ついにこの日が来ました。
2か月以上、放置していたこのブログにこの話題を知って、検索して訪れた方もいらっしゃるでしょう。


本当にこの日が来ましたね。
よく頑張りましたシラユリストの皆さん、そして白鳥百合子さん。


本当、こういう形で電王に戻れたこと、うれしく思います。


実現させてくれた各関係者の皆さん、心から感謝申し上げます。


このインタビューを読んだ瞬間、


「わが人生に、一片の悔いなし!」


と叫んで、この世から去ってもいい気分です。



本当に、それぐらいのことです。



白鳥百合子をずっと好きで良かった。



皆さん、おめでとうございます。