image226
■セントライト記念(G2)
2200m(芝・外) 
馬名 騎手 厩舎
アドマイヤアルバ 未定 須貝
エストスペリオル 大野
オウケンムーン 北村宏 国枝
ギベオン 戸崎圭 藤原英
グレイル 岩田 野中
ケイティクレバー 小林 杉山
コズミックフォース 石橋脩 国枝
ジェネラーレウーノ 田辺 矢野
ショウナンラーゼン 吉田隼 高野
ゼーゲン 未定
タニノフランケル 中竹
ダブルフラット 北村宏 中竹
トラストケンシン 三浦 高橋文
ブレステイキング Mデムーロ
メイショウロセツ 田中勝 河内
レイエスプランドル 内田博 吉田
レイエンダ ルメール 藤沢和

セントライト記念データ解析

■3着圏内皆無の前走距離1700m以下の馬
ギベオン

■3着圏内皆無の前走距離2500m以上の馬
ゼーゲン

■3着圏内皆無の当日6番人気(想定)以上の前走小倉の馬

タニノフランケル
メイショウロセツ

■連対皆無/3着1頭の前走条件戦&未勝利で5番人気以下の馬
トラストケンシン

いやはや困った・・・・然したるデータも無いことから不利なデータの該当馬は僅か5頭。

「データからの推奨馬」は12頭も残ってしまう。云わばソレだけ波乱満載と言うことだろうが・・・推奨馬12頭では話にならない。

従って今回は「データ解析」と【掟破りの金になる話】の併せ業で12頭から軸馬を導き出してみる。

3着までに菊花賞の優先出走権が与えられるG1菊花賞トライアルの当レース。

トライアルといえば御承知の通り実績馬の「ヤラズ」賞金足りない馬の「ヤリ」が定説。

しかし、このセントライト記念に限っては実績馬が強く、また近年は前走ダービーに出走した馬が好結果を残している。

先ず過去10年で当日単勝1番人気馬⇒3勝/2着2頭/3着1頭。

2番人気馬⇒2勝/2着2頭/3着1頭。

3番人気馬⇒1勝/2着2頭/3着2頭。

前記の通り当日1番人気~3番人気馬各々の信頼は微妙。だが、過去10年で前走ダービーから出走した馬は⇒6勝/2着4頭/3着3頭とかなり信頼は厚い。

特に2011年以降の近7年では5勝(勝率71.4%)2着4頭(連対率64.2%)

更に詰めれば近7年中2013を除いた6回の連対率は100%だ。

特に近4年では当日1番人気に支持された馬は3勝/2着1回と連対100%!

以上から「データ解析」で残った12頭の中では本来は前走ダービー3着の※※※※※が有利に映るが・・・残念ながら当日1番人気にはなりそうも無い。(想定4番人気)

※※※※※   で公開中

それでは当日1番人気(想定)のデビュー戦から全て最速上がりで3戦3勝!負け知らず※※※※※と前出の※※※※の2頭の何れかを軸に据えれば先ず軸は大きく外す事は無い!

※※※※※ で公開中

相手等や結論については次回の【掟破りの金になる話】の第2弾をお待ち下さい!

以上!!


御参考まで!



[最強]ランキング読者会員登録へ

※ブログ更新通知メールが届かない場合



驚異の三連単万馬券は2週連続10万、22馬券的中!!

詳細はコチラ
image357
image356