コレを読めば馬券が見える!丸乗りすれば馬券は獲れる!!

【掟破りの金になる話】フェブラリーS(G1)

61d6d79e

JRAで今年初のG1となる東京競馬場のダート1600mで開催されるダートの頂上決戦フェブラリーS(G1)。

今年の話題は1にも2にもJRA所属で7人目の女性騎手となった藤田菜七子が根岸Sを勝って4連勝中のコパノキッキングでG1制覇なるや否やと囃し立てられる。

が、過去にJRAのG1に騎乗し勝利した女性騎手はギルデッドエージで中山大障害を勝ったロシェル・ロケットただ1人。

平地のG1では1990年のジャパンCでファントムブリーズに騎乗して14着に大敗した米国のジュリー・クローンだけ。JRAの騎手では初のG1に出走となる女性騎手の藤田菜七子が御輿に担がれるが・・・

そもそも日本人でG1に出走した女性騎手は存在しない。

果たしてJRA騎手では初となる女性騎手でG1出走の菜七子が根岸Sを勝って勢いに乗る4連勝中のコパノキッキングでG1を制し日本競馬史を塗り替えるか?

それとも客寄せパンダの役を見事に果たして散って見せるか?

いずれにしても何かと話題に事欠かない今年のフェブラリーS。

まあ話題は話題として・・・・ココから先は過去10年の傾向をサラッと紐解いてみる。

先ずは過去10年で当日1番人気に支持された馬は[3・2・3・2]連対率50%は少々物足りないが、10回中8回は馬券に絡む複勝率なら80%!

更に当日1番人気に支持された馬のうち単勝3倍を切った馬は7頭中6頭が3着以内に入着している事から、当日1番人気馬が単勝3倍を切ったら軸に相応しい。

特に三連系の軸には持って来いと言うこと。

更に更に過去10年の連対馬20頭中17頭(連対率85%)は当日5番人気以内に支持された馬であることを鑑みれば、当日1番人気~5番人気に支持された馬は高確率で連対する可能性が高い。

年別に見れば10回中6回が当日1番人気~5番人気。

賞味期限の新しい近4年では当日1番人気~5番人気で馬連は100%だ!!

※ちなみに菜七子で何かとお騒がせなコパノキッキングは近3年に限れば2勝/2着1頭!と連対率100%の前走G3根岸Sであることを付け加えておく。

いずれにしても出走登録馬も不明な現時点ではここまで!

詰めた話は次回以降にて!

以上!

御参考まで!!

     


無料公開


毎週全レースの軸馬をブログで無料公開!

更にその中から複勝率70%以上の堅軸馬を2~3頭公開しています。

また有料予想のワイド3点&馬連馬券を2~3レース無料公開しています。

※フォロワー登録をして頂くとブログ更新と同時に確実にご覧になれます。