こんにちは!かっしーこと院長の柏崎です(*'▽')

札幌もようやく暖かくなり春を感じるようになってきましたね!
4歳になった息子も公園で走り回れたり、自転車の季節になって喜んでおりました。

さて、そんな気持ちのいい季節ですが季節の変わり目は身体の変化にも要注意
身体の水分の状態や身体の内圧の状態が変化しやすいですので
身体のバランスが変わり急なケガや不調が出やすい時期です。

当院では ”ぎっくり腰” が増えております!
本日はぎっくり腰で寝返りができなかった方が
その日には寝返りができるようになった
症例を紹介


ぎっくり腰といっても原因は様々で

〇筋肉や筋膜の問題
〇仙腸関節の問題
〇椎間関節の問題


などいろいろな原因で問題が起こります。

簡単に言うとぎっくり腰とは『筋肉のケガ』や『関節のケガ』です。

このようなケガに対しては健康保険の適応になります。
もう少しいうと『いつ』『どこで』『どのように』がハッキリ分かる場合に適応します。


今回のブログは保険や保険外治療のことは横に置いておいて
ぎっくり腰の治療で当院の面白い症例をご紹介!


40代の美容師の女性
朝起きて起き上がろうとしたら痛くて起き上がれなかった方で
寝返りや靴下をはく動作もできない方でした。

色々な検査や施術をしていって
腰や骨盤周辺の筋肉も問題があったのですが
一番問題となっていたのはなんと
『小指対立筋』という手の筋肉が問題でした!

ここの筋肉を少し痛いくらいのストレッチをかけてあげると
あら不思議寝返り動作が楽にできるようになりました
左手だったのですが、髪の毛をはさむ動作を繰り返した結果ここも凝り固まっていたんですね

起き上がり動作には『斜角筋』という首の筋肉を治療すると痛みがなくなりました。
この患者さん今ではすっかり日常生活は問題なく過ごせております。



このようにぎっくり腰は動くのも辛いのですが、
一見離れて関係のないような所まで痛みに関係している場合があります。
これが『筋肉や筋膜のつながり』です。最近はテレビで聞くことも増えましたよね。

もちろん痛みのある場所に原因があることもありますし、すぐ近くかもしれませんし、遠いかもしれませんが、いずれにせよ問診や検査が大切です。

レントゲンやMRIには映らないものを、
触診という技術で私たちは検査していきます。


痛みのでる動作や、痛めた時の動作など詳しく問診の時に教えてくださいね!




Instagram

https://instaviewer.co/user/asabuchuohseikotuin/5923008582 


Facebook

https://m.facebook.com/asabuchuoh/



肩こり・腰痛・頭痛・自律神経・産後骨盤矯正・不眠・便秘・生理痛・生理不順でお困りの方は 


地下鉄麻生駅2分 JR新琴似駅5分  

麻生中央整骨院

http://asabu-seikotsuin.com/  


札幌市北区麻生町6丁目 14-5大王ビル1 階  

011-708-1530