勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

カテゴリ: 天皇杯

 相手のボールでキックオフ

 いいところでFKのチャンス

 前俊のFKは相手のブロックに当たる。

 ショートコーナーのこぼれ球から上原のクロスは合わない。

 宮澤から荒野が抜け出してシュートを打つも枠の上惜しい。

 ゴメスから縦一本前俊へ。コーナーへ

 三上のコーナーは低い

 こぼれ球をゴメスがシュートもキーパーに

 上原にボールがわたり上原のシュートは枠の右

 FKのチャンス

 ゴメスのFKは枠の上

 ロスタイムは1分

 前俊のシュートは枠の左。

 前半終了

 しっかりブロックを作って相手に自由にさせていない。一度キーパーと1対1のピンチがあったが曵地がナイスセーブ

 後半に期待したい。


 後半はコンサのボールでキックオフ

 前俊がクロスを入れたがシュートは枠を外す。

 コーナーは相手に弾かれる。

 神田から三上ヘ浮き球のパスは合わない。

 神田のシュートは枠の左

 FKから前俊へ前俊のクロスから三上のヘッドは枠の上

 コーナーのこぼれ球から前俊のスルーパスを神田

 神田が前を向いて左足一閃。ゴールネット上部に突き刺さった。見事なゴール。1-0

 1枚目の交代は神田に代えて砂川

 押されるシーンが多くなる。

 荒野から前俊へ前俊が切り返すも相手を抜けない。

 2枚目の交代は三上に代えてフェホ

 フェホのシュートはキーパーに

 ロスタイムは3分

 3枚目の交代はゴメスに代えて日高

 日高がそのままボランチに

 試合終了見事な神田のシュート

 完封勝ち

 ゴメスの頑張りが生きた。

 神田のゴールも見事だった。

 今日は相手が格上と言うことでしっかり守りから入ったのがよかった。

 特にDFラインの乱れはなかった。

 キーパーの曵地もビックセーブがあった。

 みんなよくやった。

 サイドからの攻撃はいまいちだったが。あいてを慌てさせる攻撃も何度かあった。

 とにかくこれで4回戦進出

 4回戦は10月20日の水曜日に移動になると思うが、天皇杯も頑張ってほしい。



  
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)


   勝手に叱咤コンサ

  Jリーグ選手のオフは短い。

コンサの場合には12月中旬からオフになり1月16日まで。
だいたい1ヶ月位のオフ。

 プロ野球の選手はだいたい11月位から自主トレまで2~3ヶ月くらいのオフ。サッカー選手の場合には天皇杯があるので、短い選手は2週間位の選手も

 長いシーズンを戦ってきた選手達にとっては1ヶ月では休んだ気がしないのではないか。ましてや天皇杯準々決勝以降残ったチームの選手はなおさらだろう。

怪我や故障持ちの選手は十分な休養期間が必要。そして精神的にもゆっくり休むことも必要だ。移籍する選手などはこの時期に引越もあるだろうし、大変だ。

 思うに天皇杯の実施時期は、見直さなくてはいけないのではないか。

今年はJ2の試合数が少なくなる。天皇杯をリーグ戦にいれ込むことは昨年よりやりやすくなったはず。

 地域の天皇杯の予選の時期を早くするなど思い切った改正が必要かもしれないし、元日、決勝をやったほうが興行的にもよいのだろう。

しかし、選手のことを考えると今年は無理かもしれないが、来年からでも天皇杯は11月いっぱいで終了するように検討した方がよいのではないかと思う。

サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  Jリーグ選手のオフは短い。

コンサの場合には12月中旬からオフになり1月16日まで。
だいたい1ヶ月位のオフ。

 プロ野球の選手はだいたい11月位から自主トレまで2~3ヶ月くらいのオフ。サッカー選手の場合には天皇杯があるので、短い選手は2週間位の選手も

 長いシーズンを戦ってきた選手達にとっては1ヶ月では休んだ気がしないのではないか。ましてや天皇杯準々決勝以降残ったチームの選手はなおさらだろう。

怪我や故障持ちの選手は十分な休養期間が必要。そして精神的にもゆっくり休むことも必要だ。移籍する選手などはこの時期に引越もあるだろうし、大変だ。

 思うに天皇杯の実施時期は、見直さなくてはいけないのではないか。

今年はJ2の試合数が少なくなる。天皇杯をリーグ戦にいれ込むことは昨年よりやりやすくなったはず。

 地域の天皇杯の予選の時期を早くするなど思い切った改正が必要かもしれないし、元日、決勝をやったほうが興行的にもよいのだろう。

しかし、選手のことを考えると今年は無理かもしれないが、来年からでも天皇杯は11月いっぱいで終了するように検討した方がよいのではないかと思う。

サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

↑このページのトップヘ