勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

カテゴリ: J2の話題

 このところ移籍市場が積極的に動いてきている。

 J2では京都と千葉が積極的。この2チームは抜ける選手も多いのだろう。他のJ2のチームからも選手を移籍させている。

 そして長崎や水戸、山形も動きが早い。 

 長崎はプレーオフで負けたのがよほど悔しいのか積極的に補強している。そんなに飛び抜けた能力を持っている選手を補強している訳ではないがそこそこ良い選手を補強している。

 注目していた真希は千葉に決まった。また、岩沼は京都に決まった。いずれにしてもコンサに復帰してほしいと思った選手たち。残念だが、札幌に来たときには遠慮なく戦わせてもらう。

 他のチームもちらほらと動きがある。動きがないのは讃岐くらいだろうか。

  我がチームも動きがない。

  選手の出があまりないのだろう。思っているほとんどの選手との契約更新が済んでいるのではないか。

 クリスマスのプレゼントはあるのだろうか。イブはどうやらないもよう。

 明日こそはあるだろうか。

 動きがないのは平和な証拠か。単に出遅れているのか。それとも当たっている選手に断られ続けているのか。もう少しでわかるのだろう。


   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

 J1昇格プレーオフの大会方式が一部変更になった。

 決勝は、これまで中立地だったのが、決勝進出クラブのJ2リーグ戦成績上位クラブのホームスタジアムで開催することになったそう。

 これに関しては今年リーグ成績下位のC大阪のホームで決勝をやったのが、福岡不利に働いたことでJリーグも動いたのだろう。チェアマンもおかしいと言っていたから妥当な判断だろう。

 理由は「国立競技場が改修中で、中立地での開催ができない場合があり、また、リーグ戦成績上位クラブの優位性が確保されない場合があるため」としているが、やはり中立地でJ2のチームのホームスタジアムを選ぶのは間違いだ。

 ようやくJリーグも動いた。

 来年コンサは自動昇格を目指すが、もし間違っても3位に入ってほしい。そしてドームで2試合昇格プレーオフをやろう。

 しかし、今からそれを考えてはダメ

 やはり自動昇格をしなければ。来年は結構チャンスだろう。力を持っている裕福なクラブがそんなにない。C大阪と清水くらいか。しかし、今年の福岡の例もある。思っても見ないチームが力をつけてくることも考えられる。
 とにかくまずはチーム力を上げないと。どんな補強になるのか。

 京都は積極的に補強している。補強費では負けるが効率的に補強してチーム力を上げて欲しい。
 とにかく20周年に必ず昇格だ。



   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター

   勝手に叱咤コンサ

   昨日はJ2・JFL入れ替え戦の鳥取対讃岐
 J1参入戦の京都対徳島を見ていた。

  鳥取対讃岐は最初から讃岐が積極的に前に出てボールを蹴っていた。
  ロングボールが多いと思いきや案外繋いできてしっかりとしたサッカーをしていた。

  鳥取はなにかぎこちない動きをしていた。相手の攻勢に押されていたそんな感じだった。

 そして讃岐がPKをゲット

  そのPKは相手に止められたが、勢いに乗ったのは讃岐だった。

  そして中からのクロスを高橋がヘッドで得点
 後半は2枚目のイエローで10人になりながらもしっかり守って相手に得点を許さなかった。
  苦しかったがなんとか勝ってJ2昇格をした。

 鳥取はホームで積極的なプレーができなかった。なにか全体的に堅そうな感じがしていた。
  最後のパワープレーも不完全燃焼。悔いが残る試合だったに違いない。

 来年はチームは香川にいくことになる。あまりよい印象がない四国だが、きっちり勝ってほしいと思う。


  次の京都対徳島は
 序盤から京都がボールを持って攻勢に出ていた。この時間帯に京都が点をとっていたら違った展開になっただろう。徳島は守ってカウンターという戦術

 そしてコーナーから千代反田のヘッドでゴール

 しっかり守ってカウンターとういう構図が決まり始めていたところでカウンターから津田のゴールで2点差にした。この得点が大きかった。

 そしてしっかりブロックを作って守り。後半も相手に得点を許さない。
そして徳島がJ1昇格。京都はまたもお預けになった。

 やはりブロックを作って守ってくる相手にはなかなか攻撃できないということか。
 京都ですらできないということという感想

 J2で引きこもってくる相手にどうして戦うか考えさせられた試合だった。 
 
 徳島は四国で初めてのJ1になるが、来年は苦しい戦いが待っているだろう。大塚製薬マネーを投入して大規模な補強をすれば残留という目も出てくるが、そうでないと昨年のコンサ、今年の大分のように悲惨な結果になるだろう。


   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

 J2JFL入れ替え戦第1戦とJ1昇格戦をスカパーをザッピングして見ていた。

結果は讃岐と鳥取が1-1
徳島と千葉が1-1
京都と長崎が0-0


 鳥取は貴重なアウェイゴールを挙げてJ2残留に優位に立った。


 徳島と京都は順位が上なので同点だがそれぞれ決勝へ


 まずは讃岐と鳥取はパスミスやシュートミスが多くて、はっきりいってレベルが低かった。やはりJ2入れ替え戦だと思った。
 しかし、讃岐のゴールは見事に右サイドを突破してからのグラウンダーのクロス。そのクロスを見事にゴールに入れた。
これで優位にたったかとおもったがすぐさま鳥取が同点に
鳥取のゴールは右サイドからのクロスにどんぴしゃヘッドでゴールイン
そのあとは互いに譲らなかった。

 ただ、アウェイゴールが適用されるそうで鳥取が優位に。来週の第2戦で引き分け以上なら鳥取のJ2残留が決まる。


 J1昇格戦はそれぞれ、順位が下のチームが攻める展開に。

 徳島、千葉戦は徳島がPKで得点。千葉がすぐさまコーナーから得点で譲らず。

 京都、長崎戦は互いに譲らず。

 後半は点をとらないと行けないアウェイチームが積極的に前に言って、ホームのチームが守る展開に。

 千葉も交代策で前に前にと言う展開。

 長崎もシュート数で京都を上回りずっと攻撃をしている状態。
 そして長崎は京都のカウンターからそれを止めた選手が一発退場で10人に

 そして力つきて京都が決勝に

 千葉は森本を投入するも1点が奪えず徳島が決勝に

やはり順位が下のチームが攻勢をかけ、上のチームが守るという展開だった。

 コンサが出ていればどうなったか。京都は3連敗中と調子が悪かっただけにチャンスがあったかもしれない。
 昨年は順位が下のチームが勝ったが、なるほどこんな感じかと思った。

 ホームチームが全体的に守る展開。もし間違えは失点してもおかしくなかった。
 
今回はホームチームに守り勝ちだったが、守ってばかりでは、いずれはその守りが破綻した時には堰を切ったように崩れ落ちるだろう。
そんな危険性をはらんだプレーオフ。
プレーオフは水物

 出来れば来年は自動昇格をしたいものだ。


  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


   勝手に叱咤コンサ

 何年か前から話は聞いていたが、このたび改めて出た岡山のお知らせとお願い。

 ピッチ上で倒れている選手がいても、レフェリーの笛がなければそのまま試合を継続させるという考え。

 理由はアクチュアルプレーイングタイム(実際にゲームが動いている時間)を伸長するためということらしい。また、ピッチ内で怪我をした選手がいる場合には、勝手にボールをピッチ外に出す行為は「倒れた選手の怪我に関する判断を、訓練を受けたレフェリーではなくピッチ上の選手が行うことで、必要以上に判断が安全に傾く側面がある」との考えでしないとのこと。さらには「相手チームのセルフジャッジを促進しないという意味で、相手チームが善意でボールを蹴り出した場合であっても、ボールを相手に返さずプレーを継続する。」ということ。
いずれも違和感が満載。

 確かにピッチ上の怪我人については、経験のあるレフェリーに任せた方がよいが、レフェリーが気づかない場合もある。それにレフェリーも医者やトレーナーではない。怪我の判定は明確にわからない。それならば選手が好意でピッチ外にボールを出す行為は少なくとも選手の安全のため必要ではないか。

 ましてや倒れている選手を放って置いてプレーする選手の気持ちはあまりよいものではないだろう。ましてやそれが味方ならなおさら。

 そして極めつけは、ボールを相手に返さないということ。

 理屈としてセルフジャッジを助長しないということはわかるが、そんな行為は一言でいって卑怯。相手が故意に出したボールは相手に返すべき。

 いくらなんでもそれはおかしいのではないか。

 岡山のフロントは対戦相手のサポーターにも同意を求めているが、はたして岡山がアウェイでそんなプレーをしたら対戦相手のチームのサポーターはどんな反応を見せるのか、これがコンサのホームであれば当然ブーイングだろう。

 果たしてこんな岡山の言い分は通るのだろうか。


  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


   勝手に叱咤コンサ

↑このページのトップヘ