勝手に叱咤コンサ外伝

コンサドーレ札幌のオフィシャルブログにブログを開設してますが、コンサドーレ札幌やそれ以外の話題も書いていきたいと思います。

カテゴリ: 中断期間

  震災から1ヶ月がたった。

  相変わらず余震が続き、今日福島では震度6弱という大きな地震があったばかり

 この間サッカー界もだいぶ様子が変わってしまった。

 中断期間があったのはやむを得ないがここにきて仙台のマルキーニョスと山形のウーゴが震災のせいで退団するという報道にはショックを受けた。

 家族が日本にいたくないと言うことならば仕方ないが、それにしても改めて日本の安全が問われているということを痛感した。

 震災が起こる前はこんなことは予想もしていなかっただろう。特に仙台にとってマルキーニョスはエースで活躍を期待していただけにかなりの戦力低下になるだろう。

 このように震災の影響はJリーグチームにかなりの陰を落としている。コンサの場合は日程の変更で済んだことだけでよかったとしなくてはいけないだろう。コンサにはブラジル3人がいるが、彼らについては大丈夫そうだ。

 また、日本代表の話題では南米選手権の出場の可能性が出て来た。
 南米サッカー連盟が尽力してくれているそうだが、FIFAが海外組に特例招集を検討するという話もある。

 海外組が出場するとなるとJリーグの選手を招集しなくても良いということになり、リーグが問題にしている状況は起きなくなる。

  南米選手権はぜひ参加したい大会。

 昨年、アルゼンチンに初めて勝ったがアウェイでそれらの強豪と戦ってどれだけやれるかも見てみたい。

  やはりガチンコ勝負をやって強化したいところだ。

   サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

  コンサの選手会等が札幌駅前通地下空間で募金募集を行うとのこと。

日刊スポーツによると選手、スタッフ全員が揃って街頭に立つと言うことで、かなりの大がかりのものになるらしい。また、ユニフォームを着るということも検討しているらしい。本来なら試合のあった時間帯に行うというのも特徴だろうか。

 すでにJリーグの各チームでもこのような動きは広がっており、実際に多くのチームで行われている。テレビで見たが、C大阪はすでに震災当日に選手達がスパイクや練習着など即興のチャリティオークションをしていたらしい。

  神戸はもともとリーグ戦を予定していたスタジアムで鳥取と練習試合を行い、その場で義援金の呼びかけやチャリティオークションをする予定とのこと。

  支援の動きが大きく広がっているものもうれしい限りだ。
近くにチームがあるところは練習試合もやりやすい。コンサドーレの場合には今の時期では外で練習試合をすることも対戦相手の問題から難しい。

 他のブロガーさんも書いているがあまりに中断期間が長引けば落ち着き具合を見て、本州のチームを招待してドームで試合を予定していた日にチャリティーマッチを行うことも考えてもよいかもしれない。ただ、そこには金銭的な問題が大きくあると思うが、検討してもらいたいものである。 

 チャリティーマッチといえば日本代表とニュージーランドの試合は実現しなかったらしい。ニュージーランドが来日を断ったらしいが、仕方ないだろう。代わりに日本代表とJリーグ選抜との試合をやるそうだが、Jリーグ選抜にはJ2の選手も入るのだろうか。

  ちょっと気になる話題である。

  サッカーブログ村(コンサドーレ札幌)

↑このページのトップヘ