2019年3月23日(金)            日本 0-1 コロンビア


香川、背番号10復帰!!!
香川、乾、南野、中島、堂安!!!中盤でこの5人がどんなメロディーを奏でるか?
わくわくが止まりませんでした!香川と新BIG3の融合が果たせるのか?世代交代
をしたけど、うまくいかず前世代の人間が欠けていたピースを埋める。そんな漫画的
な展開を期待した人は多かったと思ってます。

しかも、相手はコロンビア!!ワールドカップでアップセットを果たした相手!!
当然、それなりに本気で戦ってくれるはず!!

20190323-00000506-san-000-1-view

酒井、吉田、長友、大迫が招集されていない時点で、今回の試合の方向性が
軽く見えていました。大迫依存の脱却、ベテラン勢の休暇、そして既存戦力の
再確認。
個人的に、現段階で南米選手権の立ち位置がわからないんですよね?結果を求めて
参加は基本ないと思っていますが、とはいえ何を得ようと考えるのか?
日本の苦手な南米勢との闘い、下手すりゃ現体制を揺るがしかねない大敗もあるん
じゃないかと思ってます。
こらえ性のないサッカーファンが将来のため、良い経験を得るというお題目で
大敗を許すだろうか?ましてや一勝もできなく帰国で、森保体制に疑問を持たない
なんてことはあるんだろうか?
なんだかんだ言って、日本代表ってのは民意が大きく影響すると思ってます。
圧倒的な批判に対して、体制を維持するだけの主義主張がサッカー協会があるとは
思ってないですし・・・。だからこそ、南米選手権参加はハイリスクローリターン
な立ち位置と思っています。

それを踏まえた今回のコロンビア戦。
序盤は、コロンビアらしからぬ粘着性のない守備。個の部分で日本の良さが見えて
いるように見えたけど、僕は日本の良さが出たのはコロンビアの入り方?コンディション
が悪かったと見えた。コロンビアのデュエルって粘着性があって、少し交わしたとしても
ねちっこく足・手で絡んで次のプレイに少しでも影響を与えて、最終的にミスを誘う
のがうまい国と認識していたから、少し拍子抜け。

とはいえ、中島のドリブルからのチャンスは、アジア杯に中島がいれば!!とどうしても
思ってしまう。(ただし、後半、対応された時点でそれは幻想だったと正気に戻る)
キレキレでしたね。抜きに行く、前に出る、切り返す、カットインする、抜け出てボール
コントロールに失敗しても倒れてファウルをもらう。一つ一つのプレイにわくわくが
止まらなかった!

とはいえ、背番号8。これが物語るのは、香川が帰ってきたから!ではなく、中東への
移籍からのはく奪!に思えてしまうんですよね。日本代表の看板の所属が中東!!
ぶっちゃけ、印象が良くないと思う人が多い=スポンサー様が許さない!って思って
しまいました。(香川という実績や貢献度を考えたら香川が背負うのが妥当とは思うけど、
中島が欧州に残って、堂々と香川がいても10番を背負ってほしかったってのが本音)

そして、鈴木武蔵!!
当然、アルビサポとしては期待せざる得ない!!アルビでは、ちゃんと育てられなかった
けど、長崎の高木監督、札幌のミシャ、二人のおかげで開花し始めて、正直、うれしい。
とはいえ、コロンビア戦ではいいところが見受けられず。
抜け出せそうなシーンが一つ、起点になりかけて転んでしまったシーン、そして中島
からクロスにヘッドのシーン、これぐらいしか目立てなかった。正直、大迫の代わり
としても、あたらしい攻撃の軸としても0点。これからも呼ばれるかも微妙に見えて
しまった(もちろん、身体能力の部分で起点になるかもしれない!って予感はあったけど)
次のボリビア戦がラストチャンスという気持ちで行ってほしいな。

後半、ファルカオのPKで先制される。
いや、相変わらずファルカオってすげぇなって。簡単に得点感覚とかいうけど、ひとつの
クロスやパスに対して、常にセカンドチャンスへの対応が取れているのが凄い。
ハメスも個の存在感が違う。ハメスに入った時のスイッチの入り方、怖さが尋常じゃ
なかった。ワールドカップの時もそうだけど、一人の選手で状況が変わるっていやだな。

香川、乾、小林、鎌田投入!!
香川ー乾、香川⇒中島、中島の裏を逆サイドから走り込んでくる乾!!
ぶっちゃけ、まじでわくわくが止まらなかった!!!あと10分、いやもっと見ていた
かった!!
80分ぐらいかな、コロンビアがCBにも圧力をかけてきたとき、最後尾からビルド
アップして中島と小林、香川が絡んでパスワークで突破したシーンは、なんだろう
日本が一つ上のレベルになったんだな、って感じた。あの圧に対して、何度か
チャレンジして3回に1回の成功ってのが常だったけど、圧をかけてきて1発で
満点回答をだされたら・・・あのメンバーだからだろうと思うけど
可能性をめちゃめちゃ感じた半面、体格差がセットプレイの部分でもろに出てしまった脆さ
も露呈していた。おそらく、あそこから逆転ないし同点になってもベルギー戦の
繰り返しが繰り広げられていたと思う。

敗戦。
可能性は感じたけど、次のステップに進むための階段がみえたわけでないというのが
本音。香川には可能性を感じたし、南野がまだまだ力を出せていないし、状況が
揃わないと活躍できない選手止まりになってる。

うーん、守備面では昌子と冨安が一定の信頼ができるのは確認できたけど・・。
次はボリビア戦、勝ちたいなぁ


【関連記事】
アジアカップ 2019 決勝トーナメント・決勝 日本 - カタール 速報評
アジアカップ 2019 決勝トーナメント・準決勝 日本 - イラン 速報評
アジアカップ 2019 決勝トーナメント 日本 - ベトナム 速報評
アジアカップ 2019 決勝トーナメント 日本 - サウジアラビア 速報評
アジアカップ 2019 グループリーグ 日本 - ウズベキスタン 速報評
アジアカップ 2019 グループリーグ 日本 - オマーン 速報評
アジアカップ 2019 日本 - トルクメニスタン 速報評