2008年6月8日(日)


ご心配していただき、ありがとうございます。一応は、無事ですが、無事を喜べる状況でもありません。
そして、犯行後の現場の状況を見てしまい、正直、今、冷静になって恐怖を感じています。
掲載されている写真以外、すべて破棄しました。

今日は、いつもどおり歩行者天国に足を運ぼうと思い、友人と「13時にアキバで」と約束しました。私は、
遅刻をしない主義のため、いつも30分前行動なのですが、ソフトバンクの携帯電話の電池が1日持た
なくなっており、充電をする為に少し、遅れて家を出ました。

080608-jiken-4.jpg







現地に付いたのは、午後12:57。救急車と消防車が集まっており、当初、火事かケンカと思っており、現場に
近づいていくつか撮影をしてしまいました。中央通に集まる人垣の異常さと殺伐とした空気を感じ、「なにか、やばい」と感じました。しかし、状況を判断できず何が起きているかを知る為に神田通りと中央通りが通る
交差点近くまで行くと、あまりにも現実離れした状況と普段の秋葉原からは考えられない現状でした。すでに数人の方が道に倒れており、一気に危機感を感じました。

080608-jiken-1.jpg








近くに携帯電話で「人が刺された、見ていた」と話している方がいたので、携帯電話終了後に何が起きたのか
聞きました。「殺傷です。何人かは、わからないけど、ナイフみたいなどで刺されたんです。犯人捕まったわからないけど」。正直、怖いってだけで実感が出来ませんでした。ただ、”現場を離れよう”、冷静に判断が
できず、ここから逃げようと思いました。しかし、人垣が交差点付近の通行を止めており現場から動くことが
出来なくなってしまいました。多くの人が殺伐としており、「速く動けよ!」「止まってんじゃねぇ」と怒号
が飛ぶ中、聞こえてきたのが「犯人が複数人で捕まっていないらしい」「まだ、逃げている」といった情報が
流れてきていました。
これを聞いた私は、人ごみの中にいたら刺さるかもしれない、とすでに半分混乱してしまい少しでも広い場所
へと旧ラオックス・コンピューター館の方に逃げました。現場では、いろいろな情報が流れており、異様な
テンションが場を包んでおり、現場にいることが怖くなりました。とりあえず、裏通りを通り大きく迂回して
UDXへと逃げ込み、仲間に電話して現場で何が起きているか、情報を集めて混乱している自分の心を落
ち着かせました。

080608-jiken-2.jpg








午後14:00ぐらいになり、すでに犯人が捕まっており十数人の人が刺された、と言う報を聞き、とりあえずは
UDXから出ました。

080608-jiken-3.jpg








今、テレビなどの情報見聞きし、考えるだけで本当に恐怖を感じます。いつものアキバの道で多くの人が犠牲
になってしまった。また、自分がいつもどおりに30分前行動をしていら、と思うと本当に怖いです。自分なら
どうしていたか?とか、もし刺されたらとか、色々と考えてしまいます。
現場の雰囲気も怖かったし、何が起きてるかわからないってことが何よりも怖かったです。少しだけ、具合が
悪いです。

また当ブログは、お亡くなりになった方のご冥福を祈りつつ、月・火と2日間のブログ更新を自粛さ
せていただきます。