今月も購入しました「ガンダムA(エース) 7月号」。なんか知らないけど、今月号はめちゃめちゃ
薄い。内容が薄いわけじゃなく、雑誌の厚みが薄い。作家陣が原稿を落としたのかもしれませんね。
それにしても薄い・・・。あっ、特別付録でボールペンとポスターのせいかも・・・。


先月号から気になっていたブラウ・ブロがコロニー内で運用されているという「機動戦士ガンダム
THE ORIGIN
」。ホントにブラウ・ブロがコロニー内で戦えるとは・・・。

では、ガンダムA 7月号をご紹介します。

080525-GUNDAMA-1.jpg









本当にテキサスコロニー内でガンキャノンと対峙するブラウ・ブロ。

080525-GUNDAMA-2.jpg











マ・クベの代わりにシャリア・ブルが登場するテキサス・コロニー編。微妙にブラウ・ブロのデザイン
違うし・・・。


ガンダムAで連載されている機動戦士ガンダム00の公式外伝「機動戦士ガンダム00F」は、本編の
第一部から第二部の間の空白の4年間を描く新章に突入!

080525-GUNDAMA-3.jpg











AEU・ユニオン・人革が世界統合のプロセスとして、軍隊縮小に伴い国連軍へ統合を図ってるみたい。
今月号の00Fでは、軍備縮小の影響でモラリア共和国の主産業であるPMCの抵抗を描いている。
しかし、PMCの主戦力がイナクト・ヘリオンに対し、国連軍はジンクス。圧倒され鎮圧されていました。
空白の4年間、すごく気になります。


「ガンオタの女」では、賀ノ多さんが入社希望者の面接官に!

080525-GUNDAMA-4.jpg









面接官となった賀ノ多さんの最初の質問が「ガンダム好き?
・・・・・。もし、私が面接で聞かれた、多分、「なんですか?ガンダムって?」ってとぼけると思います。
現に今の(過去の職場でも)職場でもガノタであることをカミングアウトせず、ひたすら隠し続けていま
した。(ここらへんがぬるい理由です


最近、一般の方にもその人気が波及し始めている「機動戦士ガンダムUC」は、新章突入!

080525-GUNDAMA-5.jpg











とうとう、バナージたちも重力の井戸の底へ。新章「重力の井戸の底で」開始。
ユーコンに襲い掛かる影、なに?ガザDに見えるの私だけですか?


私のお気に入りのコーナー。MS擬人化を題材にした「MobileSuitGirl」。

080525-GUNDAMA-6.jpg











今回は、吉崎観音氏が描く、MS-06Dデザートザクの擬人化。萌える・・・。


私、オススメ漫画「機動戦士ガンダム ギレン暗殺計画」。

080525-GUNDAMA-7.jpg











ズムシティにある公国歌劇場で開催されているオペラを舞台にオペラハウスのボックス席によって
権力者達の権勢の栄枯を表している。
トト家やラル家、サハリン家の話が出てきており、かなり興味深い内容となっている。


最後にニートであるギレン・ザビのありがたいお言葉を。

080525-GUNDAMA-8.jpg











屁理屈でニートに勝てると思ったか!!!
なんか、最近、こういう番組を見ていてこのギレン総帥のお言葉を実感しています。


と、今月号は雑誌の厚みは薄いものの、内容は十分に熱い内容になっていました。さて、ガンダム
UCを読もうかな。



[関連記事]
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース6月号-
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース5月号-
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース4月号-
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース3月号-
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース2月号-
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース1月号-
ぬるガノタが買う -月刊ガンダムエース12月号-