■エルムS(G3)
前回の【掟破りの金になる話】にも記載したように過去10年の優勝馬は昨年7番人気で優勝したのリッカルド以外の9頭は全て当日3番人気以内に支持された馬。

2着も9頭迄が当日8番人気以内。

年別で見ても馬連は2009年の1回以外は全て当日1番人気から8番人気以内の馬で決まっている。

以上から…馬連なら当日1番人気から8番人気馬のBOX買いで90%の確率的中する(はず)

朝から晩まで頭を悩ませても90%の確率で的中するなんて予想を見出だせない競馬予想に於いて的中率90%に魅力はあっても…

流石に馬連BOX28点は無いな…

ならば…過去10年の優勝馬9頭に該当する当日1、2、3番人気馬の…

1番人気から⇒当日8番人気馬まで7点。

2番人気馬から6点。

3番人気馬から5点。

計18点!!

それが不足なら…過去10年の連対馬20頭中※※頭が当日~※番人気馬で…近5年に限れば昨年の1回以外の4回は全て的中する的中率80%の当日~※番人気※頭BOX※点なら異存はあるまい!!

※※※ブログランキングで公開

←コチラで公開中


まあ、それはそれとして…ざっと登録馬を見渡せば3走前の1600万東大路Sで2着に0.7秒の差を付け完勝からオープンに昇級初戦の前々走大沼Sでは最速上がり36.9秒で2着に0.7秒/4馬身の差を付け完勝。

次ぐオープンマリーンSでは前走を更に上回る2着に0.8秒/5馬身もの差を付ける完勝劇を演じ、現在3連勝中のたテイエムジンソクが断然に映る。

まして前2走が当コースと同じ洋芝の函館。距離も当該距離と同じダート1700m。
その前2走を含めこれでダート1700mは3戦2勝/3着1回の馬券圏内100%。
洋芝(札幌)は2戦2勝の勝率100%だ!

陣営も「例年に比べてメンバーも強くないようですし…」と公言しているように重賞でもこのメンツなら人気でも逆らえないか…。

■関屋記念(G3)
過去10年で当日1番人気に支持された関西馬は3勝/2着3頭。着外は僅か1頭と信頼は厚い!

また前記の当日7番人気以内に支持された馬の中でも前走条件戦で当日4番人気以内に支持された馬は2勝/2着1頭/3着1頭。着外は僅か1頭とこちらも信頼は厚い。

従って軸は当日1番人気の関西馬が最有力だが…現時点(木曜日)で1番人気(想定)の【関東馬】メートルダールはどうか?

勿論、昨年の秋に1000万精進湖特別を勝ち上がり後、1600万昇級初戦の次走ウェルカムSこそ3着も2走目のアメジストSを完勝からG3新潟大賞典3着。

そして自己条件1600万にに戻った前走多摩川Sではクビの僅差辛勝とはいえ58キロのトップハンデを背負って勝っていることから現時点(木曜日)で1番人気に支持されるのは理解できる。

が、データからは決して有利とは言えない。

加えて過去10年の優勝馬10頭中9頭は芝1600~2000mの重賞で優勝の実績があったが、件のメートルダールには芝1600~2000mの重賞で優勝の無いメートルダールは優勝は厳しく映る。

相手関係を含め過去10年の傾向の前回の【掟破りの金になる話】は下記に掲載しました。

併せて馬券の参考にどうぞ!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

過去10年で9勝/2着8頭(勝率90%/連対率85%)を輩出している当日1~5番人気馬。

2着を7番人気まで手を広げれば連対率は100%だ!

な~んのこたあ無い!!

馬連なら当日1~7番人気馬の7頭BOXで100%の確率で的中するということ!

とはいえ如何に的中率100%とはいえ馬連7頭BOX21点は勝負に成らない。

が、いやいや……

馬連7頭BOX云々は言いっこ無し!

季節ハズレのお化けじゃあるまいに元〇〇を広告塔に「出るぞ!出るぞ!」と、射幸心を煽るインチキ/紛い物の提供する予想の数百倍にも値する…

馬連なら的中率100%なんて途方も無い数字を示しているこの話!!

が、それでも尚、どうしても馬連BOXの多点数買いはイヤだ!と我が儘をいうなら…

過去9年でどちらかは必ず連対している当日1番人気馬と2番人気馬。

1番人気馬⇒2、3、4、5、6、7番人気に6点!

2番人気馬⇒3、4、5、6、7番人気に5点!

合計11点!!

これでも的中率は7頭BOX全く同じ100%だ!

特に過去10年で当日1番人気に支持された関西馬は3勝/2着3頭。着外は僅か1頭と信頼は厚い!

また前記の当日7番人気以内に支持された馬の中でも前走条件戦で当日4番人気以内に支持された馬は2勝/2着1頭/3着1頭。着外は僅か1頭とこちらも信頼は厚い。

従って軸は当日1番人気(想定)の関西馬が最有力。

相手は前走条件戦で当日4番人気以内に支持された馬。

※但し、優勝に限れば過去10年の優勝馬10頭中9頭は芝1600~2000mの重賞で優勝の実績があった。
故に芝1600~2000mの重賞で優勝の無い馬の優勝は厳しい。

が、しかし前記はあくまで馬連の話。

3着には…過去10年で当日8番人気以下の馬が8頭。

そのうち10番人気以下の馬が4頭もハナ/クビ出して高配当を叩き出しているように三連系は堅くは収まらない。

よって、先ずは「的中」とお考えの方は無難に当日1番人気に支持された関西馬の馬連をお奨めする。

尚、過去10年のデータでは…先ずは当日6番人気以下の牝馬と前走G2の馬。

更に前走10番人気以下で当日10番人気以下の馬は3着圏内皆無であること。

更に更に当日8番人気以下の4、5歳馬は3着に1頭しか存在しない。

前記の不利なデータに該当するクラリティスカイ、マイネルハニー、マルターズアポジー、オールザゴー、ウキヨノカゼ、ムーンエクスプレス、ロサギガンティア、トーセンデューク、レッドレイヴンの9頭は割り引きが必要。

※人気は現時点での想定です。正確な人気は発走当日のJRAのオッズを確認して下さい。

馬券の参考にどうぞ!

無料予想を少しでも多くの方に見てもらう為にもクリックを宜しくお願いします。



ブログ更新通知をLINEで受け取れます



無料予想========================
ワイド3点応用馬券の◎〇のどちらかが1、2着する確率は70%以上。
3着以内に入着する確率は85%以上と非常に高確率で馬券に絡みます。
軸に良し!相手に良し!無論、◎〇▲の丸乗りも良し!
ワイド3点馬券を1日4~6鞍無料配信!
希望される方は無料メルマガをご購読下さい。
≫≫無料メルマガ購読
===============================