image65

阪神JF(G1)

今週のG1は2歳牝馬の頂上決戦/阪神JF!

桜花賞と同じ舞台設定の阪神芝1600mで争われる当レース。

来年のクラシックを占う意味でも重要な一戦となるが、まだまだ比較対象する材料が少ない上に、成長途上の2歳馬の戦いを絵に書いたように馬連でも3万5990円、三連単に至っては100円玉1枚をまるでマジックの如く一瞬で帯3本/1万円札300枚以上に替えた304万7070円の超万馬券が出たかと思えば、三連単でも4250円や5020円の低配当もある波乱と平穏が両極端で、なかなか傾向の読めない難解なレースだが、波乱にしても平穏にしても、それなりに傾向は有るもので、過去10年の連対馬全20頭中17頭(連対率85%)は当日6番人気以内。

近8年なら16頭中15頭(93%)が6番人気以内。

年別に見ても10年で7回が当日6番人気以内。
近5年の馬連なら当日1~6番人気で的中率は100%だ!

前記の結果からは馬連なら当日1~6番人気の6頭BOX15点で100%的中する!

過去8年にまで手を広げても87.5%の確率で的中することになる!


以上から四の五の理屈は無用!
先ずは馬連なら当日1~6番人気の6頭BOX15点が買い!


なんて事を書くと「ガミ、トントンのある6頭BOX15点なんぞ買えるか!」軸が無くして何の予想か!」と宣う天の邪鬼が現れる。が、それも無理からぬ話。


まあ、その辺りは的中率を重視するか、回収率を重視するか。各々の競馬感によって様々。当方は過去の傾向をただ熟々(つらつら)と記載しているに過ぎない。どう受け止め、どう使うかは、各々の勝手。御随意にどうぞ。

ただ、走るのは純粋にひたすらに走る馬。しかし、走らせるのは欲と得とにまみれた人。
過去の当レースの結果を見てもノーザンF生産馬が7勝!2着6頭。優勝&2着の大多数がノーザンF生産馬。が、いずれにしても、まだまだ海の物やら山の物やら解らない2歳馬。現時点で優劣をつけることは危険。

ただ、強い馬を物理的に定義すればハイペースで飛ばしながら最速の上がりを使える馬が強い。
前記に重きを置けば出遅れを喫した新馬戦を上がり33.3秒で完勝

前走1勝クラスの赤松賞でも新馬戦同様に痛恨の出遅れを喫しながら赤松賞で最速の1.33.8秒の走破タイムを計上。

更に上がりは前日のG2東スポ杯2歳Sを勝ったイクイノックスの上がり32.9秒に僅か0.1秒劣るだけで、赤松賞と同じ日に同じ舞台で開催された3勝クラスの秋色Sの勝ち馬ゴールデンシロップの上がり33.2秒より0.2秒も速い33.0秒の最速で2着に0.3秒/1馬身3/4の差を付けて快勝したノーザンF生産馬&馬主キャロットFで当舞台と同じ芝1600mを2戦2勝の負け知らず!★★★★★が勝負師の競馬勘にピクピクと反応する!

★★★★★ブログランキングへ公開


ましてC・デムーロに乗り替わりは、騎手になって13年もG1勝ちの無い皇成から、餅代の少しは持たせて帰したいJRAの計らいか。はたまた競馬村の住人の総意か。いやいや忖度か。

いずれにしても競馬村の真意はいつも闇だが、が胡散臭い事は確かだ!

もう1頭は芝1600mは2戦2勝の負け知らず!★★★★★との丼もあるぞ★★★★★

★★★★★ブログランキングへ公開



後は生産ノーザンF&馬主サンデーRのステルナティーアと同じく生産ノーザンF&馬主はサンデーRのベルクレスタの生粋の社台馬2頭は当然に注視が必要!

と、なると新馬から3戦3勝でG3ファンタジーSの勝ち馬で1番人気(想定)ウォーターナビレラに赤信号が灯る。

確たる結論は出走馬確定後の浅田の最終決断まで待ち頂きたい。


以上!御参考まで!!

※尚、前記は全てデータに基づいたもので実際に提供する予想ではありません。
※また人気はあくまで現時点での想定です。正確な人気は当日のJRAのオッズを確認して下さい。

image52

Easy Gallop≫=========
1日1350円。1レース675円。2日で2700円なら試して見る価値は有るのでは無いでしょうか。多数様の御参加をお待ちしております。
大口投票メールマガジン・Twitterで配信します。
希望される方は登録して下さい。
⇓ ⇓ ⇓ ⇓

メルマガ登録・解除
メルマガID:002089
 
 

ご利用規約 powered by 競馬TV


■トレマグ登録
メールアドレス(半角):