nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!

アニメ・特撮を中心に書いた俺のブログが、荒れるぜ!!止めてみな(爆)

2015年02月

仮面ライダードライブ 第19話 「なにが刑事を裁くのか」











う〜ん、確かにロイミュードが意識的にどんよりを起こさなければ今回みたいなことは「あり」なんでしょうけど、それって「ルーチン」を無視した形で、ドライブという物語値ではなくなる気がしてモヤモヤするな〜。

宇津木にしても、妹にしても、ドラマとして食い足らない感じがして、すごく勿体ない話になったな〜っていう思いです。

デコトラベラーを介して、「浪花節」な話にしたって言う事は良かったんですけどね。
浪花節と刑事の温情、ラストの紡ぎ方は確かに橘さんがあのまま許されていいのか?というモヤモヤが残りますが、刑事ものとしてはあれも一つの「お約束」ですからね。
なんでも、右京さんじゃなきゃいけないわけじゃないんですよ。
東映の刑事ものは、やはり浪花節が伝統だったわけですし。

さて、次回は前回留守にしていた究ちゃんメイン。


しかし、「バイクを置いてきた」で成立する特撮の世界、ありえない・・・w

スペシャのでんぱ組特番を見て。

みりんちゃんがYUMIKO先生とコンタクト取ったのが、でんぱ組の始まりなんだね・・・。


でんぱ組はみりんちゃんのために結成されたユニットであることは、結構有名?
ZEPPのライブの独白から借りてくると、「復讐」に4人乃至5人が付き合わされた格好。
それなのに、自分はセンターではあるけどリーダーはやらない・・・。
それは、自身の自信のなさもあるのだろうけど、そこまで背負わせるのはさすがにまずいと言うもふくちゃんの判断ではなかろうかと思ったり。
みりんちゃん=でんぱ組という意識は、でんぱ組と「深い」付き合いをしてる人はすごくあると思うんです。
だから、箱推し=みりんちゃん推しって気持ちになりやすいですww
私、まだまだ他の方からしたら浅いですけどね。
でも、そのみりんちゃんを知ってからが代々木に臨む姿は、想像できないかも?

リーダーになったりさちーはりさちーで、あっ、やっぱりりさちーがリーダーで良かったなって感じるんですよね。インタビューの受け答えを見てると。すごく周りを見てると言うか、彼女の堪えることはとても安心感があるんです。
見た目の安心感、母性感はねむきゅんですけどw
りさちーは面倒くさい人って言うけど、こと「仕事」についてはきっちりする、そして誰よりも周りのことを考えてる人だとインタビューを見て思いました。


ねむきゅんはある意味でんぱ組がなくても生きていける人なんですよ。
でんぱ組以外との絡みでも一番うまく対処してるし。
だから、インタビューとかでもどこまでが本音なのかと、ちょっと斜めに見てしまうこともあるんです、推しなのにw
でも、代々木終わりのブログを読んで、いい意味でファンとの接し方を楽しんでいる人だなって思ったんですよね。そういう空気感が心地良いから、推してるんだなって自分で思いましたw



えいたそは、えいたそが一番でんぱ組にふさわしい人間なんだと思いましたね。
憧れる存在になりたいと思っていた自分。それになった自分。なったことで苦悩する自分。
えいたそのリアルが、そのままでんぱ組のリアルなんだってインタビューを見て思いましたね。
でんぱ組は「設定」がないと、みりんちゃんは言いましたが、唯一「設定」があるのがえいたそ。
常に明るいキャラクターであり続ける。それがえいたその「役割」。
そのことに苦しさを漏らしたこのインタビュー。そして、最近の「いらこん」でのイラストもそんなところを垣間見せています。
えいたそが崩れたら、でんぱ組はやばいんじゃないかって、ファンの人は結構思ってるんじゃないかな?
本当、えいたそがあってのでんぱ組だと思うんで、ファンとして力になりたいなって思ってます。


ここまできたでんぱ組の人気は、もがさんの加入が大きかったのは確かだと思うんです。(ねむきゅん自身が語ってもいますが、他のメンバーはアキバの外に出るのが億劫だったところを、ねむきゅんが「初め」の風穴を開けた人なんですけどね。)
でも、でんぱ組の中では、もがさんは驚くほど目立たなく感じるんです。それだけ他のメンバーのキャラクターが濃いんですよ。故にもがさんの言う他に流れる現象が起きてるのだろうと思います。そして、もがさんから入ったファンはにわか扱いされるのも、その役割は以前ねむきゅんが果たしていたからそう言われるのでしょう。それが今はもがさんのジレンマになってるのが切ない・・・。
でも、その他のメンバーに負けねぇ〜!と言う気持ちが、今後のもがさんを、そしてでんぱ組を成長させてくれることでしょう。


ピンキーは最年少。年齢も1人公言できる人w
ゆえに、実に真面目だなって思います。末っ子なんだから、もっと自由にやればいいのにと思う事も。
でも、周りを見て感じることが出来る。気づくことができるというのは彼女の最大の武器なんだろうなと思います。
若いのに、気づく力があって、本当将来楽しみ!!w
それまでは踊ることだけだったであろうピンキーですが、歌を聞いてても自分の武器、歌い方をすでに知ってるし、表現力がすごくあがっているのが手に取るように分かります。


でんぱ組は不幸自慢で、同情票で人気が上がったと穿った見方をする人もいるかもしれません。
でも、でんぱ組の活動は常にリアルなんですよね。
弱さを見せずにキラキラしてるのがアイドルだった言う人も当然いるだろうし、正直それが正解だと思います。
しかし、でんぱ組はそれを超える武器を備えようとして努力して、今の形を作った。
そこが惹かれるんですよ。
あんな動いて、ちゃんと生で歌って・・・。
それが彼女を取り巻く人たちがなんとか成功してほしいと思わせたわけですよ。
ヒャダさんやYUMIKO先生が、コーチング、カウンセリングのような曲や演出をしたわけですよ。
また、それをLIVEでやらせる・・・。本人たちは必然的に初心に戻るし、何が大事かを嫌でも気づかされる。


本当に、人に恵まれましたよね。
でも、「上司」「先輩」にこれだけ恵まれるのも才能ですよ。
彼女たちには才能があったんですよね。人を惹きつける。


みりんちゃんの武道館となかなか言い出せない感じが、本当にリアル。
りさちーがインタビューでも言ってましたけど。言うことが目標というのはすごく分かる。
まさに「有言実行」ですよね。これって、字で書くと簡単だけど、言葉にするのは本当にしんどいんですよね。

人は変われる!!
それを見せ続けるのがでんぱ組であってほしいですね。
まぁ、伝説になるために、ねむきゅんみたくもう解散しても良いかもしれないって思ったりもするけど、とりあえず、でんぱ組をこれだけ好きになって良かった。生きてるうちにでんぱ組に出会えてよかったと思ってます。

あ〜、転勤前にでんぱ組と出会えて良かった。
人は変われる!!と思ってやらなきゃいけない今なんで。


FDの編集、神編集だわ。


私も幸せを感じるにはまだまだ頑張りたらないから、みりんちゃんに負けないよう頑張ろう〜

手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの1 「俺たちはニンジャだ!」


































ということで、やっと始まりました(笑)ニンニンジャー。
2話が2月22日という、2つながりの予定が、ニンニンニンで忍者の日が第1話ということになり、
どう転んでもニンニンジャーに風が吹いている感がありますw

しかし、まぁ第1話から実にてんこ盛り!!
まさかロボまで行くとは思いませんでした。オトモ忍が5体力合わせて倒す定番の流れだと思ってたのでね。
第1話の敵は、割と個性出せずに終わるのが常ですが、そこは稲田さん!!
隙を見つけてはアドリブを入れ、壁ドンまでww
さすがです!!

OPでの立ち回り。初のレッド、いや、レッドどころか初のレギュラーでいきなり1人で大立ち回りというのは実にプレッシャーがかかったのではないかと思う藤井さん。
見事なアクションでした。
でも、今回の名乗りは実にアクロバティックでしたね。エクストリーム・マーシャル・アーツ入ってましたよね。
女性陣はシンプルかつワイヤーでしたが・・・。

今回の第1話でポイントだったのは、天晴が「畏れ」とは無縁ということ。
そして、十六夜が盗んだ小槌ですね。
元々伊賀崎のものであり、そして封印した手裏剣も伊賀崎のものであること。
それから、敵の妖怪が生まれるということ。


これは、伏線感びんびんです。


何か、「仮面ライダー」感も漂います。
正義も悪も同族・・・。
牙鬼にしても、元は侍ですから、いわば忍者が仕える者であるわけですからね。
その辺のドロドロ感・・・出すのかな〜?
下山さんだから、明るく元気な戦隊で通すと思いますが、武部Pでもあるからな〜。


あと、牙鬼一味復活の「それ」はカクレンジャーの第1話を彷彿とさせましたね。
あそこでちゃんと手を打っていれば・・・と言う感じw

畏れ・・・泣き声を集めるというのは、前作のトッキュウジャーと丸かぶりな気もしますが、そういうのじゃないと最近は色々とうるさいのかな〜?


変化(変身)シーンは実にアツかった!!決意を固めて変身するシーンは、初変身シーンではやはり必須ですね。

そして、ロボ戦!
この第1話。地上戦よりもこのロボ戦がメインだったんじゃないかというほど、面白かった。
ギミック・・・、特にあのシノビ丸が座って操縦するところ、あれ・・・どうやってやってるんだろう?
日下さん、本当に誰か座らせて操演してるのかな?

しかし、シノビ丸・・・


お茶すすって、ワン丸散歩させて・・・どんだけのんきな合体だよ!!w


まぁ、一番の見どころはツイッターでも書きましたけど、


風花の股開き


でしたけどねw


実に良く腰が落ちていて、腰の据わったダンスでしたw
トライブクルクルでも待ってますww


でんぱ組.incにハマってます

でんぱ組、最高!



最高の離婚の時に知って、
そのバックボーンとかもそれなりに知って、
白魔女であの坂本監督とタッグを組んだり、
もがさんがギンガSに出演など、
それなりの関わりはありましたが、
それほどではなかったんです。



でも、でんパーリーナイトと言う曲に出会い、
衝撃が走り、
でんぱ組に唯一性を感じ、
他の曲もしりたくなり、
聴いたら


さぁ大変!


こいつはすごいぜ!




そして、CDJ1415(wowowの中継だけど)でもう…アレですよ。



どんだけ動くんだよ!

あれだけ動いてるのに、歌ってるよ!




虜です、参りました。



それからは、W.W.Dに泣き、
オレンジリウムで泣き、
でんぱ組のバックボーンと自分のバックボーンを重ねて泣き…



もう生活になくてはならない存在になりました。





そのでんぱ組が昨日ニューアルバムをリリース!


初回盤とiTunesで購入w



ねむきゅんのブログにコメントしましたが、このアルバムは、聴けば聴くほど切なくなるアルバムです。



でんパーリーナイトが、別名W.W.D靴汎匹鵑任い燭箸いΕ沺璽ーのインタビューを読んでから、この曲はでんぱ組との別れを指している曲にしか聴こえず、そう思うと、檸檬色もイロドリセカイもダンスダンスダンスでさえ、そう聴こえてしまうマジックw



まぁ、でんぱ組さんはそのバックボーンも合わせてドン底を知ってる人たちなので、このいい時は長く続かないというリアルを感じながらも、だからこそ今という時を大事に生きようということを歌ってると思うんですけどね。



でんぱ組は、マイナスからのスタート、夢は終わらんよ!という強い気持ちで前向きに立ち向かうポジティブさと、ヲタクゆえ…とは言いませんが、過去のトラウマなどからくるネガティヴさ、リアルさも同居している。
それが今の私の琴線に触れたのです。



ただのヲタク、インドアな人間が、あんなに激しいダンスをして、大勢の人の前で歌う。
人間は変われるんだということを体現している。その事実が胸を打ちます。




ちなみに推しメンは、兄妹揃ってねむきゅんですが、それぞれが本当に魅力があるので、ほぼ箱推しです。
えいたそなんか、あのネガティヴ集団の中で一番ツラい役回りを背負ってる所が応援したい!ってなるし。




もし、私のこの記事ででんぱ組に興味持ってくれたら幸いです。


彼女たちの生き様を是非感じて欲しいです。


仮面ライダードライブ 第18話 「なぜ追田警部補はそいつを追ったのか」

なんかサブタイに「そいつ」って入ってるの、すごいなって思った。















今回の話、長谷川さんなのね。まぁ、長谷川さんですよね。
あと、田久保さんはジャッジ・ロイミュードの声だったんですね。まさか、橘さんの俳優さんが当てられたってことないよな〜と思ったので。

課長の3週間不在も、究ちゃんの本も、今後の展開に活かされるのかな?
言及=他の仕事で不在の言い訳にしないぐらい、今の特撮の本は考えられてますからね〜(ぉ。

橘さんが現さんに「お前が手錠を掛けろ」と言ったのは、自分の犯した・・・いや、自分の深淵にあった復讐心から生まれた怪物への贖罪を意味しているのか?
橘さんの復讐心とは、保志を上げられなかった無念ではなく、家族の詩が関係しているような気もしますが・・・。

そういえば、現さんは何故進兄さん、霧子、剛が、「どんより」の中動けるのか、疑問に思ってなかったですね。
まぁ、そんな「小さな」こと、どうでもいいか、現さんにしてみれば。その辺も加味している演出だとは思います。
何せ「ロリ少女」の現さんですし、そんなこと自体気にしないよねw


しかし、あのフードをかぶった青年は誰なのでしょうか?
ジャッジは橘さんの姿はしていましたが、ロイミュードが記憶を吸った中に橘さんの濃い記憶があったから・・・ということも、前回から考えられます。
まだ、事件は半分も明らかにはなっていないような気がします。何せ、長谷川さんですからね。
予告での進兄さんの「警察の尊厳を・・・」というのを聞くと、真犯人は別にいる気がします。



最後に、現さんに倒された霧子・・・、エロかったww



烈車戦隊トッキュウジャー 終着駅 「輝いているもの」











































というわけで、トッキュウジャーが無事終点を迎えました。
最終回の今回も、今までの話の中のシーンを想起させるものだったり、伏線として回収したりと、1年間視聴してきたファンに対して嬉しいシーンが多くありました。
子どもに戻ったミオがトカッチの手を取るシーン・・・、くそっ!!リア充かっ!w


ポストレッシャーの手紙・・・、回収しましたね。


また、総裁の最後のセリフは、子どもばかりではなく大人にも向けたメッセージだったように思います。
なんでも知りたがる、明かしたがるんじゃなくて、自分の想像力を働かせる大切さ。
人間にだけ与えられた力ですから、大事に育みたいですよね。

靖子さんの最終回は、本当良いですよね。
だから靖子信者、多いんだと思う。

トッキュウジャーのキャスト・スタッフのみなさん、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

最後に、押川さん。いつでもちゃんなかのように戻ってきても良いですよ!w
とりあえず、お疲れ様でした。

仮面ライダードライブ  第17話 「デッドヒートを制するのは誰か」





















本当、女性たちの身体に爆弾撒いてるシーン、良く流したなって思った。
TVの映倫基準・・・分からない(汗。

これからも大月ウルフさんご登場を願います!!


Hey!! ミスター・ブレイン!!

烈車戦隊トッキュウジャー 第46駅 「最後の行き先」

















というわけで、最終回当日を狙ってのGロッソ観劇だったのですが・・・。
でも、TVシリーズとは完全に切り離されてた内容だったので、単体で楽しめましたね。
さて、一番の不満だった記憶を取り戻すくだり・・・、最終回ではしっかり回収されてましたw
その話は、のちほど・・・ww

仮面ライダードライブ 第16話 「沢神りんなはなぜソワソワしていたのか」































まぁ、今週は・・・うん。本当、なんか色々アレだった。
とりあえず、通常、日常がどれほど幸せなものかを感じました。

あと、霧子の武装強化は今後の展開において、どう作用するんですかね?
でも、非変身者が強化されるのって、なんかクウガっぽくていいな。
同じ警察ですし。

ブレンさん、ガンガレ!!w

R-1ぐらんぷり2015決勝進出者決定!

<R−1ぐらんぷり>あばれる君、ノンスタ石田ら9人が決勝進出


決勝は、THE MANZAI方式。

Aブロック
ゆりやんレトリィバァ
あばれる君
とにかく明るい安村
敗者復活

Bブロック
厚切りジェイソン
エハラマサヒロ
アジアン馬場園梓
敗者復活

Cブロック
NON STYLE石田明
やまもとまさみ
じゅんいちダビッドソン
敗者復活

(敬称略)


これは、まだまだ敗者復活組にも十分チャンスありますよね。
てか、敗者復活に有利な方式な気もしないでもない。

敗者復活には、アルピー平子さん出てきてほしいな〜。
敗者復活組を抜きにして予想すると、Aブロックはとにかく明るい安村さんが順番的に有利。
Bブロックは逆にトップバッターが有利に働きそうな厚切りジェイソンが死のグループ突破するかも?
Cブロックは、王者やまもとまさみさんに石田さんがどう先制パンチかますかでしょうね。

いや、例年以上に白熱した内容になりそうな予感がします!!
百合子さんの事情を察して買おう!!
白鳥百合子VS桜塚やっくん「mashup!音王MUSIO maniaXXX」DVD発売決定!!!
クリックすると詳細・予約ページに飛びます


携帯用配信コンテンツ用
QRコード
(着ボイスや着モーション、着フラッシュがダウンロードできます)
QRコード

すべてのお問い合わせ
ご連絡は
仙台放送 Dプロジェクト局までお願いいたします
TEL022-267-1297
〒980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉
5-8-33
だから押してよ~!!メッセージ残してよ~~!!コメント、大幅に変えたから~(涙


Categories
よい子の皆さんへ
当ブログへのコメント・TBは承認制です!!

管理人が表示するのに適当と判断した場合のみ、掲載されます。
livedoor プロフィール

nationwise

お安くお求めになりたいならこちらで!
Recent Comments
Archives
俺は最初からクライマックスだぜ!
さぁ、お前の罪を数えろ!

ガッチャ!
オーズ×5カモ~ン!
宇宙キターー!!
クワガタ、チーター、ライオン!
サゴーゾ!
プレゼントにどうぞ。
絶望が、お前のゴールだ!
伝説の勇者ならぬ、奇跡の勇者たち
常にお奨め?

カウスター
  • ライブドアブログ