具のミスがあったばかりなので「またか」と思ったのは私だけではないだろう。」


 ミンテはここまでいいパフォーマンスを見せているだけに気持ちを切り替えて、次節の湘南戦に向かってほしい。

  平川さんはつなぎの質のことを書いているが、確かに大分の方が上だった。プレスがかわされたら危険と言うことは書いてきたが、それに関しては失点ははなかったが、危ないシーンは複数あった。プレスの仕方を今一度考えた方が良いと思う。中途半端な感じがしてどうしようもなかった。
 ミンテのミスはダメだがこれだけで過剰に責めるのはかわいそうだ。ここまでミンテは大きなミスがなかった。前節はミスをしまったんで、今後はこういうことが内容にしっかいしてほしい。ミンテにもよい勉強になっただろう。今後繰り返さないようにしてほしいい、だからと言って、ちぢこまったプレーはしてほしくない。ミンテには思い切りやってほしい。



   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ