これを読めば馬券が見える!!
丸乗りすれば馬券は獲れる!

浅田駿の競馬道【掟破りの金になる話・最終章】

秋華賞(GI)
2000m芝(国際)牝(指定) 

馬名 騎手 厩舎
アーモンドアイ
ルメール 国枝
オスカールビー
川須 矢作
オールフォーラヴ
中内田
カンタービレ
武豊 中竹
ゴージャスランチ
横山典 鹿戸
サトノガーネット
浜中 矢作
サヤカチャン
高倉 田所
サラキア
池添 池添学
スカーレットカラー
岩田 高橋亮
ダンサール
Mデムーロ 須貝
トーセンブレス
藤岡佑 加藤征
パイオニアバイオ
柴田善
ハーレムライン
大野 田中清
プリモシーン
北村宏 木村
ミッキーチャーム
川田 中内田
ラッキーライラック
北村友 松永幹
ラテュロス
秋山 高野
ランドネ
戸崎圭 中竹


【掟破りの金になる話・第1弾】秋華賞では過去10年の結果を見ると、前走オークスから秋華賞に直行した10頭は全て3着圏内皆無。

掲示板すらない6着以下に敗退の前走オークスからの直行馬アーモンドアイラッキーライラック赤信号が灯ると記載したが、果たして本当に"そう"だろうか・・・・。

過去にオークスから直行して6着以下に敗退した10頭を更に踏み込んで精査してみれば、過去10年オークスの3着以内の30頭中、秋華賞へ直行した馬は2010年オークス2着のサンテミリオンの1頭のみ(秋華賞3番人気18着)。

大半がローズSか紫苑Sを1度使っていること。

ただしオークスから直行して飛んだ10頭の中にオークスの勝ち馬は存在しない。

直行云々はともかくとして、オークスで1着~4着に好走した馬は秋華賞で7勝/2着4頭/3着3頭と他を圧倒する桁違いの戦績を残していること。

そもそもオークス馬は6勝/2着6頭/3着6頭と堅実であること。

前記を重く見れば、オークス直行の不安も単なる杞憂に過ぎまい!

軸はオークス馬アーモンドアイで揺るがない!

image386

相手は・・・第1弾で挙げたように6勝/2着8頭/3着5頭を輩出しているローズS組から選出して然るべき!

先ずはローズSの勝ち馬でカンタービレ

次いで如何にも「思惑あり」とばかりにアーモンドアイと同一馬主シルクRから3頭出しのローズS2着サラキア

3ヶ月の休み明け初戦の関屋記念を勝ったプリモシーン

無論、桜花賞3着、オークス3着は伊達ではないラッキーライラックにも重い印を打たざる得まい!

他では格下感は否め無いが、目下3連勝中のミッキーチャームも侮れない。

従って相手は同一馬主
※※※※※の2頭。

※※※※※ に公開

特に、当初予定のモレイラが騎乗停止で池添に乗り替わりは何とも残念だが・・・・

※※※※※
あるぞ!!


    
に公開

サラキアに妙味あり!!


以上!御参考まで! 


秋華賞(G1)は三番勝負で提供します。



[最強]ランキング読者会員登録へ

※ブログ更新通知メールが届かない場合



≪PR≫=========

三連単小点数馬券
三連単8点~最大30点
三連複なら3点~最大10点

image191