兵(つわもの)どもが夢の跡

来週の安田記念(GI)の話の前に先ずは本日の日本ダービーと目黒記念の結果から。

【ダービーコース(G1)
資金倍増レース
■東京6R
◎ブーザー
〇ミッキースピリット
△イチゴミルフィーユ
[馬 連]2点本線的中!
[三連単]12点的中!
投資金1万円⇒3万9020円

≫≫実際に提供した原文

資金倍増を果たすも全額投資の日本ダービーは◎ヴェロックス▲ダノンキングリーも1着に12番人気ロジャーバローズで残念ながら不的中。

が、転んでもタダでは起きないのがプロのプロたる所以。勝負事は下駄を履くまで解らない。

最終最後の目黒記念は
◎ルックトゥワイス
△アイスバブル
△ソールインパクト
[馬 連]4490円的中!
投資金3万円⇒9万4290円

≫≫実際に提供した原文

安田記念(G1)第1弾

IMG_3468
2018年優勝馬モズアスコット


長距離はもとより中距離路線でも新風の吹き荒ぶ古馬戦線。

当、安田記念にも中距離で走っていた馬とマイルで走っていた馬がぶつかり比較対象が難しく難解。
過去10年の結果を見ても激荒れと迄はいかないものの三連単は7回が34万、33万、46万、37万、12万、15万、28万馬券と荒れ気味だが・・・・・・

今年は初出走から8戦7勝!2着1回。連対100%!

前哨戦を使わずに牝馬三冠を制し、更にはジャパンCでは2.20.6秒という驚異のレコードで2着のキセキに0.3秒の差を付け快勝。

更に年明け初戦のドバイターフ(G1)をも完勝し、目下7連勝中のアーモンドアイが抜けた人気に支持されるのは必定。

ただ、アーモンドアイ1強かと言えば・・・・・・・・

初出走から7戦6勝!

そのうちG1朝日杯を含め重賞5賞の戦績はアーモンドアイにヒケはとらないダノンプレミアム。
おそらくは2頭の一騎打ち濃厚の様相になるだろう。

この2頭に続くのは・・・とは、言っても、少し差があるがアエロリット、ケイアイノーテック、ステルヴィオ、ペルシアンナイト、モズアスコットのG1馬

次いでG2/3勝のサングレーザーやG2京王杯を1.19.4秒のレコードで快勝したタワーオブロンドンあたりが何処まで?という感じだが・・・・・・・・

まあ、各馬の実績なんぞは何もココで長々と語る迄も無く皆様の方が十分御承知のこと。

要はアーモンドアイとダノンプレミアムの二者択一が今年の安田記念のキモ。

ココからは過去10年の傾向から紐解いてみる。

先ずは当日1番人気馬は[4・1・1・4]そのうち前走G1(海外含む)だった馬が1番人気に支持されると[3・1・1・1]と高確率で馬券に絡んでいる

以上からは前走ドバイターフ(G1)を完勝したアーモンドアイが有利に映るが・・・・・・・・

気掛かりは過去10年で[0・1・3・47]と480キロ以下の馬に優勝は無いこと

また、牝馬で唯一、当レースを勝った、あのウォッカもギリギリ480キロ台であった事を鑑みれば480キロに満たない(想定)小柄な牝馬アーモンドアイ赤信号が灯る

正確な馬体重は当日の馬体重発表まで解らない。

いずれにしても今しがた日本ダービー、目黒記念が終わったばかり。

来週の安田記念云々は流石に気が早い。

如何に買えば的中に近付くか?次回の【掟破りの金になる話】をお待ち下さい。


  


今週の三番勝負は「安田記念」「鳴尾記念」更に「お試し企画」も用意しました。
奮ってご参加下さい。


公開日、及び時間は未定ですので、確実にご覧になりたい方はフォロワー登録して頂くとブログの更新通知が届きます。当日の無料予想公開のお知らせも届きます。



≪PR≫=========

尚、当サイトの姉妹サイト【Easy Gallop】が日本ダービーの三連複1万2050円的中しました。
【Easy Gallop】
万馬券的中証明書貼付中

image191