nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!

アニメ・特撮を中心に書いた俺のブログが、荒れるぜ!!止めてみな(爆)

2013年05月

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ15 「はらだたしいぜッ!ドゴルドのやぼう」

いや・・・



さすがにアラサー男2人の学ラン姿はないだろ(爆





あそこ、かなり泣ける場面だったのに、笑ってしまったよ加藤監督〜(汗。



しかし、ノッさんの周辺は何なんですか!?



妹がデカイエロー!義理の弟がDCD版カブト!!そして、親友が威吹鬼!!!ですよ!?w



ブレイブにもほどがある!!w


ドゴルドって、怒りにかまけてるかと思いきや、非常に悪知恵が働くタイプですよね。
屈強な身体を探して、それが見つかってその研究者から怒りの感情も取れると分かって一石二鳥な作戦思いつくとかさ。


でも、ノッさんは形を変えても親友と交わした約束を守り続けているって、本当に義理堅い人情家だな〜って思いましたよ。
泣きながら、中里に鉄拳浴びせたノッさん、しびれたっ!!
ただ、こういうエピソード書いてしまったら、タキシード仮面再登場させないとねw


さて、いまだに自分(たち)の正体をジャスミンに明かさないノッさん。


これは、正体バレからの家族の亀裂話のフラグだな!!w


これで、何を水臭い!!と言って、獣電竜倒しちゃってジャスミンがデカイエローよろしくキョウリュウイエローになる展開・・・、


そんなの坂本浩一監督しか考えてませんから!!(爆


さて、次回は早くも


イアンに、仇がアイガロンだったとばれる話!!



相変わらず早いな〜〜〜。半年で終わらす気か?(汗

仮面ライダーウィザード 第37話 「絶望、指名手配」

今回の話、諸田監督の狂気の演出に惑わされなければ、


力を持たない人間・凜子と瞬平が必死にゲートを守る・・・、そして「絶望」という言葉の重さを知る2人(凜子・瞬平)が軽々しく「絶望」を口にする人間(根本)に対して、「希望」の強さを教える話


だったはずなんですよ。


しかし、そこに至るまで、また、真犯人が根本ではなく加賀さん(ファントム)だったという何の捻りもないオーソドックスなオチだったため、それを狂気の演出で補ったという形だったと思います。


まぁ、何の捻りもなく・・・と言ったら、石橋さんに対して失礼かもしれませんが(汗。


サブキャラクター、もしくは犯人が無謀・無茶をして、自分の、または冤罪の可能性のある犯人の無実を証明する刑事ドラマなんて、五万とあるわけですよ。
確かに「子ども番組」である側面を忘れずに話を作ることも必要ですが、555とか龍騎とかどうだった??と言われたら、そうでしょ?
Wやオーズだって、犯罪まがいな行為で人を守ったりする話はありました。今回だけを切り取って、ましてゲストライターだからって卑下するのはお門違いだと思うので、そういう姿勢の方はノーサンキューってことで。


でも、最後の大オチが


絶望エンドって・・・(汗


確かに、近くに晴人も仁藤さんもいたので、すぐにエンゲージして、アンダーワールドのファントムを倒す、もしくは食らえば問題ないでしょうけど・・・。
逆に、仁藤さんとすれば2体もファントム食えたら、相当「腹持ち」するから良いでしょうしねw


ここは、平田さんのナレーションで「不意に絶望してしまった根本は、仁藤の手によってアンダーワールドのファントムを退治し、事なきを得たのだった」と来週のアバンで語ってもらいましょうww


しかし、楳図風漫画演出といい、「お約束」の濡れ場といい、いや、それ以外の演出の方が狂気だったよ・・・今回の諸田監督は。



何か??これは・・・


ライダーでは新人の石橋さんいじめか?(爆


「お前の師匠は、こんな演出にへこたれないぞ!!」って、愛の鞭??www


まぁ、仮面ライダーのライターさんは叩かれてなんぼです。これに懲りずに頑張ってくださいw



ああ・・・



凜子ちゃんの服を乾かすシーンが見たかった(爆


続きを読む

白鳥百合子に捧ぐ!今日はそのまま通信復活だ!!

今日、惜しくもお亡くなりになった長石多可男監督を偲ぶ会が東映撮影所で行われたそうです。
その参加した中に・・・







し、白鳥さんがぁ〜〜〜!!!(号泣



とうとう、とうとう東映撮影所の「敷居」を跨げたんですね(涙。
出来れば、監督が生きている間に、監督の演出のもと跨ぐことが出来たら一番良かったのですが・・・。

それでも、一生その機会を許されないんじゃないかとさえ思っただけに・・・良かったです。


また、







なんと!!


大ハナ・コハナ、初対面!!


そうは言っても、どこか非公式な場であったりしてるのではないかと思っていたのですが、まさか今日が初対面とは・・・。
しかし、これも電王シリーズの中で、デンライナーで時を遡って大ハナとコハナが会うような話を期待していただけに、残念と言えば残念ですが・・・。

まだ、電王シリーズが終わったというアナウンスはないですから、これをきっかけに何かが動いてくれたら・・・と思います。
ハリケンジャーの件もあったわけですし!!


ああ、白鳥さんが東映撮影所に・・・。
本当に嬉しい。

【感想】 小説 仮面ライダー響鬼

買いました!そして、すぐさま読みました!!
現在、仮面ライダーウィザードのメインライターも務められているきだつよしさん書き下ろしの「小説 仮面ライダー響鬼」

小説 仮面ライダー響鬼 (講談社キャラクター文庫 6) [単行本(ソフトカバー)]



いやぁ〜〜〜、面白かったですよ!!
きださんが書くということで、「前期」響鬼ファンが歓喜したであろうこの小説ですが、私は前期の流れを汲むことはないだろうと思っていました。
きださんは前期の苦悩と、後期での展開に対して羨ましさすら覗かしていましたから。

でも、この小説のポイントでもある「変身忍者 嵐」は企画段階でも嵐のリメイクをやろうという話すら上がっていたものなので、前期・後期の分け隔てなく、この「変身忍者 嵐」を小説の設定に持ち出したのは『必然』であったと感じます。


そして、私が一番強く印象に残ったのが「六之巻 守る伊賀者」でのヒビキの分析。


伊賀者の頭領・服部半蔵の明るさと、鬼の里・吉野の上役の陰。そして、吉野にいながら鬼らしからぬ存在であるヒビキ


服部半蔵、伊賀者が「後期響鬼」
吉野が「前期響鬼」
そして、ヒビキが「きださん」

そのように見えました。分析するヒビキがきださんとダブって仕方なかったです。
そして、ハヤテはというと前期響鬼ファンともいうべきでしょうか。
ともすれば、キリュウが高寺P、半蔵が白倉Pw

まぁ、こんな妄想が出来るのもきださんが書いてくれたこそ。



しかし、この小説は前期も後期もなく、すべての響鬼ファン。そして仮面ライダーファンが楽しめる内容だと私は信じてます。
うん。仮面ライダーだよ、これはまさしく!!

是非これは映像化したら面白くなる。そう、断言できる内容です。
ネタバレにもなると思うので、詳細は書きませんが、キャストを勝手に選ぶなら・・・


ヒビキ 鎧の池田君
サキ ポワトリンの入来さん
ハヤテ ウッチーの丸山君
イブキ 立風館くんの塩野君
タツマキ 春田さん
カスミ アミィの鮎莉ちゃん


って感じかな?どうしても最近の人を思い浮かべてしまう(汗。



ヒビキの迷いについてのヒビキとサキのやり取り、そしてヒビキとハヤテのやり取りは、TVシリーズ最終回でのヒビキさんと明日夢のやり取りを連想させますし、そこはかとなくTVシリーズともリンクする内容でもあり、それはきださんが響鬼に関わった人々の思いをすべて詰め込んだものだと感じました。関わった人々とは、もちろんファンもです。


また、仮面ライダーとは何ぞや?石ノ森ヒーローとは何ぞや?というものも、W主人公を通して描いています。



本当に仮面ライダー響鬼という作品を前期・後期分け隔てなく愛してきた人なら、この作品の「愛」を感じるはずです。
響鬼が好きなら、迷わず読め!!
それが「自分の信じる道」です。


非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛 第8痛 「妄想美闘」

いやぁ〜、今までで一番「唸った」回でした。
サブタイの「かけ具合」といい、1話の中における伏線とミスリードを使った巧みな展開。そして、1期の新堀回とのリンク!!

まさに完璧な回でした!!


先週のハーデスキンの改造(笑)の怪人・・・



やっぱり臨獣拳アクガタだったよ!!



でも、リンリンシーではなく(時の)拳魔・・・新幹部扱いとは恐れ入った。
それにしては1話限りというのが残念だったけど。
是非、アーツでハーデスキン&ムトウムシテとして売り出してほしいな。
デリューナイトを発売したのだから。

そのデリューナイトさえ・・・と観賞用フィギュア(笑)にされたマルシーナが言ってたな。
ということは、入院しているのは博世の父・矢尾一樹か?w
マルシーナがまだ現存しているということは、マルシーナを妄想した人物の存在の影響力が続いているということだよね?プラス、何故ツー将軍がMMZを持っているのかという謎もあるし。

しかし、今回の話は岡本美登さんが出演しての、ゲキレンの怪人登場ということで、
全体的なテイストとして、ゲキレンの美登さんが源さんとして出演された回のオマージュにもなっていると感じました。
あれも、源さんの教えでジャンがナギウに勝った話だったように、今回も美登さんの教え…悪役としての散る美学をもとに、その美学もモーションキャプチャに収められてるはずとして、あの!名シーン、チェンジドラゴンVSブーバの夕日の決闘を再現させて…というのは構成としてパーフェクトでした。


でも・・・



新堀さんに直接伝授された美月がチェンジドラゴンをやるべきだった!!



それが残念です。
信夫はあの回の時、実際は蚊帳の外だったわけで・・・。
それならば、その美登さんの教えをもとに、チェンジマン52話「ブーバ、地球に死す」を繰り返し見て、新堀さんの魂受け継いだ的な描写があってほしかったです!



ともあれ、美登さんといい、高岩さんといい、カザリまで出て、ちょっとしたスーパーヒーロー大戦でしたww


あの世界の高岩さんはマジレッド以降何をしている設定なんだろうな〜?
Gロッソで、美登さんとともにショーに出演している設定かな?あの場面、一緒にいたってことはw
しかし、高岩さんに「痛くて危ない連中なんじゃないですか?」というセリフ言わせるのは可哀想だったな。
「え?高岩さんって、ファンのことそう思ってるの?」と思われないですかね?
いや、なまじ若いアクターさんに言わせるより高岩さんだからこれは演技であることが際立つってものか。
高岩さんも美登さんのセリフと同じように、ああいうファンにも支えられているからこそというのは当然理解しているはずですからね。


って、信夫の高岩さん紹介で…


タイムレッド、ゴーレッドは何故なかったんだ!!!


解せぬ!!実に解せぬ!!


あと、やっぱりルナの存在が異物混入って感じで、(まぁ、それが狙いなのは分かるんですが)どうもねぇ〜。
特に今回は、やはり美月にいてほしかったな。
加えて、妄想完了時間・・・ゴーバスネタ入れてきた(汗。
演出技法は大丈夫なのか・・・。まぁ、アニメでは最新のもの堂々とパクってますからねw


で・・・、


ムトウムシテの中も美登さんだったの??



次回は、弐號???え〜〜〜!?また散財させる気か!!(汗

非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛 第7痛 「妄想間者」

もう・・・


戦隊に関わるスタッフ、どんだけハリケンジャー好きなんだよ!!



って、話でしたねw


ゴーカイジャーでも3人出しての前後編で、今回は5人(変身後だけだけど)出して、おまけに長澤姉さんも出演(声だけだけど)ですよ!?
まぁ、半分「忍風戦隊ハリケンジャー 10 years after」の宣伝も入ってたかと思いますがww
でも、長澤姉さんにしろ、山本君にしろ、本当にこれまでの戦隊出身者の中で少なくとも5本の指に入る「戦隊愛」者であることは間違いないですからね。その思いをスタッフも意気に感じているのだと思いますよ。


そのためか、今回のハリケンネタのマニアックなことと言ったら・・・。


ツルハシ見て、ドカタで生計立ててた頃思い出して正義を取り戻す。
誰もが1度はネタにしたであろう「おんぼろ」さんw
ハーデズキンの断末魔が「忍び恋」。
暗黒七本槍の名前の由来からの十本槍の名前。
そして、現実世界への影響が曜日が増えるといったものには唸りましたよ。



っていうか、もう日笠Pのための内容と言っても良いかも?


3人目のゴウライジャーがテントウムシって、完全にBF&BFカブトじゃん!!


でもさ・・・


ハーデズキン(テントライジャー)の下半身が、オムツ履いてるようにしか見えなかった(汗


なんかもう少しやりようがなかったのかな?って正直思っちゃいましたw


とはいえ、話的にはツー将軍の正体が信夫たちにも分かり、唐突に病床に臥す謎の人物登場など確実に動き出してきました。

うん。正直に言いますよ!?



今期はなんか退屈だった!!(汗



いや、1期のバリエーション豊かな内容から、今回はパターンが1個なんでなんかいまいち乗れなかったんですよね。
1期総集編で言ってた水着回は?入れ替わり回は?


ねぇ〜〜〜、やろうよ〜〜〜w


でも、今回を境に話は動き出すので、その点このもやもや感を吹き飛ばすアキバレならではの超展開、期待しますよ!!


しかし、なんかみんなの「恐れ具合」を見るとさぁ〜〜〜



たづ子、ラスボスじゃね?www


EDの曲、本編で使われてないよね(汗。
何故、このチョイス?


次回のハーデズキンのスーツ流用は、外道衆??それともリンリンシー??

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ14 「あぶなァーい!スピリットベース」

いやぁ〜〜〜、面白かった!!
アミィとラッキューロの「似たもの同士」そして、ジェントルとキビシーデスの「似たもの同士」の対比が効いた話で、しかもジェントルがキビシーデスに「自分と同じ」と言われ、自分の行為を振り返るなんてやっぱりジェントルはすごくいい人だ!!

ジェントルって、振り返るとかなり寛大なんだよね。バイトも社会経験として認めてるし、キョウリュウジャーの活動も両親に黙っている。アミィが今、どんな立場にいるかをしっかり考えてくれてる。その中で両親の手前も考える・・・。めちゃめちゃ出来た中間管理職だと思うんだ。



それに引き替え、アミィは「反省した」と言った側から、脚カキカキ・・・(汗。


そうだよね〜、女性ってそういう生き物だよね〜〜w
三条さんは、女性で結構痛い目に遭ってるのかもしれない(爆



しかし、今回のMVPは間違いなくデーボ・キビシーデス!!
すんばらしく良いキャラクターでした。稲田さんもツイッターされている方は稲田さんのキビシーデスの役作りのツイートを読んでいただきたいのですが、まさしく「怪人愛」溢れる作り込みでした。
それにキャラデザも下半身の机と椅子とか笑いました。


ゲキレンに、林先生に、金八っつぁんw
そして、厳しい=「きびし〜〜〜!!!」で財津一郎さんをイメージした声色というなんともお父さん、いやもうおじいちゃん世代にもなろうかという所から引っ張り出す力の入れ様ww


おまけに、キビシーデスによるキョウリュウゴールド玩具解説は、これは玩具大好き!三条さんならではのセリフでした。
ちゃんと発売日に合わせて、このような話・モンスターを用意したところも非常に「センス」を感じますね。


こんなギャグ回であったのにもかかわらず、実はキョウリュウジャー結成以来一番のピンチだったというところが味噌!!
スピリットベースに侵入許して、爆弾を仕掛けられたんですからね。



でも、こんなところでも基地内だからほどほどのブレイブによる名乗り小爆発とか、小ネタが効き過ぎて全然ピンチに感じないwww



さらに、少女マンガも前回の話が何気に生かされてるし、本当にスタッフがノリに乗って製作しているのが伝わります!!



加えて、ジェントルとは結月家の執事が代々受け継がれてきた名前ということで、ジェントルの本名や先代ジェントルなど、ジェントルや結月家に関する話の膨らみも期待できるような内容でしたね。
ジェントルを巻き込んだアミィメイン話、今後も期待したいですね!!


さて、次回は…


タキシード仮面な威吹鬼さんキターー!!


仮面ライダーウィザード 第36話 「九官鳥は語る」

瞬平はゲートを守るという自分の(ウィザードの助手)使命に忠実。


凜子は刑事としての使命に忠実。


瞬平なりの「諦めない」「希望」の行為が、今回の無謀なパトカー強奪という行為に及んだ。
いや、普通の人間なんだから、無謀、無茶ぐらいじゃないと対抗できないと思うんだ。
まぁ、一条さんクラスであれば別に良いんだけどさwそれはこの先どう考えても無理でしょ(汗。




今回の脚本・石橋さんは前回の担当話ではゲートを集める作戦をとったり、
今回は絶望しやすいゲートとか、ゲートについて変化をつけてます。
きださんや香村さんはゲートについては割とそういった変化はつけないし、ゲート自身が強かったりする。
個人的には良いアクセントをつけていると思ってます。

だけど、撮っているのが巨匠や諸田監督なので、エキセントリックさが加味され過ぎて、視聴者の拒否反応を過剰にさせる面があるのがつらい・・・(汗。


石橋さんの脚本、悪くないんだけどな〜。


あと、署長が凜子にクビと言ったのは、私怨で言ってるよな確実に。
ゼロ課に可愛がられている(と見られている)のが気に食わないんだよ、あれはw


とはいえ、今回の話は小宮さんの出番を用意した話でもあったので、GJ!
ちゃんと絡むべき人を用意することは大切。


ウォータードラゴンに変身したのは、消火だけでなくあの男を捕獲するためだね。

今回のファントムは九官鳥が変身したけど、九官鳥が本体ではないとソラ・・・。
となると、怪しいのはコンビニの店長か?
ソラはファントムのことを加賀さんって言ってたからね。

晴人とワイズマンの邂逅。
魔力を盗られた=キッチンタイマーエラーという流れも良かった。
ちゃんと行動の「裏」を描いて、丁寧さを感じるんだけどね石橋さんの本は。


師匠が御大なのにさwww


予告を見ると、ドタバタに拍車がかかって、諸田監督恒例の「濡れ場」も凜子にあるようだし、
石橋さんの評判をますます下げそうな悪寒が走りますww


まぁ、瞬平の行為はゼロ課が揉み消すに1票!

牙狼〜闇を照らす者〜 第6話 「響 Rock」

ふ〜ん・・・、前回のスピーカーを伝わるホラーの続きになってるのか。
しかし、あの曲で暴れるのは無理がある気がする(汗。


って・・・、




流牙さん、何歌っちゃってるんすか!!!www




しかも、ビブラート効かせてオリジナルさんよりうまいしw





女社長(?)・・・、リュウケンドーの鈴じゃないかっ!!
相変わらず特徴的な耳だw


ホラーの力で・・・。確かに方々で目にした仮面ライダーWでのジミー中田の話と同じだね。
とはいえ、牙狼で言う所の川崎麻世回みたいな話で面白かった。


次回はようやく蛇崩さん着装。これまでの汚名を晴らせるか?w

獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ13 「ジャキリーン!ハートをまもりぬけ」

いわゆる「イベント」がひと段落して、「日常」を描いた貴重な回となった今回。
(ドキプリのメインライター山口さんもツイッターで書いてましたが、こうした玩具販促もある作品は、とにかくイベントが多いので、キャラの掘り下げがなかなか出来ないんですよね)
そういった「日常」回なだけに、各キャラを万遍なく描き、且つ各キャラの設定に忠実でとても面白かったです。

○プレイボーイ・イアン

○高校生・ソウジ

○困ってる人をほっとけないアミィ

○集まりの悪い戦隊

○女にもてそうにないノッさん



いや、ノッさんのそれは初めてかw



しかも、これまでの積み上げをちゃんと生かしていました。



ソウジの


「イアンは絶対そんなことしない!

表向きはいい加減だけど、本当は熱くて、他人を傷つけるのが大嫌いな奴なんだ!

俺の仲間はみんなそうだ。

みんながいなかったら、俺は冷たい奴のまんまだった。

最近俺、昔より笑うようになっただろ?

さっきだって、昔の俺なら勝山さんが泣いてても気にしないで帰ってた。

人の気持ちを解ろうと努力する…今の俺にしてくれたのは仲間なんだよ!」




どんだけイアンにほの字なんだよ!!(違
笑うようになったというのは、アミィがソウジの笑顔を見るのが目標というのがありましたよね。


そのセリフがあって、勝山さんが告白しようとしたその瞬間にジャキリーンの鋏が・・・という展開は秀逸!
愛嬌はあるけど、やることは非道…ちゃんとデーボス軍が「悪」であることを印象付ける所業でした。
そこからのソウジの燃え!!構成も抜群ですね。


そして、プテライデンオーウエスタンの初合体への流れも、アバンでのウッチーとの手合わせと一連の騒動からのソウジの告白からすごく自然でした。
それと巨大戦の二分戦でも、あんな奥行きを使った見せ方は初めてじゃないかな?
いつも横並びばかりだったので、すごく新鮮でした。


さて、ソウジと勝山さんの恋のゆくえは、これからも描いていくのでしょうか?


塚Pだったら、絶対にやるけどな〜(爆


果たして大森Pはどんな決断を・・・。


少女マンガの相手キャラの名前に自分の名前遣うぐらいだから、嫌いじゃないよね!!www


今回のデーボ・モンスター、ジャキリーン。地味に強敵だったよね。
キングもノッさんとの関係を切られてヒドいことなってたし。目に見えないものを切る能力は侮れない。
しかも隠密行動取れるし。この辺はラッキューロのアイディアが反映されてる感じかな?
塩屋さんも戦隊常連さんですね。


勝山さん、地味に特撮クイーンだよね。今までひより幼少期にWのヘブンズトルネードの相方と2度出てるし。
ソウジの日常パートを受け持つなら準レギュラーとして今後も見られそうです。
でも、メガネっ子との三角関係もちょっと期待したりしてw


りん殿!殿中・・・いや、校内でござる!



ウッチー・・・・・、汚い。最後に全部持ってったwww




次回はジェントルさん、お久しぶりっす!!


百合子さんの事情を察して買おう!!
白鳥百合子VS桜塚やっくん「mashup!音王MUSIO maniaXXX」DVD発売決定!!!
クリックすると詳細・予約ページに飛びます


携帯用配信コンテンツ用
QRコード
(着ボイスや着モーション、着フラッシュがダウンロードできます)
QRコード

すべてのお問い合わせ
ご連絡は
仙台放送 Dプロジェクト局までお願いいたします
TEL022-267-1297
〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉
5-8-33
だから押してよ~!!メッセージ残してよ~~!!コメント、大幅に変えたから~(涙


Categories
よい子の皆さんへ
当ブログへのコメント・TBは承認制です!!

管理人が表示するのに適当と判断した場合のみ、掲載されます。
livedoor プロフィール

nationwise

お安くお求めになりたいならこちらで!
Recent Comments
Archives
俺は最初からクライマックスだぜ!
さぁ、お前の罪を数えろ!

ガッチャ!
オーズ×5カモ~ン!
宇宙キターー!!
クワガタ、チーター、ライオン!
サゴーゾ!
プレゼントにどうぞ。
絶望が、お前のゴールだ!
伝説の勇者ならぬ、奇跡の勇者たち
常にお奨め?

カウスター
  • ライブドアブログ