Pesta Kesenian Bali ke-16 di ASAGAYA

第16回阿佐ヶ谷バリ舞踊祭

【ひかりとおどる】

日時:2017年8月5日(土)6日(日)
両日17時開演(16時開場)
会場◎阿佐ヶ谷神明宮境内 能楽殿
◎入場無料
◎雨天決行(荒天中止)


A4_ちらし

[主催]阿佐ヶ谷バリ舞踊祭実行委員会
[後援]インドネシア共和国大使館 杉並区
[協力]阿佐ヶ谷神明宮 交友会商店街 親交会商店街 商和会商店街 北仲通り商栄会 スターロード 新進会商店街 進交会商店街 パールセンター 川端通り商店街 すずらん商店街 一番街商店街






8月5日(土)


---第1部---

1.アジニャスワリ Ajnyaswari

舞踊:井上あきみ 佐味千珠子 富沢香寿美 根津聖羅

アジニャスワリ Ajnyaswari

祝福の金粉が舞い降りて来るようなマニカ・サンティの美しい音色にのせて舞う、おもてなしの心を表した踊り。しっとりとした、たおやかな舞でした。





2.カニャカ・スラ Kanyaka Sura
舞踊:阿部妃佐子 日向未央

カニャカ・スラ Kanyaka Sura

婚約者ビスマに裏切られ殺された女神アンバは、女戦士スリカンディに生まれ変わり、ビスマへの復讐を誓います。本来は群舞ですが、2人の女戦士は強く美しく!




3. レゴン・バパン・サバ Legong Bapang Saba
舞踊:尾﨑元子 深﨑彩恵子

レゴン・バパン・サバ Legong Bapang Saba

レゴン・バパン・サバ Legong Bapang Saba

レゴン・バパン・サバ Legong Bapang Saba

サバ村のスタイルのレゴン。レゴンが生まれた当初のスタイルの一つで、そのクラシカルなレゴンの中から「バパン」というパートを披露していただきました。こうした古いスタイルのバリの踊りを日本人が踊れるというのもすごいことですよね。




4. クディス・テンゲッ Kedis Tenggek

舞踊:Bali Kencana(バリ・クンチャナ)/小原妙子 近藤ゆま 永島玖美 林田圭緯子 細金久美


クディス・テンゲッ Kedis Tenggek

クディス・テンゲッ Kedis Tenggek

バリ島の中心、デンパサール市のマスコット的な鳥、カワセミの踊りです。衣装もまさに鳥! 近年の新作舞踊らしく作り込まれた構成をエネルギッシュに、そしてユーモラスに踊ってくれました。




休憩



---第2部---


5.トペン・グヌンサリ Topeng Gunungsari

ジャワ舞踊:Dewandaru dance company(デワンダル・ダンスカンパニー)/川島未耒
ジャワガムラン演奏:Lambangsari(ランバンサリ)/折田美木 上島卓司 亀島良泉 黒木泰志 沢井佳 白井眞由美 鈴木路子 野村康江 野本いづみ 藤井健介 牧野明子 友情出演/小谷竜一 さとうじゅんこ


5.トペン・グヌンサリ Topeng Gunungsari

5.トペン・グヌンサリ Topeng Gunungsari

5.トペン・グヌンサリ Topeng Gunungsari

第2部は、がらりと雰囲気を変えてジャワの踊りと演奏です。トペン(仮面)を用いた舞踊。バリの仮面と違い、口でくわえて仮面をつけるのが印象的でした。






6.ガンビョン・レトノクスモ Gambyong Retnakusuma

ジャワ舞踊:Dewandaru dance company/新井香江 梅津円 西崎美香 早野サカモト葉子 山本有香
ジャワガムラン演奏:Lambangsari

ガンビョン・レトノクスモ Gambyong Retnakusuma

ガンビョンは農村で生まれ、五穀豊穣や村の安寧を祈願した踊りが原点ですが、ソロのマンクヌガラン王宮に取り入れられ、より洗練された優雅な舞踊として発展しました。ジャワ舞踊は目線も体の動きもバリ舞踊とは違います。同じ舞台に立つことで、それぞれが持つ良いものを受け取っていただけたら嬉しいです。




休憩



---第3部---



7.サン・プナリ Sang Penari
舞踊:Nataraja Bali(ナタラジャ・バリ)/芳野未央 安嶋圭子 林宏子

サン・プナリ Sang Penari

第3部はバリ・プリアタンナイト。プリアタン村から参加していただいたグンデ・イスワラさんとアアンさんを軸に、「ザ・プリアタン」という歴史と今を伝える舞台となりました。1曲目はグンデ・イスワラさん振付による創作舞踊。インドネシア・ポップスを使い、アジア各地の舞踊の要素を取り入れた踊りが新鮮、かつ蠱惑的でした。




8.レゴン・ラッサム・プリアタン Legong Lasem Peliatan
舞踊:狩野南 小林純子 若林めぐみ

レゴン・ラッサム・プリアタン Legong Lasem Peliatan

レゴン・ラッサム・プリアタン Legong Lasem Peliatan

ラッサム王の物語を題材にしたレゴン舞踊。第1部で踊られた「サバ村のレゴン」とともに古くからあるスタイルの一つで、今回は、普段踊られることの少ない、よりオリジナルに近い振付のものを披露しました。




9.クビャール・ドゥドゥック Kebyar Duduk
舞踊:A.A.Gde Iswara Akihiro Mandera

クビャール・ドゥドゥック Kebyar Duduk

クビャール・ドゥドゥック Kebyar Duduk

バリ島から参加していただいた2名の踊り手による1日目のクライマックス! まずグンデ・イスワラさんが踊るクビャール・ドゥドゥックです。この踊りはイスワラさんのお父様であり天才舞踊家のアナ・アグン・グデ・バグース・マンデラさんが、この踊りを作った伝説の舞踊家マリオから薫陶を受け、それを息子に伝えたという本家本元の踊り。若々しくエネルギッシュに、そして妖艶に踊ってくれました。

 

10.オレッグ・タムリリンガン Oleg Tamulilingan

舞踊:Luh Gede Aan Sulastina Devita(特別参加) A.A.Gde Iswara Akihiro Mandera


オレッグ・タムリリンガン Oleg Tamulilingan

オレッグ・タムリリンガン Oleg Tamulilingan

1日目ラストを飾るのはプリアタンから参加のアアンさんとグンデ・イスワラさんによる「オレッグ・タムリリンガン」。1952年、プリアタンのグヌンサリ楽団のアメリカ公演のためにマリオによってつくられた踊り。今はいろいろなスタイルがありますが、プリアタンはその始まりのスタイルを残していて、アアンさんとイスワラさんの踊りもオリジナルの気配を伝えてくれるものでした。

 






8月6日(日)17時開演(16時開場)

---第1部---

1.ルジャン・スワダルマ Rejang Swadharma
舞踊:Basundhari(バスンダリ)
ルジャンスワダルマ Rejang Swadharma

バリ舞踊のマエストロ、二・クトゥット・アリ二さんが創作した、観賞用のルジャン。奉納の意味合いを残しつつも、舞台の踊りとしても楽しめる作品です。




2.ガボール Gabor
舞踊:朝久野友紀 内藤仁美 中山真希子 三宅綾子
ガボール Gabor

歓迎の踊り「ガボール」。ルジャンに続き場を清め、お客様に花をまいて、神様とお客様に2日目の開演を伝えます。




3.ドゥマン・ミリン Demang Miring

舞踊:Naga Jepang(ナーガ・ジュパン)/荒内琴江 石井直美 河村直美 高橋恵美子 内藤えりか

ドゥマン・ミリン Demang Miring

ドゥマン・ミリン Demang Miring

ガンブーのドゥマン(道化)とプラブ(武将)の動きを参考に、ダンダン・グンディス王が森で狩りをする様子を描いた古典作品。現代的な表現力も交え、めくるめくエネルギーを伝えてくれました。





4.キジャン・クンチャナ Kidang Kencana
舞踊:Prana(プラナ)/乾真梨子 大野里美 渡邉千明

キジャン・クンチャナ Kidang Kencana

キジャン・クンチャナ Kidang Kencana

キジャン・クンチャナ Kidang Kencana

黄金の鹿の踊り。森の中で飛び跳ねながら遊んでいる様子が描かれています……なんて牧歌的な感じというより、踊りは超絶すごかった!! 金色の3匹の鹿が時空を飛び回っておりました。




休憩



---第2部---



5.レゴン・チョンドン Legong Condong
舞踊:Luh Gede Aan Sulastina Devita(特別参加)

レゴン・チョンドン Legong Condong

レゴン・チョンドン Legong Condong

プリアタン村から参加していただいたアアンさんが踊る「レゴン・チョンドン・プリアタン」。プリアタンスタイルのレゴンを今に伝える踊りを、現役のトップスターとして踊っているアアンさんが踊って、それを阿佐ヶ谷で見ることができたのはすごいことでした!




6. レゴン・プングレブ Legong Pengeleb
舞踊:尾形布美子 金子ゆかり 松田由紀子 安谷絵里

レゴン・プングレブ Legong Pengeleb

レゴン・プングレブ Legong Pengeleb

女性の解放と自由を表現した踊りで、曲も1920年代にバリ北部・シガラジャで作られた力強さが感じられます。衣装がいかにもなバリではないところが、踊りに合っていましたし、美しかったです。




休憩



---第3部---



7.ウジャン・マス Ujan mas

演奏:Sekar Djepun(スカル・ジュプン)/堀川弥生 秋山由美子 足立真里子 上田治 大久保牧子  岡部景子 尾形峰樹 加藤公敏 木下浩司 忽那亜弥 佐々木典子 瀬戸宏 竹内裕子 田仲文 塚原環 塚原尚 西尾幸絵 平山麻実 船越裕美 船越博行 細川康子 吉次香菜子 和田康弘 渡辺咲子 渡邉暢子 鈴木良枝 皆川厚一 國崎理嘉


ウジャン・マス Ujan mas


プリアタンを中心によく演奏されるゴング・クビャルの器楽曲。曲名の「ウジャン・マス」は「黄金の雨」という意味で、力強さが魅力の名曲です。スカル・ジュプンの演奏もその曲の通り、「黄金」をお客様に振りまいてくださいました。




8.トペン・パジェガン Topeng Pajegan

舞踊:松重貢一郎
演奏:Sekar Djepun

トペン・パジェガン Topeng Pajegan

トペン・パジェガン Topeng Pajegan

一人の踊り手が仮面を付け替え、次々と違ったキャラクターを演じ分ける仮面舞踊。今回はトペン・クラス〜トペン・トゥア〜プナサル〜トペン・ダラムが踊られました。




9.タルナ・ジャヤ Teruna Jaya

舞踊:A.A.Gde Iswara Akihiro Mandera
演奏:Sekar Djepun

タルナ・ジャヤ Teruna Jaya

タルナ・ジャヤ Teruna Jaya


2日目大トリはプリアタン村から参加したグンデ・イスワラさんが踊る「タルナ・ジャヤ」。スカル・ジュプンの演奏と相まって、スリリングで力強い踊りを披露していただきました。




写真/逸見幸生