浅田結梨のブログ-お帰りなさいませご主人様-

2016年12月17日

NONFIX 



こんばんは。

浅田結梨です。
(ゆーりまんって呼ばれてます)

本日は、
NONFIX 「脱ぐオンナたち ~アイドルになる~」
2016年12月17日(土)02:50〜03:50 
放送(2016年12月16日(金)26:50~27:50放送)
番組内容は⇒http://www.fujitv.co.jp/nonfix/library/2016/671.html


ご視聴いただき、
ありがとうございました!

番組をみて、Twitterやブログを
覗きにきてくださった方も多いのではないでしょうか。

ここでは番組では話せなかった
コトなども交えて書いていきたいと思います。

私は現在、
「AV女優」という職業で生きています。

どうしてAV女優になろうと思ったのか。
2つの理由があります。

ひとつは、そのとき私がやりたかったことの条件にこの職業が1番当てはまっていたから。

もうひとつは、直感です。

ここからめちゃくちゃ話が長くなります。
こいつなにが言いたいの?って思ったらスルーしても構いません。
ただ、私みたいな子もいることを知ってほしい。

「AV」=「悪い仕事」
っていう価値観を1度置いて読んで
ほしいです。


↓↓


私は高校1年生のとき、
突然学校へ行くことができなくなりました。

ギリギリで受かった進学校。
学力的には日々の授業についていくのが精一杯で、
大量の課題や毎日の部活、
新しい友達や先生への気疲れなど、知らない間に全てがストレスになっていました。

担任の先生は「勉強ができないお前らはクズだ」って言ってた。

「学校選び間違えたかも…」と、心の中で思った。
進学校にいけば親は安心するし、
私も将来安定。って思って進んだ学校。

なんとか粘って3年間頑張ろうって
思ってた。きっと自分ならできると。

1年生の秋、
毎朝教室へ行こうとすると頭痛がして、
体ごとぺしゃんこに押し潰される感覚がした。

ある朝ベッドで目覚めた時に、頭の中でなにかが「プツンッ」って切れる音が聞こえた。

体調不良という名目で休んでいた私を心配してくれる友達からのLINEがあった

段々、減っていった。

学校で会っても話せなくなった。

陰で悪口を言われている気がした。

「嫌なことから逃げているだけ」
「甘え」って思う人もきっといると思う。

いつもポジティブだった自分が嘘だったかのように思えた。
毎日ワケも分からず泣いていた。
毎日「死んでしまいたい」という気持ちでいっぱいだった。


しばらくは昼夜が逆転し、家に引きこもる生活が続いた。

周りの人の支えもあり、
昼間はバイトをしながら
行けそうな時には学校へ行く。
という生活が高校2年生の夏からはじまった。

仕事で疲れて帰ってくるお母さんはいつも優しくて、
決して私に
「学校へ行け」とは言わなかった。

お母さんは誰よりも私の親友だった。
当時、周りの人たちから
「頑張れ」と言われることや、
人に会うことが恐怖に感じて
外に出ることがなによりも苦痛だった私を察していたかのように、いつも私を支えてくれた。

そんなある日、出会い系というものをみつけた。
バイト先を変えても毎日同じルーティーン。
家にいるのも飽きてくる。
そんな私にとって、出会い系はとても新鮮なものだった

最初はただの暇つぶしだった。

保育園生のころ、オナニーという意識はなく、男の子のおしっこをこっそり覗き見するのが好きだった。
性欲は強いってなんとなく
感じてた。

バイト先以外では男の人との交流
は皆無だったので、
常に新着メッセージが来ていて、
それらのやり取りはすごく楽しく思えた。
チヤホヤされている感覚がたまらなかった。

そして、
画面の向こうの人に会いたくなった。

薄々、体目当てだって分かっていたけど、それでも

つまらない時間、
誰にも必要とされてないって感じてた心の隙間が埋まっていくような感じがした。


私は処女を出会い系で知り合った人に捧げた。

ずっとSEXをしてみたかった。
達成できた喜びで胸いっぱいで、
処女のありがたみ
とかはよくわからなかった。


SEXをしている時、嫌なことを
すべて忘れられた。


人に誇れる趣味も特技も
なかったし、
頭もよくない、
運動もできない、
すごくスタイルがいいわけでもない、
地味でブスなわけでも、可愛いわけでもない、微妙なラインの顔つき。

そんな私でも、
SEXをするたびに
名器だ。とか、フェラがうまくなったね。とか、喜んでもらえる事が嬉しかった。

認めてもらえてるような気がして
エッチなことが私の中でほんのすこし自信になってた。



いつからか東京に住みたい。と思うようになった。


どうせ高校へはほとんどいってないし、
出席日数は足りなくて留年が
決まってた。

だったらいっそのこと辞めてしまって、
同級生とはちがうことをしてみようって思った。


色んな経験が
できるって思ってた。
そして、出会い系を使って男の人ともっと
知り合ってSEXできるって考えた。

(単純すぎる… 高校生の私、怖…)



実家は裕福ではなかった。
私には妹弟がいる。
2人とも学生でまだまだ学費がかかる。


それなのに、上京費用を出して送り出してくれた両親には一生頭があがらない。


自立してほしいから、あなたが
今の状況から変われるなら応援する。

そう、お母さんは言ってくれた。

寂しい気持ちはあったけど、
上京してきたことの喜びに加え、
バイトの忙しさ、
出会い系を行き来していれば寂しさなんて気にならなかった。


上京生活にも慣れてきた頃、
ボロいアパートに住んで食費や光熱費を切り詰める生活が
だんだん苦痛になってきて、家族に会いたくて仕方なくなっていった。


でも、このままなにもできずに実家にすごすごと帰るのだけは絶対に
嫌だった。



生活費くらい自分でなんとかしなきゃって思った。

お金が必要だった。



性欲が強い、
エロいことが好きという
取り柄を武器に、
18歳の誕生日を迎えたらすぐに
風俗の面接へいこうと決めていた。




私はお母さんの送り出してくれたときの言葉を間違った方向へ受け取ってしまったのかな?って今でも不安になったりする。



両親に楽をさせてあげたかった。




風俗のお店の面接の帰り、
AVにスカウトされた。



あまりに突然すぎて
びっくりしたけど、



実家にまだ住んでいたとき、
「恵比寿マスカッツ」の番組を
夜中、観ていた。
私にとってはテレビの中の人たち。
きらきらしていて可愛い人たち。
夢のまた夢の人たち。



そんな人たちの職業に初めて
スカウトされた喜びと、
何よりお金が必要だった
私は話だけでも聞いてみることにした。




お母さんに電話をかけて
「私、AV女優になる!」って
言った時は怒鳴られまくったけど、
当時の私はなぜか諦めちゃいけない
チャンスのように感じてて、
1週間説得し続けて、
「あなたが自立できるなら、
それでいいよ」
って言ってもらえた…。




そのあとは、
トントン拍子に話が進んだ。




デビュー前に10㎏ダイエット
することになった。



お金がなさすぎて、当時付き合ってた彼氏に30万円借金したりもした。
(AV女優になってからお金を
貯めてすぐに返したよ)






デビューまで長くて大変な道のりだったけど、その分本当に嬉しかった。


お客さんの笑顔が、
写真のストロボが、眩しかった。




頑張るたびに成長したね。って
写真を撮られるたびに可愛いね。って言ってもらえて、


カメラの前で服を脱ぐことは
恥ずかしかったけど、


みんなに褒めてもらえること、

喜んでもらえること、

ただただ嬉しかった。







だれかに必要とされている
感覚を初めて心から味わった。






ようやく私は居場所を見つけた。






生活にも余裕ができた。



⑵に続く


asadayuuri01 at 03:45│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 三太…苦労する   2016年12月18日 11:22
Don't deny, give it a try !!


否定なんてするよりも?
まずは受け入れてみよう。


ボイン…!?
暴食…!?


気ィつけやぁ~
2. Posted by 柿の種   2017年05月01日 23:05
5 作品はサンプルでしか見れてないけど
可愛い(^^)

これからもお仕事頑張れ〜!


そして家族を大切にしてくださいね

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
LINE
SEXY-J
出演作品
5/19発売


5/19発売


5/18発売


5/3発売


4/27発売


4/19発売


4/12発売


4/1発売


4/1発売








写メ査定
ツイッター
☆所属事務所のツイッターです☆
SHOW ROOM