勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

カテゴリ: コンサドーレ

スタメン


    ジェイ


    チャナ     武蔵


菅                      白井


    荒野   宮澤


福森  ミンテ  進藤


      ソンユン


控え 菅野、早坂、駒井、中野、ルーカス、岩崎、ロペス



 コンサのボールでキックオフ、前半は風下

 福森のロングボールはジェイに合わない。

 武蔵が飛び出してクロスのこぼれ球をジェイがシュートも相手DFにあたる。

 福森のクロスに進藤が飛び込んでヘッドでゴール。1-0

 福森のスルーパスはチャナにあわない。惜しい。

 右サイドで勝負した白井がクロスを上げてジェイのヘッドでゴール。2-0

 武蔵のクロスにジェイが飛び込んでシュートもコーナーに

 福森のコーナーは相手にはじかれる。

 白井のクロスからジェイのシュートはGKにはじかれ、武蔵のシュートは右に外れる。

 チャナのパスに武蔵がフリーになりシュートもキーパー正面。これは決めないと。

 FKのチャンス 福森のFKはそのまま流れて行ってタッチを割る。

 相手コーナーからソンユンがキャッチもこぼしてしまいそれを入れられる。ファウルはとってもらえず。2-1

 FKのチャンス 福森のFKのこぼれ球をクロス福森がヘッドで折り返し武蔵がシュートも外れてしまう。惜しい。

 白井の守備が効いている。

 武蔵が突破して倒されFKのチャンス、相手にイエローが出たが完全に得点機械阻止の一発レッドでもおかしくなかった。

 ロスタイムは1分

 福森のFKにフリーのミンテがヘッドも枠の上。これは決めないと。

 前半終了

 2点リードしたがやらなくてもいい失点だった。他にたくさん決定機があっただけに決めないといけにい。そして
 主中村さんが不安定。昨年あの鹿島のハンドを見逃した主審だ。ファウルの基準がまったくなっていない。スト
レスのたまる試合。後半得点を重ねて勝とう


 後半は相手のボールでキックオフ。交代はなし。

 ソンユンがナイスキーパー

 白井のクロスにジェイのヘッドはGKにはじかれる。惜しい。

 武蔵のシュートをクリアされ進藤がシュートもはじかれる。

 FKのチャンス

 福森のFKはあたってキーパーにキーパーがはじくも押し込めず。

 荒野にイエロー

 福森がボールを奪って武蔵がシュート。そのこぼれ球を荒野がシュート。ゴールだったがオフサイドをとられる。

 福森のパスに菅は追い付けない。

 FKのチャンス

 福森のFKははじかれる。

 福森のロングパスにジェイがGKにあたりながらヘッドでゴール。3-1ジェイは腰を痛める。そのままロペスと交代。

 武蔵のシュートはキーパーに

 白井のクロスはあわない。ロペスのクロスはコーナーに

 福森のコーナーから進藤のドンピシャヘッドはGKに

 チャナのスルーパスがロペスにわたりロペスがシュート。ゴール。4-1

 2枚目の交代は荒野に代えて駒井

 ソンユンがナイスセーブ

 カウンターから白井が飛び出してチャナにパス

 チャナのシュートはいったんGKに防がれるがそのこぽれ球を体でおしこんでゴールとおもったらハンドを取られたが、副審に聞いてゴールになった。5-1

 3枚目の交代は白井に代えてルーカス

 コーナーのチャンス 福森のコーナーははじかれる、

 チャナのパスに武蔵が飛び出しシュートもキーパーにはじかれる。惜しい。

 菅のミドルはキーパーがはじく。

 ルーカスのクロスはロペスにあわない。

 ロスタイムは4分

 相手コーナーからマークを外して失点。5-2

 試合終了

 5点をとって勝った。

 勝ったのはいいが、失点は良くない。0で終わるべき試合だった。

 両方ともコーナーからだった。コーナーの守りをもっと徹底すべき

 ただ、5点入れたのは素晴らしかった。

 今日はジェイがMVPだったが影のMVPは白井だろう。不利な右サイドをでも大活躍した。相手の杉岡を完全に抑えてなお前半で対陣する梅崎を交代させた。

 後半1点差では危ないと思ったがよく得点を重ねた。良かった。
5点をとって倍返しした。




   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

明日のホーム湘南戦。コンサドーレの予想布陣

予想メンバー


            ジェイ        

                  
         チャナ          武蔵  


白井                           ルーカス
        荒野      宮澤            


 福森     ミンテ     進藤                 


            ソンユン  


 控え 菅野、直樹、早坂、駒井、中野、ふじれん、ロペス

 システムは3-2-2-2-1

  深井が欠場か。


 
   前節の大分戦は前半に白井のポストに当たったシュートがGKにあたりオウンゴールで先制。しかし、右サイドからのクロスをヘッドで入れられ失点。後半も攻め込むが、ミンテのミスでボールを奪われ失点。そのまま1-2で敗れた。
 リーグ戦は3戦勝ちなし。さすがに明日は勝たないと話にならないだろう。
 勝って少しでも順位を上げたい。


  GKはソンユン。
  前節は2失点。仕方ない失点だった。この試合は湘南のカウンターを防がなければいけない。危ない場面もあるかもしれない。そこはソンユンのカバー力で補ってほしい。
  そしてセットプレーには用心したい。特にコーナーは出るタイミングをしっかりつかんで出ていこう。
  また、ポジショニングに気をつけてしっかり守ろう。まずは前半は無失点で抑えよう。
  何が何でもゼロに抑えよう。
 
    CBは福森、ミンテ、進藤
      
   
  福森は前節も攻撃中心に動いていた。
  守備ではカウンターに気をつけたい。相手のカウンターは速くて鋭い。スピードある攻撃にしっかりついていってほしい。できるだけ前で潰そう。
 そしてサイド攻撃には要注意。しっかりブロックを敷いて守っていきたい。
  攻撃は低い位置からビルドアップする際にはボールを失わないようにしよう。
プレスが厳しいのでショートパスには用心したい。
 福森の上がったスペースを突かれたり、福森がかわされたりで、穴にならないように他の選手はしっかりカバーしたい。
  いつものようにチャンスならば上がってサイドから良いパス、クロスを入れて行きたい。ロングボールやサイドチェンジのボールも積極的に蹴っていきたい。
  特にDFの裏を狙ってのロングボールは有効だろう。これを仕掛けて行きたい。
 CKは正確なボールを蹴ってチャンスを演出しよう。
 FKのチャンスがきたら必ず決めよう。
 ミドルシュートも打っていきたい。


 ミンテは前節はミスから失点した。
 ビルドアップのボールには十分に注意したい。
 くれぐれも相手のプレスには気をつけよう。
 危ない場面はロングボールで逃げてもいいはず。安全策をとろう。
 相手のFWは高さがあって抜け目ない動きをしてくる。サイドからのクロスには自由にさせないようにしたい。
 相手のカウンターには気をつけたい。
 後手後手にならないように回りの選手と一緒に防いでいきたい。
 縦パスには注意。しっかり予測してFWにポストプレーをさせないようにしよう。  ま、 また、サイドにスライドする場面もあるだろう。しっかりファウルなしで相手を止めたい。
 攻撃ではミンテの所から縦パス、ロングパスを入れていきたい。
  効果的なパスを入れて攻撃のスイッチを入れよう。


 進藤は、前節は寄せが甘くて批判された。この試合は厳しく相手に対峙しよう。
 守備はしっかりブロックを作って、守って相手のサイドからの侵入を防ごう。
  相手はサイドを狙ってくると思うのでサイド攻撃に気をつけよう。
 クロスを入れさせないようにしたい。
 最後は1対1では負けないようにしたい。
 前からプレスがかなり来るはず。負けないでしっかりパス回しをして素早く攻撃に移りたい。
 チャンスならば思い切って縦に勝負しよう。
 また攻撃時のケアを忘れずに。
 相手はプレスが厳しいのでビルドアップには気を付けよう。
 また、ロングボールからのスピードある攻撃に気をつけたい。
 前掛りになっているときのケアをしっかりやりたい。
 相手のセットプレーに気をつけて。


 ボランチは荒野と宮澤

 荒野はセカンドボールをしっかり拾って攻撃を仕掛けて行こう。相手にプレスを厳しくかけてボールを刈り取りたい。
 守備はあまりスペースを空けないで守っていきたい。
 動き回るのもいいが、食いつきすぎてスペースを空けることのないようにしたい。
奪ったらできるだけ、素早く正確にパスをしよう。
 チャレンジをしてほしいが、ミスした場合には、素早くカバーしよう。
 攻撃はワンタッチのパスやワンツーを使って相手のペナ内に侵入していきたい。
 シュートコースが空いたら必ず自分でシュートをしよう。
  シュートは枠に入れよう。


   宮澤は前節途中出場でボランチに入った。調子は戻っただろうか。
 この試合は先発を予想。
 宮澤らしいテンポよくパスをして良いリズムで持って行こう。
 前にスペースがあればドリブルして持ち上がり決定的なパスを供給していきたい。
 ミドルシュートも積極的に狙っていこう。
 1対1で負けないように。必ず中盤でセカンドボールを拾っていこう。
 守備はしっかり、相手をバイタルに侵入させないような守備をしたい。
 攻撃は思い切って前線に上がってシュートまで持って行こう。

 
ウイングバックは白井とルーカス

   白井は前節オウンゴールので得点したシュートを打った。明日も勢いに乗って行きたい。
 出場したらいつものように思い切ってプレーして欲しい。
  まずはサイドからどんどん上がって行こう。パスカットして相手の陣地に侵入してクロスを上げたり、中に切れ込んでいきたい。
 サイドチェンジのボールもくると思うので、スペースに入って行って仕掛けよう。
 また臆せずに前に出よう。
 カウンターから相手の陣地に入って前線に飛び出していきたい。
  アーリークロスまたはチャンスがあれば深い位置までボールを運んでクロスを上げよう。


  ルーカスは前節はまずまずだった。
 この試合も右サイドを駆け上がって攻撃を仕掛けよう。
 相手の左サイドは強力なので自由にボールを持たせないようにしたい。
 守備ではしっかり戻ってブロックを作り、相手の侵入を許さないようにしたい。
サイドからのクロスは入れさせないようにしたい。
  攻撃ではいつものようにサイドを支配し、深い位置からクロスを入れて行きたい。
 サイドから突破して決定的な仕事をしてほしい。
 また、中に入って行ってシュートで終わろう。

  
 シャドーはチャナと武蔵


    チャナは前節はよくやっていた。
  出場したらいつものように前線でボールを出し入れしてほしい。
 得意の運動量で前線をかき回してほしい。
 前線からプレスをかけて相手のパスを分断しよう。
 スペースに抜け出す動きを頻繁にして相手を混乱させよう。
 前線でボールをキープして、シュートコースが空けばシュートを打っていきたい。
 前線を動き回り、決定的なシーンをつくってゴールに迫ろう。
  ゴール前でドリブルで仕掛けて、相手のミスを誘おう。そしてファウルを得よう。
 スペースに入って行ってシュートで終わろう。
  シュートをどんどん打っていきたい。チャンスがあれば自分で決めよう。
 必ず枠の中に入れて、点をとろう。


  武蔵はDFの裏を狙っていこう。
 武蔵のスピードが活きるはず。
  武蔵の得意なスペースに抜けていくプレーができるように周りはボールを入れて行こう。
 カウンターがチャンスだ。カウンターから決定的なシーンを演出したい。
 サイドからのクロスに反応して飛び込んでほしい。点で合わせれば必ず得点はとれるはずだ。
 ジェイとチャナとのコンビで相手を崩しシュートまでもっていきたい。
    ゴールを決めよう。


  ワントップはジェイ
 前節は途中出場で何度かチャンスがあったがゴールはできなかった。
 前線でしっかりボールをキープして時間を作ってほしい。
  ロングボールがくるので、ポストプレーをして、後ろの上りを待とう。
  DFの裏を狙っていこう。
 他の選手はテンポ良くパスをしてジェイにパスを送ろう。
 サイドからクロスを入れてジェイにシュートを打たせたい。
 あまり下がらないように前線で張っていたい。
 シャドーとのコンビでシュートまでもっていきたい。
 チャンスは何度もあるはず。
  シュートは枠に。必ずゴールを決めよう。
  
  控えの菅野は好調を維持している。この試合も出場の機会はないかもしれないが、いつものようにベンチでの盛り上げ、声出しをしてほしい。また、ゴールが決めて菅野の祝福を受けよう。なかなか出場の機会がないと思うがチームの盛り上げをお願いしたい。 

  控えの直樹は怪我明け。守備固めで出場する可能性がある。CBで出場したら左サイドをに蓋をして厳しく守ろう。
 サイドからのクロスを入れさせないようにしたい。裏をとられないようにしっかり守ろう。
 WBならチャンスなら思い切って上がっていきたい。サイドの主導権争いで負けないように。とにかくガツガツ行って1対1で負けないようにしたい。


    控えの早坂は前節は出番がなかった。
 どのポジションで出場するかはわからないが、WBなら守備では相手のサイドをしっかり抑えよう。あまり守備的にならないで、前でボールを捌いていきたい。
 攻撃では積極的に前に出てサイドからクロスを上げていきたい。
 サイドから中に切れ込んで行く動きもやっていきたい。
 最後はシュートで終わろう。シュートは枠の中に入れよう。


   控えの駒井は前節あまりよくなかった。おそらく出場するとしたらボランチだろう。ボールをうまくキープして前線の3人にパスを供給してほしい。またスペースに入って行ってシュートまでもっていこう。
 守備では相手のボランチをしっかり潰したい。セカンドボールを奪っていきたい。
  試合の流れを見ることが出来る選手なので、流れを見て守備を固めるか攻撃を仕掛けるか判断してほしい。1対1で負けないようにしてほしい。
 最後はシュートで終わろう。

 
   控えの中野は久しぶりのベンチ。WBで出場したらとにかく守備はしっかり、相手に1対1で負けないようにしたい。
 サイドを破られないように厳しく行こう。攻撃は思い切ってサイドに深く侵入してえぐってクロスを入れよう。クロスは正確に。
 シャドーで出場したら思い切ってスペースに入っていきたい。周りと協力してシュートまでいこう。シュートを打てる時にはすぐさまシュートを打っていきたい。
 
     控えのふじれんは前節は出番がなかった。
 出場したらボールをもったらドリブルを仕掛けたい。無理なら引きつけてパスをしよう。
 味方を信じてどんどん仕掛けよう。
 回りと連携をとって決定的な仕事をしてほしい。
 DFの裏を狙って行こう。
  シュートを打って行こう。


 
 控えのロペスは前節はゴールがなかった。今節はサブを予想しているが先発かもしらない。出場したらロペスのところにボールを集めていき、ロペスの突破からチャンスを作りたい。
  素早いパスワークで相手を崩してシュートまでもっていこう。
  ロペスは1人でいけるので、ボールを持ったらスペースがあればドリブルを仕掛けて突破していきたい。またワントップやシャドーとワンツーをして突破してシュートまでいきたい。
 シュートは枠に。必ず得点をとろう。


 湘南はとにかく走ってくるので、ハードワークで負けないようにしたい。自陣でのパスは十分に気をつけたい。パスミス、トラップミスは絶対したくない。
 相手は前からくるので相手のプレスをはがして素早く前にもっていこう。チャンスが生まれるはず。
  守備はカウンターに備え、攻守の切り替えを早くしたい。
 ブロックを作って守れば点はなかなかとられないはず。
 セットプレーは気を付けたい。
 特にコーナーは高さのある選手がいるのでそこを徹底的にマークしたい。
 攻撃はできだけ素早く攻撃していきたい。
 相手に5バックになられる前に攻撃を完結しよう。

 セットプレーはチャンスだ。
 コーナーは福森とルーカスが蹴って、相手の目先を変えて、またショートコーナーや
サインプレーをしていこう。
  攻守の切り替えを速くして素早く攻撃に移っていきたい。
 たくさんのチャンスをつくって複数得点したい。

 チャンスは何度もあるはずだ。ここを必ず決めたい。
 とにかく勝とう。



   
サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

 今日の道新スポーツにはふじれんのことが書いてあった。


 昨日行われた12人対12人の変則的なゲーム形式では、主力組のボランチでプレー
したそう。1人多いゲームだったが主力メンバーでプレーした。

 「ルヴァン杯・磐田戦の2戦目と、天皇杯は良かった」
 6月30日の仙台戦ではリーグ戦デビューし、以降故障者が復帰してもベンチ入りを果たしている
 「出られれば結果を残して、スタメンで出られるよう頑張りたい」



 ふじれんは前節の大分戦でもベンチ入りしていた。ルヴァンカップや天皇杯で今年かなり伸びた。
 シャドーやFWが主戦場だが、ボランチもやってプレーの幅を広げている。

前節では岩崎を押しのけてベンチ入りした。
 ふじれんはかなり期待されているのだろう。
 確かに最近のふじれんはかなり成長した。天皇杯ではゴールも記録したし、ルヴァンカップではたびたび鋭いスルーパスを見せていた。
 もちろん課題はたくさんあるだろうが、ミシャからの期待が大きいと思う。
 まだまだ経験も必要だろう。
 そのためにはピッチに出て、しっかりやれることをやってほしい。
 リーグ戦の出場はなかなか難しいがチャンスはあると思う。そのチャンスをいかしてほしい。
 ミシャは若手を抜擢する監督、調子を上げれば必ず使ってくれると思う。
 さらに頑張ってほしい。



   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

 タイトル「プレスの連動に精彩欠いた大分戦」「金致命的ミスを次節で取り返せ」


 「師弟対決となった大分戦はミラーゲームとなり、非常に興味深いものであった。
 過程で札幌はミスが出て墓穴を掘り、大分はそれをきっちりものにした。つなぎのテクニックの質は札幌より大分の方が1枚上であった。
 札幌もかなり高い位置からボールを奪いに行っていたが、うまくいなされたり、プレスの連動が今イチでボールを取り切れなかった。そのモヤモヤ感、ノッキングが、最後はDFミンテのチョンボにつながってしまった印象であった。
  前線からプレスに行っているならば、最終ラインが押し上げて中盤を前に押し出し、余っている選手があってはならない。いい守備から攻撃へ、とよく言うが、そのあたりが大分戦の誤算だったと思う。
  自陣での致命的なミスを犯した金。仙台戦でGK具のミスがあったばかりなので「またか」と思ったのは私だけではないだろう。」


 ミンテはここまでいいパフォーマンスを見せているだけに気持ちを切り替えて、次節の湘南戦に向かってほしい。

  平川さんはつなぎの質のことを書いているが、確かに大分の方が上だった。プレスがかわされたら危険と言うことは書いてきたが、それに関しては失点ははなかったが、危ないシーンは複数あった。プレスの仕方を今一度考えた方が良いと思う。中途半端な感じがしてどうしようもなかった。
 ミンテのミスはダメだがこれだけで過剰に責めるのはかわいそうだ。ここまでミンテは大きなミスがなかった。前節はミスをしまったんで、今後はこういうことが内容にしっかいしてほしい。ミンテにもよい勉強になっただろう。今後繰り返さないようにしてほしいい、だからと言って、ちぢこまったプレーはしてほしくない。ミンテには思い切りやってほしい。



   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

 大分戦の駒井は本人が「全然ダメだった。」と言っているくらい確かに余り良くなかった。 やはり長期のブランクは大きい。完全に調子を戻すのもまだ時間がかかるだろう。しかし、駒井を万全の調子にするべく試合に出さなければいけないし、ミシャは難しい舵取りを迫られる。


 前節の大分戦では駒井は後半途中から入ったが、同じく怪我明けの宮澤とWボランチを組んだもののあまり機能はしていなかったように思えた。

  駒井を試合に出す場合はいろいろと考えた方がいいと思う。

 できたら拮抗した試合ではなく勝敗がついたところで出していって徐々に慣れていってもらう方がいいのではないかと思う。

  2点差の試合とか、時間が残り少ない時とか

   一方同じ怪我明けの宮澤は特には問題ないと思う。駒井よりも怪我で離れていた時期が短く、調子もほぼ戻っているように思われる。

 湘南戦は先発でもいいのではないかと思う。

 宮澤と駒井には早く調子を万全にしてもらいレギュラー争いに参加してほしい。

 ボランチは現時点では荒野と深井だが2人とも潰し屋でパスを出せる選手ではないので、宮澤か駒井には先発の一角に入ってもらいたい。

 ここにきて4試合勝ちなしと低迷している。

 これを打ち破るには中盤の選手の踏ん張りが必要だ。

 彼らには何とか試合に慣れてもらって100%の力を出してもらいたい。




    サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

   孔明ツイッター
 

   
勝手に叱咤コンサ

↑このページのトップヘ