September 26, 2005

履歴書

松本のこと、もっと書きたい足したいのだけど
今晩は寝る前にもう一つ

そう、日記を書き始めたんだ
日記というかメモと私のデータメモ
誰のどこが気に入ったとか
どの本のどのフレーズが大切だとか

全部一冊にまとめて
私の資料にする。
これからの私のために。

ところで私を理解してもらうには
どこで生まれてどこで育って
どの学校行って、今何しているか
それを語りたくなる

今の私だけをみてください

なんてのは言えない
今までの私が今の私をつくっている
と強く思いすぎるためである

今日はギャラリーに初対面の人がきてくれた
私の日記・ブログを読んでくれる建築家

彼が書く文章は優しい
彼のたどり着く思いには共感できる
何より奥さんへの愛が
仕事にも反映しているように思える
だから優しいのだろう

PC上で言葉だけで会話してきたが
顔を見て話しても、
不思議と懐かしく感じた

これは同じく建築家のko-taroさんや
osさんというイラストレーターさんの時
saeというかわいい建築家のたまごと
初対面した時にも感じたことである

いまやネットを通して知り合う時代
だけども生身の人間としても
様々な人と出会いたい
顔を見て、私の過去を伝えたい

このブログはあくまでも
私という人間の序文なのです。

この記事へのコメント
昨日はありがとうございました。
また観に行きます+買いに行きますので、宜しくお願いします。
3年間(もっと前から勉強していた?)という短い期間で
よく勉強されていますね。というかすごく好きなんでしょうね。
ところで、安曇野ちひろ美術館、どんな建築だったか雑誌で見てみました。
建築も良さげですけど、建物と川に挟まれた外部が心地よさそうだな、と感じました。
のんびりしたところで、その世界に浸りたい気分になりました。
Posted by Jump!! at September 26, 2005 16:21
どこかで見たことのある椅子だなぁと思いきや
中村好文さんの椅子でした。
かわいいのがたくさん。
写真もまたあげるのでみてください*
ギャラリーは静かで、休日働くのに向いています。
またぜひいらしてください!
Posted by himawari* at September 26, 2005 23:25