2013年5月30日(木) 豊田スタジアム 日本 0-2 ブルガリア


ふぅーっ、まず深呼吸をしよう。少し、テレビ朝日の必死なオーストラリア戦アピール戦略に
あてられてしまっているんだろうか・・・・。いや、もちろんオーストラリア戦に負けるなんてクソほども
おもってねぇし、1ミリもオーストラリアを侮ってもいない!とはいえ、俺たちが目指しているのは
あくまでワールドカップ!決して、W杯出場が目標ではなく、ワールドカップでの成功!決して、
近道を選ぶことも、遠回りすることもなく、正々堂々、世界にリスペクトされるようなチームになって
ワールドカップに挑むこと!!とはいえ・・・とはいえ、負けて悔しくないわけがないっ!
やっぱ、テレビ朝日の必死ごり押しなオーストラリア戦の熱にあてられてんだろうなぁー、冷静に
考えても・・・オーストラリア戦・・・ま、どんなにサッカー歴長かろうが、この瞬間だけは一般人と
同じ気持ちになってしまうんだから、しょうがないやw

20130530-soccer-1

さて、今回のブルガリア戦、まずはブルガリア代表がマジメに戦ってくれたことに感謝。最近の
日本代表のマッチメイク、マジで恵まれてる気がするなあぁー。あまり、協会を褒めたくないけど、
マジメに戦ってくれるところを招聘できてるのは、本当に喜ばしいこと。特に、今回のブルガリアは
”自分たちの戦い方”を持っていて、本当にやりがいのある試合だったと思う。W杯に向けて・・・。
いや、まぁ、対オーストラリアに向けてのマッチメイクじゃないのはさすがにわかるわー。ま、
ちょっとオーストラリア戦にひきづらないか心配になる敗戦だったかな。

まず、ブルガリアが良かったのは前線からのマジメなプレッシングと選手間の距離、そして個々
がしっかりしているけど、強烈な個が存在しない分、統制のとれた組織的な戦い方をしていた
と思います。スター選手の良さを引き出すために個々が犠牲になって走り回る、ではなく
個がないからこその組織的な戦い・・・昔の日本・・・ちょっと言い過ぎですがw
こういう相手を相手にするときに必要なのは、逆に圧倒的な個を持っているか、もしくは我慢
比べで同じく組織的な戦いをして、相手のミス待ち、もしくは飛び道具(セットプレイ)で戦う
んですが、今の日本はどっちかって言うと個の力を持ったチームだと思ってます。ちょっと、
描き方違うな。個ってのは、個人の個ではなく個性の個、つまりストログポイント。リアクション
サッカーではなく、自らアクションを起こして戦えるってこと。今の日本は、そういったストロング
ポイントを持ち始めたチームで自らがアクションを起こして試合の主導権を握れるチームに
なろうとチャレンジしている。とはいえ、まだ発展途上でストロングポイントも条件が揃わないと
発動しない限定的なストロングポイントでしかない。だから、ブルガリアのような組織的かつ
機能的な戦い方をしてくる相手には・・・・。

正直、ブルガリアの1点目、川島に止めてほしかった。相手の選手がブレ球を蹴れる情報が
無かった・・・ってのはいいわけにならない。本当に想定外、過去に誰も蹴ったことのないような
魔法のようなボールだったらいざ知らず、あらゆることを経験という武器で対応していくのが
GKだと思っている。そういった意味で、ブレ球を想定しなかったのは川島自身の能力不足
と言っていいと思う・・・、ミスではないけど目指すところが高いんであれば、これも経験として
蓄積していってほしい。

で、3-4-3ですが・・・。うーーん、僕の3-4-3の見解なんですが、攻撃時、4人でボールを
まわしていた最終ラインを3人で行い、両サイドのDFはワイドに展開することで、今までサイドバック
がやっていた仕事を左右のDFが行うことで、左右の両WBが高い位置をキープできる、そして
4-5-1の時のWBがインサイドハーフ、もしくはダブルトップ下、もしくは2シャドーの位置取りが
でき、かつウィング的な役割もできる。早く言えば、今までのサイドワークの中でよりトップ下が
絡みに来てくれるってことだと思っている。
ただ、これはあくまで上手くいっていれば、って前提。何のリスクもなく、”今まで通り+α”なんて
都合のいい展開はないわけで。
やはり、今まで4人で守っていた最終ラインを3人で守らなきゃいけない・・・、一人で守るスペースが
広くなったこと、パスを通す距離が広がったこと。そして、攻め上がる前の距離も広くなった。
左右のストッパーが攻守でしっかりしないと、機能しない戦術って感じっすかね。ちょっと、今野、
麻也の攻め上が低いのもあって、両WBも低い位置取りしかできないから、前への推進力も
ないし、攻めようと思ってもすぐに縦を切られてしまい、攻め手を失う。両WBは、もうひとつ前に
ぽじしょん取りできて、両ストッパーがそこに恐れずにパスを出せるようになれば、全然違って
来ると思うんだけど。
やはり、まだまだ課題が多い・・・というか慣れの問題だと思うんだけど、我慢強く3バックを試し
続ける時期は過ぎてしまったし、4バックで結果も内容もついてきちゃってるからね。3バックを
今試さなきゃいけない理由は、実はザックの信念ではなく、故障がちな本田が本番で使えなかった
時のことを考えなきゃいけないってことが本音だと思う。今日のブルガリア戦を見ればわかると思う
けど、あれだけ結果を出して内容も付いてきていた4-5-1も本田がいないと、組織的な
守備を崩せないし、得点のにおいがしない。そういった意味で、3-4-3は、実は香川が活きる
システムなんじゃないか?って今日、思ったッス。限定的ではあるけど、香川らしさがでる
バイタルエリアでの動きが今まで一番多かったんじゃないかな。しかも、あんまり攻め込んでいない
のに。

とはいえ、3バック、4バックともに組織的な相手を崩すアイディア不足・・・、やっぱりちょっと
本番前でコンディションが落ちているときなのかも・・・いつもより全選手の精度が悪かったし。

さて、個々で気になった選手がいたんで、ちょっと触れてみたいと思います。
まずは、ハーフナー。正直、前田が不調っぽいでポジション奪取のチャンス!!オランダリーグで
11ゴールを奪ってきたせいか、少しオーラをまとっていた。とはいえ、楔のプレイで飛び出す選手
との息が合わない、もしくはパス出しが甘すぎる点が多く、ちょっとイラッとするとこがあったけど、
ちょっと自信をつけてきたのはわかる。だから、フルで使って結果を出してみれば、化ける可能性
を凄く感じました。
乾はやっぱりスペシャルだな。清武と比べられるというか、狙えるポジションがあるとすれば岡崎、
清武のポジションだと思うんですが、清武が繋ぐ選手、岡崎が決める選手ならば、乾は仕掛ける
選手。こういった組織的な相手には最も危険な選手だと思う。スタメンで使える選手かどうかは
別としても、日本代表の中では仕掛ける選手ってあんまいないから、ガンガン行ってほしい。

あとは、全体的に低調すぎて評価がしずらい。遠藤のミスが目立つのと、長谷部のボール受ける
率の低さは気になった(オウンゴールは気にしない)。


とりあえず、後半は3バックのダメだったところを引きづりスギって感じだったなぁー。サイドバックが
全然、あがれんのやもん。ボールホルダーを追い越す動きが少なすぎて、出しどころがなくバックパス
ってのが・・・。

オーストラリア戦、心配はしてない。このチームは、戦うときは戦う選手たちだし、普通に戦えれば
負ける相手ではないし、俺たちが勝たせるに決まってっし!!スタジアムだけじゃなく、日本全国
青くして、全力で応援すっし!一緒に戦う!!
とはいえ、世界を見つめた時に今日の試合をみると・・・orz 本田頼りはしたくないんだよなぁー。


[関連記事]
2014年W杯アジア最終予選 ヨルダンVS日本 速報評
キリンチャレンジ杯 日本VSラトビア 速報評
2014年W杯アジア最終予選 オマーンVS日本 速報評
2014年W杯アジア最終予選 日本VSイラク 速報評
キリンチャレンジ杯 日本VSUAE 速報評
2014年W杯アジア最終予選 オーストラリアVS日本 速報評
2014年W杯アジア最終予選 日本VSヨルダン 速報評
2014年W杯アジア最終予選 日本VSオマーン 速報評
キリンチャレンジカップ 日本VSアゼルバイジャン 速報評
ワールドカップ・アジア3次予選 日本VSウズベキスタン 速報評
キリンチャレンジカップ 日本VSアイスランド 速報評