image675

スプリンターズS(G1)

今後ブログを書く際の励みになりますので、このブログが少しでも役にたった時は下記のバナーの1クリックを宜しくお願いします。

   

競馬ファン待望の秋のG1シリーズ開幕第1弾はスプリントの頂上決戦!第55回スプリンターズSにはフルゲート16頭の枠に快速自慢21頭が登録(ヨカヨカは骨折で引退)。
フルゲート割れの多いスプリンターズSでこれだけ大挙登録してくることこそ今のスプリント界に抜けた馬不在であることの現れ。

要は既に波乱になる前兆は自ずと見えているということだが・・・・・・・・・
前述の通り出走馬も確定していない段階でああだこうだの講釈は如何にも早計。

ココは余り出過ぎた事はくっちゃべらずに当たり障りの無い過去10年の傾向を記載してみる。

先ず過去10年の当日1番人気は【5・1・1・3】で連対率60%はマズマズ。
またその1番人気を含め1~3番人気の合計は9勝/2着6頭/3着1頭で連対率は75%!
特に近年はその傾向が強く当日6番人気以下は【1・3・8・98】と振るわない。

過去10年のステップでは5勝/2着4頭/3着3頭の前走セントウルS組が優秀。
内訳は1着馬が2勝/2着2頭/3着1頭。2着~5着が3勝/2着2頭/3着1頭。
2018年以降の近年3年は前走セントウルS組が連続連対中!
次いで2勝/2着1頭の前走G1安田記念組(今年は出走無し)。

馬齢別では4歳が4勝/5歳3勝/6歳3勝。
特に前走が1~4番人気だった5歳は3勝/2着5頭/3着1頭。6歳は3勝!

中でも前走が1~4番人気で今回が1~3番人気の5、6歳馬は休み明けも含めて5勝/2着4頭!!滅法強い。
が、好走率の高い前走セントウルS組で前記に該当する馬は今年は不在。
と、なると前走セントウルS組で1番人気&1着。今回も1番人気(想定)の4歳馬レシステンシアが浮上するが、いずれにしても過去10年で当日1~3番人気の合計は9勝/2着6頭/3着1頭。
連対率75%の当日1~3番人気馬が滅法強い!

それなら馬連は当日1~3番人気の3頭BOXで75%当たるのか?!と、思われた方はまさに計算音痴。

確かに当日1~3番人気馬の連対率は75%だが、過去10年で1、2、3番人気の組み合わせで決まった馬連は5回。とはいえ、たった3点で的中確率50%は決して悪くは無い数字。

買うならど-ぞ。と、いうことで、ココまで連々と書いてはきたが確定的な判断はまだまだ早計。
気の弱い方は立ち眩みのするような当方の競馬勘に閃く馬は次回までお待ちいただくとして・・・だからといってこのまま尻切れトンボといかないのが予想屋稼業の辛いところ。
と、いうことであくまで現時点での個人的な所見を一言。
先ずは馬格のある4歳、5歳。数頭いるが軸は4ヶ月の休み明けをクビ差なが当レースで好走する王道ローテの前走セントウルSを快勝したレシステンシアが馬券圏内を外す絵は浮かばない。が、配当を考慮した狙いは前走はスタートでの躓きが災いし終始後方からの競馬を余儀無くされ結果は0.2秒差4着も上がりは勝ち馬より1.4秒も速い驚異の32.65秒なんてトンでもな鬼脚を披露したジャンダルム

次いでG3の前々走1着、前走2着を含み芝1200mは6戦3勝/2着1回/3着2回とココにきて本格化の兆しファストフォース

ちなみに前々走G3CBC賞2着、前走G2セントウルSではレシステンシアにクビの僅差2着に好走した上位人気必至の3歳馬ピクシーナイトだが、3歳馬は過去10年で2着に1頭、3着1頭のみである事は覚えておかれたい。

以上!御参考まで!!

※尚、前記は浅田駿が提供する実際の予想と全く同じとは限りません。予め御了承下さい。

※また人気はあくまで現時点での想定です。正確な人気は当日のJRAのオッズを確認して下さい。

image680

【秋のG1special】
いよいよ秋のG1が開催!
これに併せて毎年恒例の【秋のG1special】を募集します!
奮って御参加下さい!

image663

image660

image141

image212


Easy Gallop≫=========
26週連続的中継続中!
1日1350円。1レース675円。2日で2700円なら試して見る価値は有るのでは無いでしょうか。多数様の御参加をお待ちしております。

大口投票はメールマガジン限定で配信します。
希望される方は登録して下さい。

■競馬TV登録
メルマガ登録・解除
メルマガID:002089
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV


■トレマグ登録
メールアドレス(半角):