ヴィクトリアM第2弾 

IMG_3419

過去10年の当日1番人気馬は[3.3.0.4]連対率60%はマズマズにも映るが・・・・近5年に限れば優勝皆無、2着2頭と振るわない。

ただ、近5年馬券から飛んだ1番人気馬はいずれも前走重賞で1着と好走し、本番前に使い切ってしまった感のある馬逹。

今年の1番人気馬はおそらくラッキーライラックかアエロリットであろうが、前走重賞を勝っていないので不利な条件に該当しない。

またラッキーライラックとアエロリットの両馬とも最終追い切りでは好時計を出しており1番人気不振のデータを重視して評価を下げるのは早計。

とはいえ前記の2頭は過去に当レースを勝った馬はウオッカ、アパパネ、ブエナビスタ、ヴィルシーナほどの実績馬かといえば然に非ず。そこまで信頼が置けない。

まして激荒れ傾向の当レース。当日1、2番人気を取り上げたところで本末転倒。

従って当欄では伏兵馬を取り上げてみる。

先ずは血統面からはディープインパクト産駒が好走しており昨年の優勝馬ジュールポレール、3着馬レッドアヴァンセは共にディープインパクト産駒

今年のディープインパクト産駒はカンタービレ、サウンドキアラ、サトノワルキューレ、プリモシーン、ミッキーチャーム、レッドオルガ、ワントゥワンの7頭。

前記の7頭から過去に好走歴の無い前走条件戦のサウンドキアラと2桁大敗14着のワントゥワンと、近5年3着圏内皆無と5着、7着、4着、5着、8着と阪神牝馬Sの勝ち馬ミッキーチャームには割り引きになる。

前走阪神牝馬S組が[4.4.3]昨年は1~3着馬が阪神牝馬S組と好走率の高く、更に角居厩舎から意欲の2頭出しカンタービレ、サトノワルキューレと東京コースは[2.1.2.0]3着圏内率100%のレッドオルガの前走阪神牝馬S組の3頭が有利

9着サトノワルキューレでも勝ち馬ミッキーチャームと0.3秒。6着カンタービレ、7着レッドオルガは僅か0.1秒の僅差。

阪神牝馬Sの勝ち馬が不振であることを鑑みれば前記の3頭が好走しても何ら不思議は無い。

所属別に見ると関東馬が[2.2.3]に対して関西馬が[8.8.7]と関西馬が圧倒的優勢

関東馬ではあるが、プリモシーン騎乗の福永騎手はヴィクトリアマイルを勝てば、武、蛯名、ルメールに次ぐ4人目の牝馬限定GI完全制覇の記録がかかっている。

前走ダービー卿CTからのローテは過去10年3着圏内皆無も11年前コイウタがダービー卿CT2着からここで優勝しておりココは勝負鞍!

以上を整理すると★★★★★★★★★★★★★★★の3頭が馬券に絡む可能性が高いと言うことになるが・・・・

このヴィクトリアマイルはブエナビスタが2010年1着、2011年2着、ホエールキャプチャが2012年1着、2013年2着、ヴィルシーナが2013年、2014年連覇、ストレイトガールが2014年3着、2015年、2016年連覇、ジュールポレールが2017年3着、2018年1着とリピーターが多く、今年は一昨年2着のデンコウアンジュが出走。

昨年は12着大敗も今年は福島牝馬Sを優勝して出走、デンコウアンジュも抑えたい。

馬連なら★★★★★★★★★★★★★★★、デンコウアンジュにラッキーライラック、アエロリットを加えた6頭BOX15点! 

★★★★★  に公開

★★★★★  に公開

★★★★★ に公開

以上!

御参考まで!


※尚、前記は全てデータに基づいたもので実際に提供する予想ではありません。
※また人気はあくまで現時点での想定です。正確な人気は当日のJRAのオッズを確認して下さい。

≪PR≫=========

【Easy Gallop】

先週、先々週は的中率36.2%。三連単30万馬券以上が3本を含み万馬券は7本でした!

image191


無料公開

【予想の根拠・買い目・購入割合】を記載して1~2レース無料予想公開
毎週全レースの軸馬をブログで無料公開!

また有料予想のワイド3点&馬連馬券を2~3レース無料公開しています。

尚、公開日、及び時間は未定ですので、確実にご覧になりたい方はフォロワー登録して頂くとブログの更新通知が届きます。当日の無料予想公開のお知らせも届きます。