NHLに続いて、NBAもファイナル進出の2チームが決定しました。

イースタンはマイアミ・ヒート。
イースタン2連覇中のピストンズに守り勝ったといって良いでしょう。
シャック、ウェイド、モーニング、ウォーカー、ペイトン、そしてジェイソン・ウィリアムズとキラ星のごとくスター選手が揃っていたものの、昨季はどこかかみ合うところが無かったところを巧者のDETにいなされた感じだったが、今季は実に「大人」なチームとなった。
それはやはり途中から指揮を執ったライリーの手腕が大きかったと思う。
これだけの面子がそろえば、イケイケの攻撃バスケにしたいところを守りにも力を入れた。それがこのDETとの一戦に生きたと思う。

一方ウエスタンはダラス・マーベリックス。
幾度となくスパーズの壁に阻まれてきたが、そのスパーズに競り勝ちそしてサンズを底力で倒しファイナル進出。
こちらはオーナーのキューバンが一時期は選手をかき集めたが、ノビツキーを軸として「仕事人」タイプの選手を揃え、適材適所の攻守に隙のないチームを今季作ってきた。

ともにあと一歩でファイナル進出を逃してきたチーム同士。
新鮮ながらも、是非ともファイナルの舞台で見たかったチーム同士。
なかなか見ごたえのあるシリーズになりそうだ。