nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!

アニメ・特撮を中心に書いた俺のブログが、荒れるぜ!!止めてみな(爆)

2014年12月

今年もオツカーレ!2014年、超独断特撮ベスト5

残るところ2014年も残り10数時間となりました。
今年は公私ともに昨年以上に大波乱な一年だったため、ブログの更新も儘ならないところがあり、
長年楽しみにされていた方には申し訳ない形となりすみませんでした。
来年については、明日書きますが、今年以上に大変になりそうです。
ブログの更新も今年以上に儘ならなくなりそうですが、細々と続けていきますので良かったら読んでやってください。


さて、今年も多くの特撮作品を見てきましたが、超独断でベスト5を選んでみました。


まず、次点
「レジェゴジ」
ベスト5の中に入れても良かったんですが、なんか悔しいので次点と言う事にしましたw
まぁ、国産ゴジラも作られると言う事で、これからのゴジラに更なる期待を込めての「次点」です。
「乾杯戦士アフター后
まぁ、純粋に特撮かと言われると違うんですが、アキバレンジャーとは違った切り口でのメタファーな作品で、とても楽しかったです。配役も終わってみると実に豪華で、キングオブコント王者2名にファイナリストも1名。元ヒーロー2名に、ハロプロ1名。本当、上質なコメディーでしたよ。細川監督にはまた特撮ものやってほしいと思ってます。


それでは、第5位
「烈車戦隊トッキュウジャー」

これまでの小林靖子戦隊が好き過ぎて今回のトッキュウジャーが「薄味」に感じてしまったのがこの順位です。
しかし、靖子さんはトッキュウジャーが最後の戦隊執筆になる気持ちで書くとのこと。
最後の「爆弾」を楽しみにしていたいと思います。
個人的には大和屋本や加藤監督の関根さんイジリが大好きだったので、意外に靖子さん以外のところでは評価が高いです。恐竜大決戦ではカーレンジャー以来のコメディー戦隊の期待をしていたのでね。


続いて第4位
「牙狼〜魔戒ノ花〜」

原点回帰をテーマに、初期シリーズからの流れを汲む形で始まった同作。
大河ドラマ的な流れやクロウの扱いに若干の不満はあったものの、1話完結ものとして楽しませてくれました。
それでも、鋼牙やカオル、大河まで「感じられた」内容は初期ファンの心をくすぐる作品でした。
続編も期待大です。


第3位
「仮面ライダー鎧武」
平成1期回帰を合言葉に始まった同作品でしたが、時代が時代だけに想像を超えるものはなかったものの、逆に平成1期って振り切ってたんだな〜と過去作の偉大さを思い知ることが出来ましたw
それでも、いろんな作品とのコラボだったり、戦いのステージがクールごとに変わっていく展開など、常に視聴者側に挑戦していくスタイルは、個人的には嫌いじゃなかったです。
外伝も期待しております。


第2位
「仮面ライダードライブ」
まだ始まって1クールですが、すでに私の心をつかんで離さない同作品。
とにかく泊進ノ介と言うキャラクターに惚れました。ここまで主役に惚れたのはいつ以来だろう?
毎回、キメの変身前のセリフが泣かせます。さすが三条さんです。
でも、そのセリフに応える演技をしている竹内君も、キャリアの浅さを感じさせない、その成長の速さに感服しています。
今後、ドラマ的にもかなり動いてきそうで期待値は天井知らずです!


そして第1位は
「ウルトラマンギンガS」
いやぁ〜、本当に素晴らしかった。確かに諸所で謎な部分や説明不足な点はありましたが、濃厚な全16話でした。個人的には田口監督の回がお気に入りでした。
「ガンQの涙」「君に会うために」は歴代シリーズの中でも大好きな話となりました。
その他でも、特に第9話から後半戦ですね。どの話も良かった。シェパードンがクリスタルクリアバージョンになってしまった「未来への聖剣」も泣きました。おかげで○○○○でソフビゲットしましたよw
3月の劇場版は、この2年後らしいですが、その空白の時間を生める特別編・外伝の製作も期待したいところです。

ランキングに載せられなかった中でも、仮面ライダー大戦、帰ってきたキョウリュウジャー、恐竜大決戦、宇宙刑事NG(これはまだ見てない・・・)、キカイダーリブート、ゴウライガンなど、思い返せば多くの作品が生まれました。これから先の未来でも、日本の誇るヒーローたちを子どもたちに遺せたらいいなと思い、引き続き散財していく覚悟ですw

ヒーローに、未来あれ!!

特撮ゼロ VOL.01 創刊・冬の号発売!!

明日(12/26)発売!『特撮ゼロ Vol01 創刊冬の号』にあのアイドルも登場!?

今回もスペシャルサンクスに名前を載せていただきました、ありがとうございます!!
大したことはしてませんが、今回も誌面作りに微力ながら参加させていただきました。

完投のビマXの特集も素晴らしいのですが、ギンガSのスタッフインタビューは、何気に大手商業誌よりも質量ともに一番じゃないかと思うほど。

そして、個人的に一番目を引いたのが、特撮匠列伝!
数ある番組スタッフの中で、編集マンにスポットを当てたのは初めてでは??
東映のスタッフでも、東映ヒーロー○AXですら取り上げてないはず。
取材協力で宮葉さんのお名前もあるところが、この雑誌の熱意が伝わります。

3月発売予定の春号では、やはり川北監督の追悼特集は避けては通れないはず。
是非、超星神シリーズ、Kawaii! JeNnyのキャスト・スタッフのインタビュー、宜しくお願いしますよ、ツバやん!!w

【感想】 LOVE LETTERZ(ラブレターズ) MADE7 「SIREN」



















すみませんでした。中山ではなく、中川さんでした(汗。
中川さんはグラスリップに出てらしたんですね。今後のご活躍、期待しております。
あと、日シャ専は、日シャセンでしたw
せっかくDVD出るんですから、ネタの詳細については書かない方向で。

これまでのラブレターズのネタの傾向から、結構攻めたネタばかりだったと思うので、DVDは本当に楽しみです。割と日常で起こりうることをネタにしていたので、リアルさがあったのもすごく良かったです。
火事のネタは、本当に気をつけなきゃいけないですね。カリスマのゲロ演技、迫真でしたw

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS 第15話 「命という名の冒険」

冒頭・・・「え?何か見逃した??」と思ったウルトラマン敗戦を語る市民・・・。
絶望的な入りには、ドキッとさせられましたね。
直後ヒカルが生きてて安堵しましたが、ギンガにライブ出来るのは1回との宣告。
持久戦に持ち込んだ時何回もライブした「ヤキ」が回った描写と言えるでしょうね。
あの持久戦。クリスマス商戦を狙った販促とも言えますけどw


時系列を弄っての構成。
これは今回、マナ/ワンゼロが「命」というものを理解する時間的猶予を視聴者側に与える効果を狙ってのものだったかと思います。
時系列通りにやると、友也の言葉を理解する時間があまりにも短いと言う印象を与えますからね。
まぁ、その後のビクトリウムコアとの遭遇での理解は超速でしたけどww
それは、友也の言葉を理解した上でのこと、であるからでしょうけどね。


しかし、マナをメインにした話ならばもうちょっとマナに見せ場を作ってほしかったな。
ヒカルたちを裏切ったかに見せて、エクセラーのもとに行き、自分が犠牲になってもこの地球を守りたい・・・。


守りたかった・・・のか??(汗


その辺がいまいち伝わらなかったです。
例えば、エクセラーと心中するために自爆ブローチを稼働させたとか、そういう描写があれば良かったんですけど。


でも、友也のマナへの教示は、無印ギンガでも訴えていたこと。杉田ギンガが最終回に視聴者に訴えたことだよな〜と思いましたね。
ちゃんと無印の息吹も感じられて良かったです。

ラスト2回は坂本浩一監督。
坂本監督らしい巨大戦の描写。煽りと土煙と遠近法。
巨大戦で監督の特色が出ると言うのも今回のギンガSでも大きな見どころでもありましたね。


そして、終盤のお約束。味方に正体バレをするウルトラマンの変身者。
メビウスからその法則が崩れていたシリーズでしたが、やはりお約束は心地良い。
同じく、ウルトラマンを待望していた子どもの期待に応えるウルトラマンも・・・。

さぁ、そんな形で子どもの、みんなの期待を背負って最後の変身をしたヒカルとショウ。
最後の戦いが始まります!!


しかし、予告のてんこ盛りな画を見て、これ、1話で全部入るのか??(汗続きを読む

仮面ライダードライブ 第10話 「ベルトの過去になにがあったのか」





















もう45話当たりのアツさでヤバかった。
竹内君の成長の右肩上がりぶりが凄いね。
次回は、0話やタイプてれびくんとも繋がる話の様で、楽しみ!!

烈車戦隊トッキュウジャー 第40駅 「誰があいつで あいつが誰で」



















キャッスルターミナル=昴ヶ浜は、やはり靖子さん的な爆弾用意してると思うんだよね〜。
ライトの爺ちゃん、トカッチの兄ちゃん、カグラの弟、この辺が幹部の誰かの憑代になってるとかね。
あとは、靖子戦隊お約束の「もう1人のレッド」は、どこで出てくるか・・・。

仮面ライダードライブ 第0話「カウントダウンtoグローバルブリーズ」シークレットミッションtypeTVKUN「ハンター&モンスター超怪盗を追え!」

13日公開の映画で無料配布されたDVDとてれびくん1月号の付録のDVDのこの2話。
これは、2つで1つのお話と言っても良い内容でした。
ネタバレ含むので、以下追記にて・・・。


続きを読む

仮面ライダードライブ 第9話 「どうすればクールボディになれるのか」














はい!三条さん。ドライブエンブレム買います!!ww
しかし、霧子さんの立ち膝スタイルがあまりにも多くて、現場ではパンツ見せ放題なのかと思うと・・・w

烈車戦隊トッキュウジャー 第39駅 「終わりの始まり」





まぁ、軽く総集編も兼ねている感じでしたが、シャドー怪人と明との思い出を絡めたのはうまかったですね。
ボセキシャドーのふざけた感じは、個人的には「う〜〜〜ん」。
普通におどろおどろしい感じで良かったと思いました。

しかし、クリスマスの時期が「闇減り」とは・・・。
トッキュウジャーの世界は、平和だな〜w

新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガS 「分裂!UPG」「復活のルギエル」














「復活のルギエル」の感想は、追記するかもしれません。




百合子さんの事情を察して買おう!!
白鳥百合子VS桜塚やっくん「mashup!音王MUSIO maniaXXX」DVD発売決定!!!
クリックすると詳細・予約ページに飛びます


携帯用配信コンテンツ用
QRコード
(着ボイスや着モーション、着フラッシュがダウンロードできます)
QRコード

すべてのお問い合わせ
ご連絡は
仙台放送 Dプロジェクト局までお願いいたします
TEL022-267-1297
〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉
5-8-33
だから押してよ~!!メッセージ残してよ~~!!コメント、大幅に変えたから~(涙


Categories
よい子の皆さんへ
当ブログへのコメント・TBは承認制です!!

管理人が表示するのに適当と判断した場合のみ、掲載されます。
livedoor プロフィール

nationwise

お安くお求めになりたいならこちらで!
Recent Comments
Archives
俺は最初からクライマックスだぜ!
さぁ、お前の罪を数えろ!

ガッチャ!
オーズ×5カモ~ン!
宇宙キターー!!
クワガタ、チーター、ライオン!
サゴーゾ!
プレゼントにどうぞ。
絶望が、お前のゴールだ!
伝説の勇者ならぬ、奇跡の勇者たち
常にお奨め?

カウスター
  • ライブドアブログ