函館スプリントS(G3)

IMG_3505
2018年優勝馬セイウンコウセイ

夏の函館開幕週のメインはサマースプリントシリーズ第1戦G3函館スプリントS。

2012年に開催時期の変更があったが僅か1ヶ月なので、当欄では過去10年の傾向から紐解いてみる。

目立つところでは、過去10年1番人気は僅か2勝。近6年に限れば昨年ナックビーナスがギリギリ3着に入着した以外は3着圏内皆無であること。

対して2012年以降は二桁人気馬5頭を含み毎年6番人気以下の馬が10頭も3着圏内に入着しているように1番人気不振。対して低人気馬の激走があるレースで今年も波乱は免れそうも無い。

そんなドンブリにサイコロでも転がして出た目に張らなきゃ当たらない・・・いや、サイコロなんぞ転がしたところで当たる筈も無い波乱傾向のレースを過去の傾向から的中を導き出すなんて事は凡人の当方には到底でき無い。

が、僅かながらではあるが、個人的に好走する可能性の高い馬を導き出す事は可能だ!

先ずは「夏は牝馬」の格言があるように昨年は牡馬のセイウンコウセイが優勝したが[5・1・3・9]の牝馬(特に3、4歳)の好走がやたらと目立つ。

そもそも過去10年で牡馬が1~3着まで独占したのは2015年の1回しかなく、その1回以外は必ず牝馬が馬券に絡んでいる。

特にレコードが更新された2017年、2016年の勝ち馬は重賞勝ち実績のある3歳牝馬が優勝していることからも、先ず重賞勝ちの実績ある3歳牝馬に妙味がある!(今年は該当馬無し)

逆に人気して危ないのは2012年以降、1番人気で馬券圏外になった6頭のうち5頭に該当する前走高松宮記念で5着以内に好走した馬。
ちなみに高松宮記念5着以内で好走したのは世界のロードカナロア1頭(それでも2着)のみである。

従って前走高松宮記念で5着以内に好走したダノンスマッシュとティーハーフが人気したらヤバイぞ!!

少なくとも軸は高松宮記念組以外から選出することをお奨めする。

ならば何を基準に選出するか?

敢えて馬名を挙げれば・・・・強い馬も弱い馬もゴールで横並びで入着するように人のサジ加減で斤量付けるハンデ戦と異なり実績で付く別定戦の重斤量は力の証!

先ずは58キロのタワーオブロンドン

登録のあった安田記念を見送り。こちらに矛先を向けた時点でココ勝負は明白。

そもそも重賞3勝!G1/3着を含み初出走から10戦して5勝!2着2回(連対率70%)3着1回(複勝率80%)。2回の着外のうち1回は休み明けで10キロ増の太目残りのG3東京新聞杯の5着。

それでも勝ち馬インディチャンプ(安田記念勝ち馬)との差は僅か0.4秒。大敗はG1NHKマイルの1回だけ。

唯一の不安は初の距離1200mだが、芝1400mは1.19.4秒のレコードで快勝した前走G2京王杯SCを含み重賞2勝を含み3戦3勝の負け知らず!1400mをレコード勝ちしていることから1200mでスピード負けする事は無いはず。

いずれにしても現代競馬の必勝パターン、生産ノーザンF&馬主はサンデー&騎手はルメールの三種の神器に勝るとも劣らない。

生産ダーレージャパン&馬主ゴドルフィン&厩舎は藤沢和厩舎!騎手は前走から連続騎乗の外国人騎手レーン。58キロの斤量が嫌われて1番人気にならないなら是非も無い!お奨めだ。

タワーオブロンドンを評価するなら、前走56キロで京王杯SCを勝ったタワーオブロンドンは前走から2キロ増の58キロ。対して0.1秒の僅差2着のリナーテは斤量据え置きで前走と同じ54キロ。前走2キロ差が4キロに差が広がれば机上の計算では逆転もある。
好走率の高い牝馬であることも推し材料だ!

後は、新馬、G3函館2歳Sを小崎で勝っているので然ほど気にする必要も無いかとも思うが・・・前々走4番人気で13着の二桁大敗からか?前走の新設重賞の前走葵Sは福永に手を替えた(タイム差無し2着)経緯を鑑みれば勝負駆けなら小崎より福永では?とも思う(福永は52キロは減量しないと無理か?)が、まあ、函館芝2戦2勝の重賞実績のある洋芝巧者で最軽量52キロと斤恵まれる3歳馬。

更に3戦2勝/2着1回(連対100%)の芝1200mなら有力馬の1頭に加えない訳にはいくまいアスターペガサス

高松宮記念で6着以下(7着)の牝馬デアレガーロ
高松宮記念で6着以下(12着)の牝馬ペイシャフェリシタ

さてさて、問題は過去10年で単勝1番人気で馬券圏外になった6頭のうちの5頭に該当する前走高松宮記念で5着以内に好走した馬。

前記の通り高松宮記念5着以内に好走した馬で馬券に絡んだのは世界のロードカナロア1頭のみ(それでも2着)である。

従って前走高松宮記念で5着以内に好走したダノンスマッシュとティーハーフはどうか?

特にG1高松宮記念で単勝2.5倍の1番人気に支持されたように短距離なら大崩は無いダノンスマッシュの扱いが難しい。

肝の座らない当方には完消しにするほどの勝負度胸は持ち合わせてはいないが、大差や大敗ならイザ知らず1番人気で負けたのが余程気にくわなかったのか?僅か0.2秒の僅差4着で主戦の北村友からテン乗り川田に乗り替わりも解せない。

が、まあ、どちらにしても、過去10年で僅か4連対!近6年では優勝どころか連対皆無。
3着に僅か1頭の当日1番人気馬。

まして前走高松宮記念で人気で好走し当レースで人気になった馬が馬券から飛んでは最高配当は馬連2万7340円、馬単6万8720円、三連複20万320円、三連単94万4140円と波乱になる事が解っていながら前走高松宮記念組で配当妙味の無い単勝1番人気ダノンスマッシュを軸に据える気は無い!

※ちなみに高松宮記念を含みG1/6勝!あのロードカナロアでさえ当函館SSは2着であった。

以上!

御参考まで!!

ブログ開設3周年記念特別キャンペーンの詳細


応援クリックのお願い

このブログは少しでも皆様の予想のお役に立つよう一生懸命に精査検討して書いています。
しかしながらブログランキングは、いくら有益なブログを書いてもバナーを押して貰えないとランキングは上がりません。一生懸命書いても書かなくてもランキングに大差が無いとブログの更新も疎かになります。

つきましては少しでもお役にたつブログがあった時は下記のバナーをクリック頂ければランキングに反映されますので、皆様の1回の応援クリックが大きな励みになります。役にたつブログがあった時はクリックのほど宜しくお願い致します。



最強競馬ブログランキングへ



中央競馬ランキング


FC2 ブログランキング


公開日、及び時間は未定ですので、確実にご覧になりたい方はフォロワー登録して頂くとブログの更新通知が届きます。当日の無料予想公開のお知らせも届きます。



≪PR≫=========

良い予想は黙っていても売れる!が、しかし、その予想の中身が解らなければ知る由も無い。
如何に読み・・・・
如何に紐解き・・・・・
如何に提供するか・・・
中身を知って頂く為に三番勝負の【お試し】を低価格で提供致します!
今週より三番勝負【お試し】は姉妹サイト【Easy Gallop】での提供になります

image191