image705

秋華賞(G1)

月曜日の時点で申し上げた通り、結局、右を向いても左を見ても、猫も杓子も競馬マスコミも鐘や太鼓で白毛の桜花賞馬ソダシ、ソダシ、ソダシと神輿に担げば単勝1倍台に押し上げられる。
挙げ句の果てには穴党迄もがソダシから紐薄目勝負等と宣う始末。
穴党が単勝1.9倍の馬から馬券を買うようになったら穴党の看板を掲げる資格は無い!
とっとと穴党の看板を降ろした方がいい!

そもそも堅いと思えば荒れて、荒れると思えば堅く収まるのが競馬。
単勝1.9倍の抜けた馬がいるなら、是非も無い!まさに小銭で一獲千金狙いの穴党の出番では無いか!

どちらにしても競馬というもの単勝1点!複勝1点以外は必ず相手があって成立するもの!
要は単勝1.9倍の馬1頭で勝負になるのは複勝110円でも大枚張れる御大尽様以外は1頭では勝負にならないということ。

勿論、有り余る原資を持っている御大尽様はソダシの単複1点の大口投資をど―ぞ!ど―ぞ!
持ち合わせの乏しい小銭勝負の当方の馬券戦術はそのソダシを負かす可能性のある馬をから入るのが馬券の鉄則!

何故ならソダシから相手を数頭買って、たまたま薄目が来たところで余程の薄目でない限り高配当は期待できない大多数がチョロチョロか、ガミ、トントンが良いところ。
典型的なハイリスク、ローリターンの馬券。

だが、ソダシ以外の馬を軸に据えた馬券は軸馬が馬券に絡めばソダシが来ても的中する。
万一、ソダシが連を外せば高配当!罷り間違って馬券圏外にでもなろうものなら暮れの特別ボーナスどころか正月の御年玉から餅代まで賄える大枚が懐に入るでは無いか!

要はソダシを軸に据えて的中した馬券とソダシを相手の1頭に据えて的中した馬券は、結果、同じ的中でも中身と期待値が全く違うということ!

従って1本被りの馬がいるレースこそ逆張り!!

後は第1弾に記載しているのでそちらをご覧いただくとして

ちなみに直近で当方の競馬勘に反応したスルーセブンシーズにはある程度、重い印を打つ気でいることを付け加えておく!

以上!

御参考まで!


今後ブログを書く際の励みになりますので、このブログが少しでも役にたった時は下記のバナーの1クリックを宜しくお願いします。


   



大口投票はメールマガジン限定でレース当日配信します。
希望される方は登録して下さい。

■競馬TV登録
メルマガ登録・解除
メルマガID:002089
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV


■トレマグ登録
メールアドレス(半角):