nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!

アニメ・特撮を中心に書いた俺のブログが、荒れるぜ!!止めてみな(爆)

2014年05月

【感想】弱虫ペダル RIDE.33 「ヒメなのだ」




これぞアニメの費用対効果!!ww



いやぁ〜〜、アニメで見たかった話No.1と言っても過言ではなかった今回。
田所っちが、イトケンがwww
何か安元さんの「ゆりゆら大事件」を思い出すようなものすごい「歌」でしたね。


それと同時に、坂道の笑顔でアニソン歌って走る伏線がここで生かされると言うねw
その犠牲が田所っちと言うのがねw

まぁ、一番似合うっちゃ似合うけど(汗。
金城先輩とか、巻島先輩じゃ〜さすがにね。


ということで・・・、


今泉に続き、2人目ゲットだぜ!!ww



EDカード



いいんちょ参戦キターーー!!!



最後には坂道ママンが参戦しtきたらどうしよう・・・w

【新ウルトラマン列伝】「ウルトラフロンティア!ダークネスラッシュ!?」



もう・・・ジャタールさん抜きの『ベリアル軍団』という別名で活動始めちゃったよ・・・(汗。


今回はギンガ1期の後期分に放送されたアントラー編のノーカット版と、ラッシュハンター図を構成しているマグマ星人とガッツ星人の別世界の姿を、「ベリアル軍団」が紹介すると言うものでした。



でも、ノーカットで放送されると、ガルムの旦那のアツさが薄らいでしまうな〜〜〜。
「おおお〜〜〜、ガルム熱いぜ!」というタメがあっての、バレルの決意に繋がるところが良かったからな〜。
しかし、この回はガルムといい、マグナといい、ことごとくお膳立てをふいにする展開だったな〜。


マグマ星人と、ガッツ星人の別世界の姿のご紹介では・・・




まさかのローランへストーカー行為するマグマさんの姿が・・・(汗



まぁ、マグマ星人の中にもああいう族もいるということなんでしょうねw
1・2話で出たマグマ星人とは別人でしょうし。

そして、ヴィラニアスがガッツ星人を紹介したところで・・・


タ〜〜イムア〜〜〜ップ!!!




でも、スライから「(2週)跨ぎます!!」という業界用語が出るとはwww
それに対して、よしもと新喜劇張りのコケwww


本当に、こいつら憎めない存在になったな〜。


そして、次回はついに!!


あのお方・・・もといあいつが!!!


スーパーヒーロー駄作戦 : 新ウルトラマン列伝 「ウルトラフロンティア!ダークネスラッシュ!?」

新ウルトラマン列伝 第48話 : マサキの冒険

仮面ライダー鎧武 第31話 「禁断の果実のゆくえ」




先週の振り返りはなく、先々週の振り返りェェ・・・



シド、逝く・・・



しかし、禁断の果実の「在り処」ロシュオにたどり着き、奪う『挑戦権』を与えられただけでも恵まれた最期と言えたのではないでしょうか?
いまだに、ロシュオの存在すら知らない戦極さんのことを思えば・・・。
それに、初瀬ちゃんを殺し、その後のチンピラ行動を見ると、ロシュオにたどり着くことすらなく死ぬと思っていただけに。


振り返ると、シドは序盤、現在のDJサガラのようなポジションにいたと思います。
森に選ばれるのは・・・云々言ってましたしね。
そして、ゲネシスライダー・シグルドの装着者の名前をTV登場まで伏せられていたことを思うと、今のサガラのポジションは、サガラとシド、どちらかにするかは番組が始まってから役者さんのスケジュールなどを考慮して決められたのではないかな?と推測します。
シグルドは、サガラが変身する可能性すらあったんじゃないかな?
でも、波さんのキャラクターからは「サガラ化」しなくて良かったかも。


ともあれ、誰の言いなりにもならない・・・、「大人」に成り下がり、辛酸を舐め続けたシドの人間を超えると言う欲望の果ては、ロシュオと言うオーバーロードの王の「力」に圧倒されるという結末でした。
這いつくばって、千載一遇のチャンスを待ち続けた男の最期としては、ある意味「本望」の最期であったと思います。

波さん、お疲れ様でした。また、特撮作品での再会を楽しみにしています。


今回、また新たな「情報」が出てきましたね。


ロシュオとサガラは別人。

ロシュオは2つ目の知恵の実を持っていた。

その1つを「愛する者(始まりの巫女?)」のために使おうとしている。

レデュエは、ロシュオに反抗しようとしている。

オーバーロードの3人は、戒斗・ミッチ・貴虎を投影しているキャラクター。

戒斗さんは、デェムシュの思想に共感しながらも、自分は違うということに「気づいて」いる。

それに気づかない紘汰さん(汗。


紘汰さんは、戒斗さんの言葉の「裏」を理解しようとしてないのがなぁ〜〜〜。
本当にデェムシュと戒斗さんが同じであれば、まず自分のことを助けないでしょ。
何故、自分は戒斗に助けられたかを考えましょうw
戒斗さんは人間とはこうあるべきだという事を自ら示すことで、他の人間を鼓舞しようとしてるんでしょう・・・きっと(汗。
それを一番理解しているのがザックなんでしょうね。だからこそ、今回の共闘に繋がったんだと思います。


でも、あれだけかっこよく決めた後に、劇場版予告でのGK姿のナックルは・・・(汗。


ロシュオとサガラは別人だったか〜〜〜。
なんか、今のサガラの衣装がロシュオっぽいな〜と思ってたから、ロシュオがサガラの姿に擬態してるのかと思ったんですけど・・・。
となると、ますますサガラの正体が謎です。


さぁ、次回はいよいよ極アームズ登場!!イカアームズじゃないよ!!w続きを読む

烈車戦隊トッキュウジャー 第14駅 「迷刑事、名探偵」



コサキン大好き加藤監督による



「関根さんで遊ぼう!」第2弾w





本当、加藤監督は「関根さんの使い方」を分かっているw
やっぱり関根さん・・・ラビーを起用するならば物まねさせてなんぼですよね!!
「レインボーライン大爆破」では、千葉さん宇津井さんの物まねでしたが、今回は・・・


田村正和に石原裕次郎!!


大得意な物まねではないですけど、レパートリーには入っているものです。
まぁ、田村さんはムッくん、裕次郎さんはゆうたろうの物まねの物まね的なところは感じますけどねw

それと、今まではチケットくんの毒舌を車掌がフォローすると言うコンビネーションでしたが、関根さんを活かすなら・・・

車掌がボケて、チケットくんが突っ込む


と言う今回の方が良いのは明白です。
今回その形で、とても面白かったです。勝平さんもボケも突っ込みもどちらもうまいですからね。


しかし、今回は無茶苦茶な話でしたね〜〜〜w
いや、これは大和屋脚本において褒め言葉ですww

でも、なんというか・・・


ポリスレッシャー販促回だから、刑事もの

ゼットがキラキラ好きだから、光物



この2つの縛りから・・・



トッキュウジャーの誰かを1日刑事に


光物なんだから、ヒカリをメインに



ということで、ストーリーの大枠が決まった気がする・・・(汗。


でも、今回みたいななり切りだったら、カグラメインの方がしっくりきますし、小説を読んで思わずなり切ってしまう、というならいつも本を読んでいるトカッチメインでもいいはず。。。


やはり、キラキラ光るものを集めるシャドー怪人だから、ヒカリメインにしようというダジャレ要素が強かったんじゃないかな?


で・・・、


刑事ものといえば、ボス


ボスと言えば、石原裕次郎


そして、特撮でボスと言えば、大怪獣バトルのヒュウガ



ということで、


関根さんの石原裕次郎と


コニタンのキャスティング



が決まったんだと思う・・・。


これも極めて安直www


だが、それがいいっ!!





なんてたって、関根さんとコニタンは、



欽ちゃんファミリー!!



全て謎は解けた!!w




そんなこんなの14話でした(ぉ。
まぁ、内容については強引も強引な展開ですが、それが大和屋暁ですし、浦沢門下なので気にしない!!w
むしろ、こんな不条理な世界の戦隊こそ、当初トッキュウジャーに求めてたものですからね。
カ〜レンジャー以来のお笑い戦隊としての期待を・・・。


でも、ポリスレッシャーの扱いは酷かったな(汗。
あまり販促になってなかった気がする。やはり大和屋さんが戦隊のメインライターをするのは難しいかな?


次回は、戦隊にも會川昇リターンズ!!
続きを読む

ウルトラマンタロウ 第22話 「子連れ怪獣の怒り!」





中田喜子キターーー!!!



しかし、崖からあんな落ち方したら瀕死の重傷だろwww


あと、ハンター連中ひでぇ〜な〜と思いますけど、あんなもんかな〜?当事者になれば。
特に中田喜子と結婚した藤波は、新婚だし思い込みが激しくなるのも無理ないか。
また、ハンティングが趣味だから自分の手で・・・という思い上がりも・・・。
でも、ハンティング仲間だけパンドラの「制裁」を受け死んで、藤波だけは助かると言う展開・・・、というか、中田喜子が「この人だけは・・・」という自己中心的な発言もなんかなぁ〜と思ったけど、全部ひっくるめて『人間の愚かさ』を謳ってる気がしましたね。本当、いつの時代も「自分さえよければ」という考えはなくならないんだな〜。



パンドラの造型がなんか雑だったな〜。
中盤辺りから着ぐるみの出来があまりよろしく無くなるんですよね〜、タロウ。


次回、ロードラとの血みどろの戦いって・・・w

スーパーヒーロー駄作戦 : ウルトラマンタロウ 第22話「子連れ怪獣の怒り!」

牙狼<GARO>−魔戒ノ花− 第8話 「家族」



いいっすね〜〜〜。良いっすよ〜〜〜今回の〜〜。

こういうなんかジョジョの敵キャラみたく「待ち構える」系の敵っていいですよね。
しかも、一回上げて・・・落とす!!みたいな。


クソムカつく感じw



一番最初の人なんて、家族の、人の温かみを感じて、考え直して生きようと立ち直った直後に、ですもんね。



下衆の極みっ!!byハマカーン浜谷


ですw


囮の家族を形成していたのがガッツさんに


ジェラシットの駆け落ち相手


ですものw


これはギャグかと思いましたよ(汗。
ちょっと「寺内貫太郎一家」入ってましたよねww

一番怖かったのは、子どもでしたけど(汗。
あの子役3人、どんな演技力なんだよw
うち、女の子はアクション、アクロバティックばりばりでしたしww


ってか、あの家族は魔獣が作り出した幻なんでしょうか?
それとも、魔獣に憑りつかれた人間なのでしょうか?
その辺が謎でした。ガッツさんだけが「本体」なのかな?



鍋、デカっ!!(汗



あれ、CGじゃないですよね?あんなデカい鍋、あるもんなんですね。
あっ、山形の芋煮会とかで使うのあるか。


魔獣の姿も


モチロンかよ!!


って感じのフォルム。こんなのも良いですね。
妖怪ウオッチに出てくる妖怪チックでしたw
牙狼、なかなか懐が深いです。


でも、雷牙は魔獣が生み出した家族に対して、何の「惑い」もなく斬ってたのが、うすら怖かったです。
やはり、何か雷牙は「欠落」してる感じを受けますね。


今回、何気に「家族」というより『家』がポイントだった気がします。



寂しい人間を待ち構える家(魔獣デリィータス)と、主を待ち続ける家(ゴンザが守る冴島邸)との対比になっていたと思います。



同じ「待つ」でも全然違うという、ね。


惜しむらくは、その家族が斬っても斬っても無傷なことですね。
もっと血まみれで、より雷牙が「悪役」みたく見える形が、本来見せたかったものではなかったかと感じました。


さて、次回は1期の「水槽」に似た雰囲気を感じる予告・・・。
柄本ジュニア、売れてるなァ〜〜〜。


牙狼 -魔戒ノ花- 第8話 : マサキの冒険

【感想】乾杯戦士アフター后‖7話 「再び!さよならイエロー」




戦闘員以外の野郎どもの・・・





童貞の拗らせようときたらっ!!!www





まさか、この1週間でレッドと、総帥までも



イエローちゃんの虜になるとは(汗。




これはあれだな。




間接的にピンク姉さんの所為だなw




ピンク姉さんの表と裏の顔が激しいから、理想のヒロイン像・・・というより「こんな女の子がヒロインだったら良いな」を体現してるイエローちゃんのことを、よりみんなが好んでしまった現象だなw


ピンク姉さんは、本当に「現実的」な女性の姿だから、それを直視できない野郎の悲しい性を映し出している第7話だなww


そんなイエローちゃんに厳しく接していたピンク姉さん。
確かに嫉妬も猛々しいけれど、言ってることは正論なんだよね。
そして、イエローちゃんも「ゆとり」だけど、真面目ではある。
だからこそ、最後ピンク姉さんはイエローちゃんが「さよなら」ならなくて済んだことを喜んだんだよね。


イエローちゃん・・・


天然系小悪魔だなwww



でも、子も子なら・・・


親も親だな!!(汗



完全にイエローちゃんの天然は、親から受け継がれてますね。
変身して、テヘペロじゃねーよ!!


かくして、イエローちゃんの入って早々「さよなら」になりそうな案件は、母親がブレスを拝借してたというオチで解決に至ったわけですが、この事件のお蔭で・・・


旧イエローさんの存在は忘却の彼方へ逝ってしまったな(汗








いえ、全然ですよw



次回は、とうとうピンク姉さんキレる!!の巻??

【感想】弱虫ペダル RIDE.32 「希望の夜」




祝!2期



まぁ、この1期がIH編全日収まらないことは当初から想定されていたので、これで2期目がない方がおかしいと思っていましたけどね。

でも、一気にIH編をやらないことが良いのか悪いのかは神のみぞ知るところですね。
個人的には一気にやった方が良いと思うんだけどな〜。
2期目は1クールのみになっちゃうんですかね?3日目を12〜3話って、さすがに初日・2日目と違い過ぎますから。


今回は初日終了後の夜を描きましたが、この「夜」が実は非常に大事にされいて、2日目の「夜」もなかなか良いですよ。


荒北さんwww
コロコロ鉛筆、ちゃっかり拝借してるじゃん。
あなた、見かけによらず・・・じゃなかったんでしたっけ?
卒業後の『選択』を見るとさ・・・。
それも、コロコロ鉛筆で成し遂げたというのか〜〜〜!!!w

【新ウルトラマン列伝】「ウルトラゼロファイト 輝きのゼロ(後編)」




まずはDC版鑑賞の感想↓


【イベント】ウルトラゼロファイト上映会@MOVIX亀有【感想】

いやぁ〜、しかし何度見ても衝撃的な画ですよね〜。


ベリアルの顔が鎧(マスク)


焼き鳥ことジャンボットのバラバラ死体


ジャンナインの真っ二つ


グレンの血しぶきならぬ、火しぶき




ここまでやるか?ってぐらいの凄惨な画ですよね。


「すすめ!ウルトラマンゼロ」のセリフは、曲「すすめ!ウルトラマンゼロ」から、
そして、ピグモンの抵抗は「小さな英雄」を彷彿とするもの。


そして、ゼロのベリアルに対しての「お前も、ウルトラマンだろうが!」はベリアルの改心、
またはダークヒーローとしてのベリアルの外伝が作られるのではないか?という伏線を感じました。


また、周囲の時間を巻き戻しているというのが良かったですよね・・・。


ジャタールさん的にwww


そう、都合よくウルティメイトフォースだけが甦るのではなくってね。
DC版では、ジャタールさんの蘇生も描かれてますしね。
これは、編集・松木さんのファインプレーだということです。



でも・・・、


ジャタールさんのポジションに、タイラントが収まっているので、ジャタールさんお払い箱?(汗



路頭に迷うジャタールさんの放浪の旅を描く外伝があっても良いかも・・・、いや、誰も望んでないかw


次回は新録・ダークネスファイブの漫才?w

スーパーヒーロー駄作戦 : 新ウルトラマン列伝 「ウルトラゼロファイト 輝きのゼロ(後編)」

新ウルトラマン列伝 第47話 : マサキの冒険

仮面ライダー鎧武 第30話 「赤と青のキカイダー」



いやぁ〜〜、面白かった!!


というか・・・、


なんというキカイダー愛!!



もっと仮面ライダー愛を見せてくれよ!と思うぐらいにww


毛利さんも完全に「米村化」している昨今ですね(汗。
でも、良い仕事をされました。アザース!

そして、パイロット以来の登板であった田崎監督。TVシリーズ復帰がキカイダーコラボ編というのもアレな話ですが、田崎監督のキカイダー愛、石ノ森愛を感じましたね。
数々のキカイダーオマージュのシーンは、田崎監督の演出の賜物ではなかったでしょうか。

何度か書いてますけど、脚本は一度脚本家の手を離れたら、あとは演出家のもの。


ですので、例えばジローと一緒に見に行くつもりだった映画がピノキオだったというのは、脚本にもあったかもしれませんが、個人的にはあそこまで脚本が指定するということはあまりないのかな?と思い、あれは田崎監督の発案じゃなかったかな?と感じました。

キカイダーは、ピノキオからインスパイアされて作られた話ですからね。



そして、前回の29話がオーバーロードが沢芽市に!!という展開、またこれまでのキャラクターの移り変わりから、「この展開でコラボって、どう成立させていくんだよ」と思ったら、


晶お姉ちゃんと紘汰を軸に、日常パートメイン


でした。素晴らしいですね。まぁ、これしかなかったというのもありますけどw
何が素晴らしいって、ライダーも日常側のナックル、そして凌馬の右腕であるマリカ以外登場させなかったということと、何よりジローが望む日常を具体化したということですよね。

それと・・・、


プロフェッサー繋がり!!


キカイダーと言えば、プロフェッサー・ギルです。
そして、仮面ライダー鎧武と言えば、プロフェッサー凌馬ですw

なんか、キカイダーとのコラボを予見していたかのようですねww
キカイダーとの繋がりを鎧武に求めるなら、凌馬との繋がりしかないと思っただけに、やはりでしたね。


でも、


自分の脳を移植するとは!!(汗



頭の点々は青木さんのアドリブというのも素晴らしいですね。


まぁ、2週間前にハカイダーになって紘汰を襲ったくせに、シドの捜索依頼を平然とするとか、自己中心的も良い所ですけどw
あと、破壊行動に駆られて、スイカアームズや黒影トルーパーを全滅させたそれ・・・。



シドがロックビークル等破壊したって言うのは、凌馬さんがハカイダーとして壊したことの濡れ衣を着せたんじゃないの??www



もうこうなってくると、凌馬さんがラスボスじゃないと許せなくなってる自分がいますw


さて、次回は早くも「○ロックシード」登場。早いな〜。


ちなみに、今回のキカイダーコラボ回は鎧武の最高視聴率を出したそうです。
キカイダーへの注目度を感じる数字ですね。映画のヒットも期待しています!!
続きを読む
百合子さんの事情を察して買おう!!
白鳥百合子VS桜塚やっくん「mashup!音王MUSIO maniaXXX」DVD発売決定!!!
クリックすると詳細・予約ページに飛びます


携帯用配信コンテンツ用
QRコード
(着ボイスや着モーション、着フラッシュがダウンロードできます)
QRコード

すべてのお問い合わせ
ご連絡は
仙台放送 Dプロジェクト局までお願いいたします
TEL022-267-1297
〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉
5-8-33
だから押してよ~!!メッセージ残してよ~~!!コメント、大幅に変えたから~(涙


Categories
よい子の皆さんへ
当ブログへのコメント・TBは承認制です!!

管理人が表示するのに適当と判断した場合のみ、掲載されます。
livedoor プロフィール

nationwise

お安くお求めになりたいならこちらで!
Recent Comments
Archives
俺は最初からクライマックスだぜ!
さぁ、お前の罪を数えろ!

ガッチャ!
オーズ×5カモ~ン!
宇宙キターー!!
クワガタ、チーター、ライオン!
サゴーゾ!
プレゼントにどうぞ。
絶望が、お前のゴールだ!
伝説の勇者ならぬ、奇跡の勇者たち
常にお奨め?

カウスター
  • ライブドアブログ